Hatena::ブログ(Diary)

不器用貧乏メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-10-16

Panasonic DVD-PV40 追記

| 00:11 | Panasonic DVD-PV40 追記 - 不器用貧乏メモ を含むブックマーク Panasonic DVD-PV40 追記 - 不器用貧乏メモ のブックマークコメント

f:id:bukiyoubinbou:20101016234433j:image

DVD-PV40について後記。


入手するのであればリモコンもアダプタも付いてるのを

狙ったほうが無難だと思います。

リモコンでしか操作できない項目も結構あります。


CD聴くのに関係ありそうなところとしては、

音響効果VSS、サラウンドがデフォルトでオンです。

しかしコレ効いてるのか効いてないのかわからない・・・

DVD再生のみか、或いはヘッドホンじゃわからないだけか。


落札価格はアダプタ、リモコン揃ってて大体2000円程度かなっと。

あとバッテリー互換品がロワにあるのですが高くついちゃいますね。


f:id:bukiyoubinbou:20101016234825g:image

忘れてた周波数特性。優秀〜


チャオ

2010-10-12

Panasonic DVD-PV40

| 21:55 | Panasonic DVD-PV40 - 不器用貧乏メモ を含むブックマーク Panasonic DVD-PV40 - 不器用貧乏メモ のブックマークコメント

f:id:bukiyoubinbou:20101012203207j:image

PanasonicのポータブルDVDプレイヤー、DVD-PV40です。

モニター無しのDVD/VIDEO CD/CD-DA再生機。


2001年6月発売。公式HP情報は以下の通り。

ビデオ製品 (DVD-PV40)

DVD-PV40 | DVDレコーダー DIGA(ディーガ) DVDプレーヤー VHS | お客様サポート | Panasonic


f:id:bukiyoubinbou:20101012203229j:image

左側面前方にPHONE、後方にDC9V。


f:id:bukiyoubinbou:20101012203251j:image

右側面後方に映像出力、光出力、周辺機器アイトレックDC端子。

アイトレックこれ

グラストロン(古)的なメガネモニター。


f:id:bukiyoubinbou:20101012203333j:image

右側面前方にホールドとダイヤルボリューム。

蓋の小窓から現在の音量が透けて見えるのがオシャレポイント。

音量は250ΩのDT990PROでも4で充分。10まである高出力です。


f:id:bukiyoubinbou:20101012203442j:image

DVDプレイヤーって先入観からか、意外なほど小さい気がする。

バッテリー積んでないので重量も軽い。


発売当時は世界最小最軽量だったっとか。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20010515/pana.htm


f:id:bukiyoubinbou:20101012203741j:image

中国逆輸入なのでリージョン6。

DVD見る事は恐らく一生無いのだけど。


f:id:bukiyoubinbou:20101012204048j:image

お掃除するので開けてみる。

ネジ外してガパっと。


f:id:bukiyoubinbou:20101012204424j:image

基盤裏面。


f:id:bukiyoubinbou:20101012204732j:image

トラバース。両側にピックアップ移動用のレールがある、

しっかりしたタイプ。


スペックにはありませんが、DVD-Audioも再生できるようです。

卓上オーディオさんが試されています。

私も試そうかと思ったのですがDVD-Audioを帰りに見つけられず。

卓上オーディオ (Tabletop Audio): ポータブルDVDプレイヤー(Panasonic DVD-PV40)

卓上オーディオ (Tabletop Audio): Panasonic DVD-PV40でDVD-Audio



卓上オーディオさんと内容が殆どかぶってしまってるので、

あえて最後に紹介しました。ずるい人間ですいません。

昔は純粋だったのですが。


光デジタルもPHONEも結構良い音。無難にスッキリ高音質。

電源容量、DVDに対応する読込性能、DVD普及期という時代背景、

ってあたりが音質に+になっているのかもしれません。


据え置きポータブルの一つとして使っていこうと思います。


再見・・・


・・・チャオ!