Hatena::ブログ(Diary)

甲子大黒天本山のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-17 習慣の改善

 自分に対しても他者に対しても否定的な人が多いように感じられます。良いところが見つけられない、前向きに応援できない、信じることができないというのは残念なことです。これは自分や相手にそういった価値がないのではなく、そういった態度を取ることができなかったり、取りたくても取り方が分からないというのが現状ではないかと思うのです。自分が思う以上に素直でいること、前向きでいること、信じることは難しいものです。


 もちろん難しいことであっても大切なことであり、習慣にしなければならないことです。意思があれば習慣を作ることができます。良き習慣が良き人生を作る秘訣でもあります。1日24時間、1年365日、何事においても否定的であったり、いつもイライラしていれば、とてもおだやかに暮らすことも幸福になることもできません。まるで不幸になるために暗示をかけているようなものです。人間の心というものは外界からの影響よりも、つねに一緒にいる自身の習慣から大きな影響を受けているものなのです。


 我々の感情も思考も習慣に支配されるようになっていきます。感情は様々あるなかでそれぞれの感情の強弱が決まっていきます。怒りの感情が強い人はいつもイライラいしています。思考も基本となるひとつ方向性を持つようになり、それが習慣となり考えることなく習慣で判断するようになります。否定が習慣となれば何事においても否定的になってしまいます。


 固定化してしまった自身を柔軟にするためには感情においてはおだやかさを心がけ、思考においては習慣に頼らず最善を考えなければなりません。また、いつもと違う言動や反応を試して新しいスタイルを模索することも必要です。固まったものを直すことは大変ですが、あきらめずに意思と時間によって改善していかなければなりません。



応援クイックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/buddhist/20170717