Hatena::ブログ(Diary)

実物日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

【書いてる人】
第二次ベビーブーム末期に生まれた男です。
都内在住。
本、マンガ、フリーライターなどについてあれこれ綴っています。
コメント・トラバご自由に、リンクフリー。
メールはこちらへ↓
zitsubutsu@hotmail.com

/マンガ・雑誌/マンガ・単行本/マンガ・etc/同人/ニュース/マスコミ/イベント/オタク/CD・DVD/映画・TV/ゲーム//ネット/ネタ/はてな/日々


2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2016 | 01 | 04 | 05 | 08 | 10 | 11 |
2017 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2018 | 02 | 04 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
 

19/01/28

[] はてなブログに引っ越します。  はてなブログに引っ越します。を含むブックマーク  はてなブログに引っ越します。のブックマークコメント

はてなダイアリー終了にともない、はてなブログに引っ越します。

http://bullet.hateblo.jp/

見られている方がいらっしゃれば、引っ越し後もご贔屓に。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20190128

19/01/27

[] but today, they're all gone.  but today, they're all gone.を含むブックマーク  but today, they're all gone.のブックマークコメント

見出しは、Steve Reich組曲「Different Trains」に出てくるセリフ。


D


ユダヤ系アメリカ人で、第二次大戦の前〜中〜後を通してアメリカ暮らしたReichが、もしも欧州暮らしていれば自分もあのホロコースト行きの列車に乗せられていたのかもしれない……という想いか作曲するに至った(という話)。

組曲は、戦前の“America”、戦中の“Europe”、戦後の“After the War”の3パートに分かれ、当時を経験した人々のナマ音声の録音素材が、コラージュ的に挿入される。

その3パート目で使われた、惨事をなんとか切り抜けた男性戦後の現況を語るセリフの一つになる。

訳すと、「けれど、今ではもう、みんないなくなってしまいました。」といったところだろうか。

人の想像の枠を超える行為について膨大な記録が残された一方で、それを実の体験として語る人たちはどこかへ去ってしまい、あるいはあの世へ旅立ってしまった。

十数年前にこの組曲に初めて触れて、このセリフがずっと頭の片隅に残っている。




先週、はてなから、前々より告知されていたはてなダイアリー稼働終了のメールが届き、このセリフが頭の隅から浮かび上がってきた。

明日の1/28が、はてなダイアリー更新可能最期の日。

自分はてなダイアリーを始めた2004年8月から14年と5か月。いつかは来る日がいよいよやってきた。

はてなブログへの移行作業を進めながら、このはてなダイアリーでの最終エントリをつづっている。




はてなダイアリーの最盛期をあげるとすれば、トラックバック飛ばしたり飛ばされたりし合っていた、2004年~2007年頃だろうか。

オタクを自認するならどの程度まで過去アーカイブインストールされているべきかとか(http://d.hatena.ne.jp/bullet/20050213#p1http://d.hatena.ne.jp/bullet/20050222#p1)、オタク歴史定義論争とか(http://d.hatena.ne.jp/bullet/20060919#p1)、ラノ漫との袖すり合いとか(http://d.hatena.ne.jp/bullet/20070930#p1http://d.hatena.ne.jp/bullet/20071002#p1)、ふりかえると懐かしい。

マンガ雑誌マンガ単行本エロ含む)を中心にばりばりエントリをあげていた自分の熱意もあふれており、毎日更新が当たり前だった。

別のブログサービスが次々と登場する中で、それらのサービスのどちらかというと軟派なイメージに対して、硬派とまではいかないもののどこかアカデミック匂いを漂わせ、ロジカルな話が通じやすい人が集まっている印象をもてたはてなダイアリーを使っていることに、ちょっとした優越感さえ覚えていた。

人と話すとき相手ブログと言うところ、ひとからげにされることに抵抗を感じ、あえてダイアリーとか表現にこだわっていたのも、今思い返すとほほえましい。




一昨日知ったが、同じ1月末で、エロマンガ発掘、購入の拠点にしていた秋葉原オータムリーフが約13年の歴史に幕を下ろす。

オータムリーフ 閉店 201901

自分はてなダイアリーを始めて2年後にあげた、開店当時のエントリhttp://d.hatena.ne.jp/bullet/20060331#p1)を読み返すと、エロマンガ誌のバックナンバー在庫を気にしてたり、売れ筋エロマンガ単行本の刷りが28刷目だとか、今は亡き新宿書店を愛用していたりと、隔世の感を抱かずにいられない。

手元のオータムリ―フのポイントカード記載されてる残りポイント数は93ポイントエロマンガ単行本1冊と交換できる量になる。けれど、もう使えないまま、他店に引き継がれることもないまま、1冊分のポイントエロマンガ歴史に沈んでいく。




サンキュー、オータムリーフ

サンキューはてなダイアリー

よろしく、はてなブログ。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20190127

18/12/29

[] 12/29(土)、新宿で開く飲み会参加者募集しますよ。  12/29(土)、新宿で開く飲み会の参加者を募集しますよ。 を含むブックマーク  12/29(土)、新宿で開く飲み会の参加者を募集しますよ。 のブックマークコメント


表題の通りです。

12/29(土)の夜、JR新宿駅近辺で飲み会を開きます。

主催は、「実物日記(当ブログ)」と「おれせん(https://twitter.com/ftth)」のすが・まさひとさんの2人です。

飲み会趣旨は、コミケ開催のタイミングに合わせて、オタク話でクダを巻こうというものです。マンガ関連ネタをあーだこーだと突っつくことが多いですが、それ以外のネタもおおいに歓迎です。

以下、募集要項です。


  • 開催日……12/29(土)
  • 開始時間……18:00~19:00頃予定
  • 場所……JR新宿駅近辺の店(遠くても駅から徒歩10分以内)
  • 予算……1次会で2,000円代〜3,000円代、2次会で1,000円代くらい(1次会のみ、もしくは2次会のみの参加もOK
  • 募集人数……3〜4名
  • 募集締め切り……12/26(水) 21時まで

参加を希望される方や問い合わせをされたい方は、当ブログメールアドレス(zitsubutsu@hotmail.com)かコメント欄までご連絡ください。

もしくは、すがさんのツイッターhttps://twitter.com/ftth)へ声をかけてもらうのでも構いません。


興味をもたれた方、お待ちしておりまーす。


実物日記

http://d.hatena.ne.jp/bullet/

おれせん

http://oresen.sakura.ne.jp/



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20181229

18/11/24

[][][] 関西コミティア53 + 備忘録  関西コミティア53 + 備忘録を含むブックマーク  関西コミティア53 + 備忘録のブックマークコメント

  • 3か月ぶり。思いのほか、いろいろありました。まず、関ティア。
  • 台風24号。自分も振り回されました。1か月前に予約した、金曜深夜に新宿バスタを出る高速バスを、金曜の20:00に電話でキャンセルキャンセル料は、出発2時間前までの連絡が50%、それ以降だと全額。その時点で、関ティア事務局から正式な開催中止表明は出ていなかったものの、9月頭にきたドでかい21号のことを考えて(ムリせんとこ……)と。宿は、前日までのキャンセルなら無料OKだったので出費なし。
  • で、次の日の土曜夕方、事務局から1週後に延期開催の告知。速攻で高速バスと宿の予約。宿は、1週間前となるとさすがに目ぼしいところはほとんど埋まっており、ちょっと悩んで、前に使った個室型カプセルホテルを。同じ宿は極力使わない方針だけれど、やむなし。
    • 延期の告知が遅かったという声がツイッターでちらほら。開催の可能性を踏んで飛行機や電車、バスに乗った前日入りの遠征組からすると、確かに文句を言いたくなるのは分かる。ただ、1か月前の21号と同等規模だとは報道されていたので、そこを考慮した大人の判断をできたんではとも思う。延期した日に参加できなかったサークルは今後1年間、無料で参加できるようにした措置など、告知後の事務局の事後処理はかなり適切だったと思う。
  • 前日の土曜は京都散策。蚕ノ社の銭湯で朝風呂した後、聖護院門跡、相国寺、東寺を周る。本当は、《くろ谷はるむ》の夏ティアの新刊で気になった鞍馬出を山登りのつもりでいたけれど、21号で参道が通行不能になってしまった。相国寺の庭の松も、台風で折れたらしい何本かが切り株にされてた。
    • その後、延期にならなければ会期初日に訪れるはずだった、国立博物館の刀剣特別展示に。3年前、福井をツーリングしたとき、タケフナイフビレッジで1万以上する手製ナイフを2本ばかり所望したくらいには刃物好きのつもりなので。
      • 展示会は実質“とうらぶ”展。博物館ツイッターで90分待ちとかツイートされていた昼を見送り、もういい加減人も減ったろうと閉館30分前に到着すると、博物館の外の列こそ解消されていたけれど、中はコミコミ。じっくり見たい人のための列と、その後ろからサクサク見たい人のための列の2コースに分かれ、じっくり列では、ロビーで貸し出しされてた単眼鏡を片目にあててギリギリまで刀剣に近寄ろうとする猛者の女子たちが何人もおり、(邪魔しちゃ悪い)と、迷わず後列を。会場を出ると、夕日に照らされた博物館ガラス壁と水面が印象的。

kyoto 20181007

  • ここから備忘録
  • 最低気温が7℃を下回るようになったので、鉢上げしといたパッションフルーツを部屋の中に。来年は実を回収したい。
    • 挿し木した鉢にリング支柱するのを放っておいたら、自重に耐えられなくなった枝がぽっきりいった。慌てて支柱を用意。数週間たって確認すると、何とかくっついていた。たくましい。
  • おもいたって、床と押し入れを占領していた本を買い取りに。段ボール箱で18箱、計1,099冊を送り出し、約半分の562冊が18,960円に(ポイント支払いで、そこに+10%)。……なのにまだ床置きのタワーが十数本あるので、ほぼ書庫用になってる部屋も整理して、移してしまいたい。
    • でも、電子書籍で揃えなおせるようになったため、買い取りに出す本をより分ける手間も悩まずに済み、だいぶ楽にはなったと思う。hontoを使い始めて、4年と2か月。今日までに電子で購入した3,581冊が全て紙だったら、前に住んでた部屋みたいに台所も埋まってる。
      • 多分、部屋にある冊数だけでいったら、本より同人のほうが多くなってるはず。“同人は売らない捨てない”主義もそのうち見直さざるを得ないかもしれない。
  • この間、更新を迎えたバイク任意保険は、人身傷害保険(上限3,000万)と車内外身の回り品特約(上限30万)をプラス。前の条件のまま更新するより、17,000円ばかりのアップになったけれど、どんなに気を付けていても予想外のことは起きるし、小さなミス、怠慢の積み重ねがそれを呼び込むと身をもって知った。
    • ただ、身の回り品特約で、スマートフォンタブレットPCといった電子通信機器が保障されないルールになっているのは、なんだかなぁ……と不満が残る。
      • 折った鎖骨周りは、骨は完全にくっついたものの、筋肉の痛みは残ったまま。棘上筋が炎症をおこしていると診断された。手荷物が3~4キロを超えてしばらくすると、もうシビレで持つのがきつい。カブレるので湿布を連続しては使えないし、ろくなことはない。このまま後遺症化したら泣くに泣けない。
  • で、今年は、もうこれ以上に落ち込む出来事はないだろうと思っていたら、ここ数年を振り返ってみても記憶にないくらい堪えるチョンボをやらかす。ダウナートンネルを2週間ほど進んだ後、ようやく出口を見いだせそうな状況に。だいぶ精神的な耐性がついて、思考の切り替えもうまくできるようになったと思い込んでいたのが、大間違い。転倒の件もそうだったが、これで臆病になって踏み出せなくなってしまうと、さらに悪循環なので、なんとか可能な限りダメージを小さくして収束させたい(仁義と礼節は保ったうえで)。
    • 副産物として、周囲に対して前より優しい気持ちになれるようになったは、良かったかなぁ……。みんなにドンマイ。




[] 関西コミティア53 ―― 新規に購入した主なサークルから。  関西コミティア53 ―― 新規に購入した主なサークルから。を含むブックマーク  関西コミティア53 ―― 新規に購入した主なサークルから。のブックマークコメント




[] 関西コミティア53 ―― よく購入している主なサークルから。  関西コミティア53 ―― よく購入している主なサークルから。を含むブックマーク  関西コミティア53 ―― よく購入している主なサークルから。のブックマークコメント




[] 関西コミティア51 ―― 新規に購入した主なサークルから。  関西コミティア51 ―― 新規に購入した主なサークルから。を含むブックマーク  関西コミティア51 ―― 新規に購入した主なサークルから。のブックマークコメント

  • 嫌弥 《カッコアンドカッコトジル》




[] 関西コミティア51 ―― よく購入している主なサークルから。  関西コミティア51 ―― よく購入している主なサークルから。を含むブックマーク  関西コミティア51 ―― よく購入している主なサークルから。のブックマークコメント




[] コミティア125 ―― 新規に購入した主なサークルから。  コミティア125 ―― 新規に購入した主なサークルから。を含むブックマーク  コミティア125 ―― 新規に購入した主なサークルから。のブックマークコメント




[] コミティア125 ―― よく購入している主なサークルから。  コミティア125 ―― よく購入している主なサークルから。を含むブックマーク  コミティア125 ―― よく購入している主なサークルから。のブックマークコメント

  • 小見島むら 《TBL
  • 中村朝 《13月2日
    • オフセット「舌壊の国」
      • 既刊の「三弦巻き」「トウテツの子」を収録。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20181124

18/08/19

夜目子ちゃん。

[][] コミティア125  コミティア125を含むブックマーク  コミティア125のブックマークコメント



nekokamennekokamen 2018/08/20 22:46 ご無沙汰してます。コミティアお疲れ様でした。交通事故ということでびっくりしましたが、ご無事で何よりです。新規開拓を精力的に続けられてる実物さんには尊敬の念しかないのですが、ティア毎のブログ更新にも毎回勇気付けられています(参考にしてますと言えるほど自分が動けていないので・・・)。

bulletbullet 2018/08/22 00:38 どうも、ごぶさたです。
この調子なら後遺症は残らなそうと医者の人にも診断されてて、心底、運が良かったと思います。まあ、事故った3日後、前回のティアに腕を吊って参加してるので、その程度だったと言えばそうですが……。ブログがお役に立ってれば、こちらとしてもうれしい限りです。また飲みの席で話したりしましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20180819

18/08/18

[] 前回のティア、3日前の顛末。  前回のティア、3日前の顛末。を含むブックマーク  前回のティア、3日前の顛末。のブックマークコメント


ただでさえ年に二桁も更新しないのに、さらにサボり癖が輪をかけてるかに見える、ここ半年の当ブログ


いや、更新していないのは確かなんですが……。


今回は理由がある。あります。


特に前回のティアの感想はかけない理由がありました。


ちゃんと具体的に。書く気が起きないとか、「ゲーム・オブ・スローンズ」を一気視聴して時間がなくなったとか怠惰な理由ではなく。


物理的に。


キーボードを打つのが難しかった。


鎖骨を折ったので。









このあたりでした。


ゆるい右カーブ。ゆるい登坂。


雨。どしゃぶりではないけど、アスファルトの路面に流れが見えるくらい。ヘルメットシールドにも常に水滴がついて、視界はよくない。


後続車や対向車はなし。


道の横から鹿が飛び込んできたり、カラスが横切ったりということもなし。


カーブに差し掛かったとき、いつものようにグリップを戻してエンジンブレーキをかけつつ、車体を右に倒して曲がろうとしたところ、思いのほか、路面の白いセンターラインに沿った曲線を描かない。


曲がりきれない先には、道路の左端の蓋のない側溝コンクリートで補強された山の斜面、オレンジのカーブミラー


焦る。


前ブレーキレバーを握りこんで、ほぼ同時に、ハンドルを右に切る。


そのゼロコンマ何秒か後、ズルッと前のタイヤが左方に滑ったのが分かる。


(ああ、やった)(これは立て直せないやつだな)


肩、肩掛けバッグの押し付けられた脇腹、ヒザ、つま先に衝撃。


記憶では、そこから10秒もせずに立ち上がれた。


ただ、バイクは上部を側溝に突っ込んで逆さの状態。自力で引き上げるには、肩から腕にかけての痛みが尋常ではないため、早々に諦めた。


思い付く理由は、まずスピードの出しすぎ。制限速度標識のない60km制限の道だったので、交通違反ではないものの、濡れたカーブの路面を曲がり切れるほどには結果、抑えられていなかった。過去に何度も似たようなカーブ、似たような状態の路面を問題なくクリアしてきて、(なんで今回は?!)という思いをぬぐえないといえばウソになるが。


今は、(過去は運が良かっただけ)と考えるようにしている。


あとは、ハイドロプレーニング現象。この日よりさらに激しいどしゃぶりの中を走行したこともあるし、台風の中を走り切ったことも何度かある。が、条件が重なれば、いとも簡単に転倒するということ。


重なった条件は、おそらくパニックブレーキ。勢いよく握り込み過ぎ、ブレーキの性能を発揮できずにロックした。


路面に、バイクの大敵の砂、落ち葉、油などは見当たらなかった。


それと、雨でシールドの視界が不良になり、カーブの角度とスピードの関係を見誤った可能性は残る。この日のヘルメットは、ツーリングで初めて、曇り止めのピンロックシールドシールドにつけており、悪く言えば二重ガラス状態になっていた。シールドと、ピンロックシールドの透明性は高いが、そこに水滴が重なって、いつもより視界に影響した可能性がある。曇り止め効果は抜群だったが。


で、結果、こうなった。


tento (6)

tento (2)

tento (4)

tento (1)

tento(7)


バイクのダメージもそうだけれど、《夜目新聞社》の人のイラストがぼろぼろになってしまったのが、本当に申し訳ない。


肩、脇腹、ヒザ、つま先の4か所の中で、一番ダメージが小さかった(痣程度で済んだ)脇腹は、ちょうど防水の肩掛けバッグが道路と脇腹の間にはさまる形になり、衝撃を吸収してくれたことが大きい。もっとも、休憩のたびにカバンをかける位置を左右の肩で入れ替えていたので、転倒の瞬間、たまたま右の脇腹にあったという幸運に助けられただけと言ったほうがいい。カバンビリビリになって、中に入れていたカメラフレームがひしゃげることで、脇腹が守られた格好。カバンは買い替え(約5,000円)、カメラ秋葉原サポートセンターで修理(約14,000円)となりました。


折れた鎖骨に関しては後悔しかない。肩プロテクターをつけていればと。革ジャケットの下に、胸と背中(脊髄)、脇腹にプロテクターが入ったメッシュベストはつけていた。が、肩とヒジにもプロテクターのある袖付きタイプにしておけば、折れまではせずに助かったのでは。


転倒の仕方にもよるが、ヘルメット装着が義務の頭を除けば、横に転倒した場合、最初に道路と接触する可能性が高いのは肩。身をもって知った(他のバイク乗りの人も、是非、肩プロテクターを)。


で、次に接触するのが、ヒザ。実際、その通りでした。加えて、ここでも後悔を残したのは、ヒザプロテクターをつけていたのに、それが用をなさなかったこと。はっきりいうと、位置が下にズレていた。パンツに取り付けるタイプのプロテクター。そのパンツごと、下にズレていた。バイクに乗るときはベルトをせず、代わりに、大き目の腰痛防止サポーターをつけ、それでパンツをとめていたのが仇に。


今、考えると、なんでそんなバカなことしてたの?と。ベルトをつけた上からサポーターをつけるとゴツゴツしてなんかイヤという、あまり理由になっていない理由なんか放っておけばよかったと思います(他のバイク乗りの人も、是非、ヒザプロテクターは常に適切な位置に)。


ほかに、ケガの有無、程度を左右したと考えられる要因は、裏地のあるレインスーツを着ていた(ひっかき強度がある程度あった)、革ジャンを着ていた(ひっかき(略)、脇腹プロテクターをつけていた、わりと頑丈な登山靴を履いていた、こと。特につま先のケガが、親指の爪がはがれたくらいで済んだのは、登山靴のおかげがかなり大きい。ゆるいブーツなんかであれば、肉や骨までダメージがきていたろう。


それと……これは完全に運の半ちゅうになるが、転倒直後に通りがかった自動車運転手の人に助けてもらえ、比較的近くにあった病院に連れていってもらい、適切な治療を受けられたことは、事故とケガの処理のという点で、感謝してもしきれないくらい助かった。雨でぬれねずみの中、尋常じゃない肩の痛みに耐えながら、道端で1時間以上もレッカー車を待つ事態になっていたことを想像すると、天と地ほどの差。人の優しさが本当に身に染みた。












そんな転倒から3か月経った先週。


hokkaido (1)

hokkaido (4)

hokkaido (2)

hokkaido (3)

hokkaido (5)


幸いエンジンにダメージはなく、バイクショップに頼んだ外装やフェンダーステップの交換、自前のヤスリ掛け、ペイント、《夜目新聞社》の人のステッカーの再貼り付けを終えて、2年ぶり3度目の北海道でした。9日間を走り終え、夜中、無事に家に帰宅できたときの安ど感といったら。


10月に更新のくる任意保険では、身の回り品特約と人身傷害保険を追加したいと思います。




[] コミティア124 ―― 新規に購入した主なサークルから。  コミティア124 ―― 新規に購入した主なサークルから。を含むブックマーク  コミティア124 ―― 新規に購入した主なサークルから。のブックマークコメント



[] コミティア124 ―― よく購入している主なサークルから。  コミティア124 ―― よく購入している主なサークルから。を含むブックマーク  コミティア124 ―― よく購入している主なサークルから。のブックマークコメント



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20180818

18/07/31

[] 8/18(土)、新宿で開く飲み会参加者募集します。  8/18(土)、新宿で開く飲み会の参加者を募集します。   を含むブックマーク  8/18(土)、新宿で開く飲み会の参加者を募集します。   のブックマークコメント

表題の通りです。

8/18(土)の夜、JR新宿駅近辺で、飲み会を開きます。

主催は、「実物日記(当ブログ)」と「おれせん(https://twitter.com/ftth)」のすが・まさひとさんの2人です。

飲み会趣旨は、コミケがとっくに終わってるのに、コミケ気分でオタク話でクダを巻こうじゃないか! というものです。主にマンガゲーム関連ネタ全般をあーだこーだと突っつくものになると思いますが、それ以外のネタもおおいに歓迎です。好きに話を振ってください。

以下、募集要項です。


  • 開催日……8/18(土)
  • 開始時間……18時〜19時頃予定
  • 場所……JR新宿駅近辺の店(遠くても駅から徒歩10分以内)
  • 予算……1次会で2,000円台〜3,000円台、2次会をやった場合追加で1,000円台
  • 募集人数……特になし
  • 募集締め切り……8/14(火) 21時まで

現在、私とすがさんのほかに2名が参加予定です(計4名)。

締め切り後も受付できますが、なるだけ締め切りまでにお願いします。

参加を希望される方や問い合わせをされたい方は、当ブログメールアドレス(zitsubutsu@hotmail.com)までご連絡ください。確認メールを折り返します。

コメント欄での応募、問い合わせもOKです。

もしくは、すがさんのツイッターhttps://twitter.com/ftth)へ声をかけてもらうのでも構いません。

興味をもたれた方、お待ちしておりまーす。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bullet/20180731
 
2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2016 | 01 | 04 | 05 | 08 | 10 | 11 |
2017 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2018 | 02 | 04 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2019 | 01 |

/マンガ・雑誌/マンガ・単行本/マンガ・etc/同人/ニュース/マスコミ/イベント/オタク/CD・DVD/映画・TV/ゲーム//ネット/ネタ/はてな/日々