Hatena::ブログ(Diary)

甲子大黒天本山のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-01 九星別あなたの運勢 2018年・平成30年

師走を迎え今年も残り一ヵ月となりました。九星別来年の運勢を掲載します。参考にしていただき、素晴らしい一年をお迎えください。


戌年の意味と心構え2018年下記をご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/buddhist/20171222



一白水星の人 開運・福徳

 明治42年、大正7年、昭和2年、昭和11年、昭和20年、昭和29年、昭和38年、昭和47年、昭和56、平成2年、平成11年、平成20年、平成29年生まれの人です。

 運気を味方につけ順調な成果を得やすい年です。忙しくもなりますから、優先順位や取捨選択をしっかりして時間を有効に活用ましょう。ただし好調ではあれど調子に乗らず、何事も謙虚に周囲への配慮も忘れないようにしましょう。自分の限界を知り、足りない所を素直に助けてもらってこそ道は開けていきます。運気に頼った成果は儚いものであり、運気の助力を得ながら地力を養うことが肝要です。目先の欲に囚われず、今のうちから志や目標を立て着実に歩んでいくことで喜び多い一年としてください。



二黒土星の人 吉運・前進

 明治41年、大正6年、昭和元年、昭和10年、昭和19年、昭和28年、昭和37年、昭和46年、昭和55年、平成元年、平成10年、生まれの人です。

 自分を信じ進んで吉となる一年です。運気とは舟が浮かぶ水面のようなものであり、謙虚であればおだやかであり、増長すれば波乱を起こします。せっかくの大きな運気も取り扱いひとつで吉凶に分かれてしまうことを肝に銘じ、感謝と満足を忘れなければ大吉となります。また、心身の安定を心がけること、人間関係を見直すことも求められます。人間関係においては今までの自分の殻を破り、新しい自分の一面を開拓する機会となります。人の和を意識して争いを未然に避けることで、充実した一年としてください。



三碧木星の人 平運・堅実

 大正5年、大正14年、昭和9年、昭和18年、昭和27年、昭和36年、昭和45年、昭和54年、昭和63年、平成9年、平成18年、平成27年、生まれの人です。

 運気は乱高下しますで注意が必要です。迷ったら進まず待機を心がけ、無理せず堅実に守って吉となります。今年は新しい可能性も見えますが焦って手を伸ばすよりも、まずは足元をしっかりとして計画や基礎を固めてこそ今後の発展が期待できます。「禍福は糾える縄の如し」といいますが、こういう年は積極的な行動よりも、じっくりと人間性を養ってこそ福を招くことができます。感情や欲に翻弄されることなく物事の結末を考え行動する習慣を持つことです。先を見据えながらも、現在の仕事や関係を大切にして円満となります。



四緑木星の人 盛運・飛躍

 大正4年、大正13年、昭和8年、昭和17年、昭和26年、昭和35年、昭和44年、昭和53年、昭和62年、^平成8年、平成17年、平成26年生まれの人です。

 運気は上々で収穫の多い年となりそうです。誠実に歩めば道を外れる心配はありませんが、過去のトラブルが再燃する恐れもあるため、隠し事や不正には気をつけ清廉潔白を心がけて吉となります。今までの苦労が報われる時期でもありますが、成否は日頃の態度にかかっています。何事も前向きに周囲との和を大切にしていれば福徳はおのずから訪れます。後半は運気が低迷してきますから、前半は積極的に後半は慎重に守って吉となります。人は自ら禍福の種をまいては収穫しています。日頃からどのような種をまいているのかを吟味することで、おだやかに暮らすことができます。



五黄土星の人 休運・忍耐

 大正3年、大正12年、昭和7年、昭和16年、昭和25年、昭和34年、昭和43年、昭和52年、昭和61年、平成7年、平成16年、平成25年生まれの人です。

 運気は低迷し順調に進めないこともあるかもしれません。無理に進もうとするよりも、現状維持を心がけて吉となります。来年は忍耐を問われますが忍耐力を養う好機と考え、嫌々な態度をとることなく明るく前向きな態度を心がけることで、周囲からも認められます。先々を考えるよりも今為すべきことに専念することで、かえって未来が開けます。今後に向けた知識や技術を習得したり、新しい人脈や楽しみを獲得したり、自己修養に努めることでより豊かな人生への転機となります。



六白金星 滞運・自制

 大正2年、大正11年、昭和6年、昭和15年、昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年生まれの人です。

 運気が低迷し、自分が試されることも多くなるかもしれません。「疾風に勁草(けいそう)を知る」という言葉があります。疾風のような強い風が吹くことで、草がどのくらい根をしっかり張っているか、その強弱が分かりますが、人間も逆境にあってこそ真価が問われます。目先のことに囚われることなく、大局を見るよう心がけ逆境さえも自らの糧とする前向きな気持ちで乗り越えましょう。再来年から運気は好転しますので、来年は備える年、再来年を挑戦と考え、眼前の為すべきことに努めてください。疲れたときは無理をせず体調管理にも気をつけてください。自分を省みることで、成長に必要なものが見えてきます。気づきの多い収穫の年としてください。



七星金星 進運・発展

 明治45年、大正10年、昭和5年、昭和14年、昭和23年、昭和32年、昭和41年、昭和50年、昭和59、平成5年、平成14年、平成23年、生まれの人です。

 ようやく運気は回復し発展に向けて歩みだせそうです。ですが、焦って進もうとはせず目標に向けた準備と周囲との調和を心がけ大吉となります。運気にも恵まれ飛躍の一年としてください。運気は些細な事でも反転することがありますから、油断せず誠実と着実を心がけることです。順調な時ほど欲が芽生えますから気をつけてください。欲によって動くのではなく、今のうちから志や目標を持つことで有意義な一年となります。好調な運気は再来年まで続きますから、せっかくの運気を最大限に活用しましょう。



八白土星 吉運・誠意

 明治44年、大正9年、昭和4年、昭和13年、昭和22年、昭和31年、昭和40年、昭和49年、昭和58年、平成4年、平成13年、平成22年、生まれの人。

 運気は好調で実力以上の成果も期待できますが、運気に頼るばかりで道理に反し身勝手な行動で周囲を不快にさせると、翌年の低迷期に大きな影響を与えてしまいます。「棚からぼたもち」を期待するのではなく、自らが求める成果以上に尽力しようとする姿勢で大吉となります。問われるのは運気よりも人間性だと心得ましょう。現在の環境を整え飛躍への土台を作っておけば、大きく人生の流れを変えていくことができる年です。幸福も転機も自ら作るものですが、今年を最適な時期と考え精進してください。 



九紫火星 潜運・陰徳

 明治43年、大正8年、昭和3年、昭和12年、昭和21年、昭和30年、昭和39年、昭和48年、昭和57年、平成3年、平成12年、平成21年、平成30年生まれの人。

 不安定な年なので無理をしないよう心がけましょう。善悪や成否が誇張されやすいので慎重を期して吉となります。迷ったならば進まず、現状に感謝し大切にすることから道は開けてきます。来年は自戒を心がけ災いの原因を作らないようにしましょう。何事も勝手にやってくるのではなく、自らが呼び寄せているという意識を持つことで、日々の生活は向上していきます。また、人間関係は堅守を心がけること、信頼関係の構築に努めましょう。来年から運気は安定飛躍していきますので、因果応報の理にのっとり今から陰徳を積んでおくとよいでしょう。

ぽぽぽぽ 2017/12/01 17:35 来年の運勢ありがとうございます。
私は八白ですが「運気より人間性」耳の痛い運勢ですね・・・
今年は人間関係で本当に振り回された1年でした。
「幸運も転機も自ら作る」
来年の座右の銘にしようと思います。

buddhistbuddhist 2017/12/02 07:24 ぽぽさん、コメントありがとうございます。すべてが自分の努力で成り立つわけではなく、運気という外的な要因もあると思います。ただ運気に頼るのではなく、「人事を尽くす」という気持ちが大切だと思っています。やるべきことをやってこそ人も運気も味方してくれると思います。人間関係は我々に欠かすことのできないものですが、必要であるがゆえに大きなストレスでもあります。運気も人間関係も良き方向に流れるような一年にしたいですね。

ねこ8ねこ8 2017/12/02 13:12 私は「運気低迷」だそうです。少しがっくり。でも、不思議なことに、「活躍できるいい年です」とあっても、それが当たったことがなく、自分は駄目な人間なのか?と思ったり、気負いすぎたのかもしれないと思ったりして過ごしてきました。でも、正直、嫌なことが続くと、自分はそれだけの人間なのか?と自身欠如になっていく自分が、情けないです。

buddhistbuddhist 2017/12/02 17:25 ねこ8さん、コメントありがとうございます。私がご紹介しているのは九星の運勢ですが、同じ星でも年齢や環境によっても異なります。日本人を九つに分類すれば、ひとつの星に1000万人以上の人が該当します。同じようにはいきませんから、参考として考えていただければと思います。開運の年にうまくいかなくても自信を失う必要はありません。大きな転機はなかなかやってくるものではありません。結果よりもまずは運気に応じつつ精進や陰徳を欠かさないことだと思います。その先に道は開かれると思います。