Hatena::ブログ(Diary)

bunaguchi雑記

2016-08-20

最近の制作状況とかソニックとか

ゲーム制作。Elemental Warrior。

動く足場を実装。


f:id:bunaguchi:20160820054508p:image


動く足場というのは毎回面倒くさいポイントなんですが、

案の定今回もなかなか思うような挙動にならなくて四苦八苦。

スパゲティ化したコードをこねくりまわして

どうにかこうにかそれっぽい挙動になりました。


前回の記事でどうするかなーと言ってた

中間ポイントのデザインは、結局花にしました。


f:id:bunaguchi:20160820054541p:image


次はこの中間ポイントの動作を実装しよう。


----


Elemental Warriorはソニック風のゲームということで、

制作の参考も兼ねて、最近は3DSバーチャルコンソール

ゲームギアソニック2をやってます。


http://vc.sega.jp/3ds/sonic2/index.html


いやまあ結論としてはあまり参考にはならなそうなんですが。

というかムズイよこのゲーム!

ググるソニック史上最高難度とか書いてあるところもちらほら。

難易度の上げ方が卑怯くさいというか、

初見だと完全に運ゲーになってる場面もあります。

一応真エンディングには到達できたので、

ノーコンクリアできたらちゃんと記事書きます。

ノーミスは、ちょっとこれ、かなり厳しいぞ……。

2016-08-02

8月

もう8月か……。

Psi Knuckleのキーボード操作設定画面のバグを修正した

Ver1.03を各サイトに登録完了いたしました。

バグの修正だけで、ゲーム内容は変わってません。


……これだけじゃ何なので、

制作中のElemental Warrior用に描いたドット絵


f:id:bunaguchi:20160802090219p:image


アイテムのドット絵

回復アイテムのハート、

1UPアイテム、そして画面全体を攻撃するボム。


今回はソニック風のゲームということで、

本家ソニックみたいにステージ中に中間ポイントを設けて、

死んだときに最後に通過した中間ポイントから再開、

という感じにしたいなと思ってるのですが、

その中間ポイントのデザインをどうするか迷ってるところ。

オーソドックスで分かりやすいのは「旗」かなー。

「花」もいいな。最初はつぼみの状態で、通過すると咲く、みたいな。

そんな感じでスローペースですがちまちまと作っております。

2016-07-28

制作状況とPsi Knuckleバグ発覚

ゲーム制作。

Elemental Warrior、ようやく主人公の動きが

だいたいできたかな、というところです。

まだ死亡モーションを作ってないけど、

それは敵キャラを作ってからでいいや。


f:id:bunaguchi:20160728132829p:image

↑残像を出しながら天井を突っ走る主人公。


--


ところでPsi Knuckleにバグがありました。

オプションキーボード操作設定画面で

表示されるキーの名前が変なことになってました。


f:id:bunaguchi:20160728132909p:image


リリース時に不要なファイルを消すときに、

誤ってキーの名前を定義してるファイルも一緒に削除しちゃってたようです。

まあゲームプレイに直接関わるバグではないのですが

恥ずかしいので修正します……。

2016-07-21

熱血カンフーロード

スーパーカセットビジョンの「熱血カンフーロード」をプレイしました。

箱。

f:id:bunaguchi:20160721025429j:image


箱裏。

f:id:bunaguchi:20160721025557j:image


そして箱を開けると……そこには!

f:id:bunaguchi:20160705080633j:image


蓋の裏に、前の持ち主の……いや最初の持ち主と言うべきか。

なにやらハイスコアと攻略メモっぽいものが書いてあったわけですよ。

「熱血カンフーロード」は85年に発売されたゲーム。

これは30年の時を越えた俺への挑戦状なのか。

ハイスコアは何度か書き直した跡がありますが、

252550点が最高ということでいいのかな?

君のカンフーロード、確かに受け取ったよ……。

そのハイスコアは俺が超えてみせる!


ゲーム内容は、スパルタンX系の2Dアクション。

カンフーの達人チェンが悪名キル一族に挑む!

モードは難易度別のAMAとPROに

それぞれ一人プレイと二人プレイがあるのに加え、

マッチプレイすなわち対戦モードまで搭載されています。

この時代としてはなかなか充実してるんではないでしょうか。


ゲーム開始直後、なんとレバー左右で主人公のカラーを変更できる!

ひょっとしてキャラの色を選択できる格ゲーの元祖か!?

……と思いきや、対戦モードでは色変更できないのであった。


操作方法。

レバー左右で移動、下でしゃがみ、上でジャンプ。

ジャンプ中にレバーを上に入れっぱなしにすると、

2段ジャンプのような感じで真上に高く跳びます。

前に入れっぱなしだと前方に跳ぶ。

斜め上に入れっぱなしだと、前方にさらに高く跳びます。

2面ではこの操作で塀の上に上ったり降りたり。

左ボタンでキック、右ボタンでパンチ。

……なんですが、パンチはリーチが短いのでほぼ使いません。

スパルタンXと違って得点もキックと同じだし。

ちなみにジャンプキックやしゃがみキックも出来ます。


全3ステージ+ラスボス

基本的にわらわら現れるザコを倒しながら進み、

ときおり出てくるヌンチャク男を倒すと一定時間ヌンチャクモードに。

ジャンプやしゃがみができなくなりますが、

リーチが長い&当てると高得点のヌンチャクで敵を蹴散らせます、

道中では壷や手裏剣が飛んでくる他、

2面と3面では壷男が上から壷を落としてきます。

手裏剣・壷はタイミングよく攻撃を当てると破壊できる。

そうそう、忘れてはいけないのは「牛」。

画面端から突進してきて、当たると問答無用で1ミス。さあ牛だ!

3面には中ボスの大男ブーが2回登場。

そしてラストは宿敵キルとの一騎討ち。

クリアするとすぐさま2周目の開始。

……と、コンパクトな中に盛りだくさんな内容。


今回も自前で動画を撮ってYouTubeにアップしましたので、

そろそろ見ていただきましょうか。


https://www.youtube.com/watch?v=qicYkBVeHYo

D


どうでしょうか。

まず効果音がいい。ハッ!トウッ!ってしゃべるし、

ビシッ!っていうキックのヒット音も素晴らしい。

演出も、スパルタンXの敵は倒すと下に落ちてくのに対して、

こっちは斜め上に吹っ飛んでいきますからね。爽快。

ラスボスは適当に戦うと超強いんですが、ちゃんと攻略法があって、

パターンを作って攻略する楽しみが味わえます。

楽しいゲームでした。いや本当に。


そんなわけで496300点。やりましたよ。

30年越しの挑戦者よ……君のハイスコアは、俺が超えさせてもらった。

まだいけそうでしたが、とりあえず満足したのでプレイ終了。


ちなみに上の動画はAMAモードですが、

PROモードは初期残機が3なのと、AMAよりちょっと

難しい状態から始まるくらいで、内容はそこまで変化なく。

こっちもやり込めば相当先まで行けるんじゃないかな。


攻略について少し。

ヌンチャク男が見えたら前に大ジャンプキックすれば、

うまい具合に当たってくれることが多いです。

3面中ボスのブーは強いですが、ヌンチャクがないときは

被害の少ないうちにゴリ押しで倒すのが良さげです。

ラスボスのキルは、基本的に1キャラ分空けるくらいの距離

しゃがんで待機し、ボスがジャンプで頭上を通り過ぎると同時に

小ジャンプ蹴りで背中を蹴る。そして自キャラが着地したら

すぐにしゃがみ蹴り。これを繰り返します。

これは上の動画で見れば分かりやすいかな。


さて、エレベーターファイトに続いて

熱血カンフーロードも良ゲーだったということで、

もしかしてスーパーカセットビジョンって神ハードだったのでは?

などと思い始めているところですが、

スパカセの2Dアクションだと、あとは

ドラえもん」「ルパン3世」あたりをそのうちやってみたいかな。

「ワイワイモンスターランド」は手に入らんだろうなあ……。

それでは今日はこの辺で。熱血カンフーロードでした。

いいゲームだった……。

2016-06-30

雑誌掲載と制作状況

雑誌掲載情報。

昨日発売の雑誌「iP!」8月号にPsi Knuckleが載ってます。

フリーゲームキングダム」のコーナー。101ページの右上です。

先日Windows100%に載せていただいたのに

iP!にも載せていただきました。

晋遊舎さんありがとうございます。


続いてゲーム制作。

Elemental Warrior、現在は主人公の動きを作り中。


f:id:bunaguchi:20160630133818p:image


左右移動とジャンプ、しゃがみ、スライディング、まで作りました。

あとはここに本作独自のアクションを盛り込んでいく。


非常にスローペースですが、ちまちまと作ってはいます。

完成はいつごろになるのかな……。

そしてプンゲの再開はいつごろになるのか。

その日が来ることを俺は信じてるぞ!

To be continued......