Hatena::ブログ(Diary)

甲子大黒天本山のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-29 幸福への10の心

 私達が生きる目的とは幸福を得ることだと思っています。縁があってこの世界に生を受け、そして等しくこの世界から去っていく訳ですが、その間にいかに生きるのかが大切であり、すべての人が求めるものは形は違えど人としての幸福だと思うのです。昭和の時代は意識しなくとも、豊になっていく時代のもと幸せを感じることができたのではないでしょうか。将来への不安もなく今を楽しみ、そんな生活がいつまでも続いてくと信じることができのです。ところが、バブル崩壊以降から今日に至るまで、不況から抜け出すことができずに、終身雇用は崩壊しリストラや倒産の不安がつきまとい、就職も転職も難しい時代です。ストレスが日本列島を覆い、様々な問題が起きています。こんな時代にもなんとなく慣れてしまったのですが、それでもやはり大変な時代です。

 

 そんな時代に生きるからこそ、幸せになりたいとより強く思うのかもしれません。ですが、今の時代に幸せを獲得するためには、徳を磨かなくてはならないのです。幸せとは外からやってくるものではなく、心で感じるものなのですから。ある意味、昭和の時代は物質的に満たされることが幸せでした。ですが、これからの時代は心を満たすことが幸せなのです。現代人は幸せになる力(徳)を失いつつあるように感じるのです。幸せになりたいと願いながら、その術を知らないかのようです。私達は幸せを願うばかりではなく、どうすれば幸せになれるのかを考えなければならないのかもしれません。そこで、私が考える幸福実現に必要な10の徳を不定期ですが、年明けから書いてみたいと思います。


応援クリックをお願いします

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/buddhist/20101229