Hatena::ブログ(Diary)

bunaguchi雑記

2017-01-22

平安京エイリアン(GB版)

ゲームボーイの「平安京エイリアン」をプレイしました。


箱。

f:id:bunaguchi:20170122141031j:image


箱裏。

f:id:bunaguchi:20170122141044j:image


カートリッジ説明書。

f:id:bunaguchi:20170122140347j:image


ストーリー。

f:id:bunaguchi:20170120120731j:image


平安京エイリアン。元は1979年東京大学の学生によって

作られたという伝説的ゲーム。

格子状になっている通路エイリアンが走り回っていて、

プレイヤーは穴を掘ってエイリアンが落ちるのを待ち、

落ちたら埋めるとエイリアンを倒せる。


……などといった説明を読むよりも、

知らない人は実際にやってみた方が早いと思います。

↓こちらのサイトでWindows移植版が無料公開されてるので。

http://www.hyperware.co.jp/software/heian/default.htm


このサイト、最終更新が2002年だけど大丈夫?そのうち消えたりしない?

平安京エイリアンの権利って今もこの会社が持ってるの?

……などと、いろいろ脳裏に浮かびますが、とりあえずは

今も落とせるようなので遊んでみましょう。


で、今回プレイしたのはそのGB版。90年、メルダックから発売。

原作を再現したOLDモードと、リメイクしたNEWモードを搭載。

さらに、GBとソフトが2つ、それに通信ケーブルがあれば

2人プレイができるようです。


NEWモードは、グラフィックがアレンジされているほか、

自キャラの動きが機敏になり、穴を掘るのにかかる時間も短縮、

エイリアンも2種類登場し、出たり消えたりする壁や

掘れない床など、若干のギミックも追加され、

かなり遊びやすくリメイクされています。

原作およびOLDモードは終わりのないループゲームのようですが、

このNEWモードは全12面と手ごろなボリュームになってます。


基本操作は十字キーで上下左右に移動、Aで穴を掘ってBで埋める。

それに加え、NEWモードではABいずれかを押しながら十字キー

その場から動かずに向きだけ変える操作が追加されてます。

これ結構重要。Aボタン押しっぱなしで穴を掘ったら、

そのまま十字キーで向きだけ変えることによって、

反対側にも即座に穴が掘れます。埋めるときも同様。


https://www.youtube.com/watch?v=vY3qVBkIu74

↑動画。今回は自前ではありません。


そんなわけで一通りプレイしましたが、なかなか楽しいゲーム。

OLDモードは、シンプルな良さはあるものの、

ぎこちない操作性や無音で淡々と続く展開など、

さすがに古臭さが否めないかなといったところですが、

対してNEWモードはいい具合にアレンジされていて、

今でも十分に楽しめるゲームだと思います。

GBの狭い画面内に最大7匹のエイリアンが動き回る上、

自キャラの動きや穴掘りの速度も速くなってるので、

全体的にスピーディーで密度の濃いゲーム展開になります。

無闇に穴を掘ると逃げ道を失うので、どこに掘るかを考える。

一方でエイリアンの動きはランダム要素が大きいので、

うまく逃げるためには瞬時の判断も重要。


ボリュームは全12面というコンパクトさなので、

飽きる前に終わってくれるのもポイント高いです。

アレンジで多少の追加要素があるとはいえ、

基本はシンプルなゲームなので、これで何十面もあったら

単調さが目立ってたんじゃないでしょうか。ナイス判断。


ちなみに、2人プレイのモードはさすがにプレイできてませんが、

説明書によるとかなり力の入った作りっぽいです。

2人プレイではOLDを選ぶと協力、NEWを選ぶと対戦プレイとなり、

NEWでは2つのGB本体から別々の音が出て

一つの曲を演奏するという、凝った作りになってるそうな。


そんなわけでGB版平安京エイリアン、いいゲームでした。

で、今回なぜこのゲームをやったかというと、

平安京エイリアン風のゲームを作ろうと思ってるからなのですが、

まあその辺の話はまた次の機会に。

2017-01-20

shinchoku

ゲーム制作。Elemental Warrior。

ラスボスを倒して撃破デモ後、

クリアタイムを表示するところまで制作完了。

これでようやく最初から最後まで通して

プレイできるようになりました。

f:id:bunaguchi:20170120094004p:image

クリア画面にはタイムのほかに残機も表示。

3分以内にクリアでグッドエンドにすると前に書きましたが、

残機15以上でクリアしてもグッドエンドが見られるように

しようと思ってます。

アクションが得意な人はノンストップで駆け抜けて3分クリア、

そうでない人はアイテムを集めて残機を稼いでクリアすることで

グッドエンドが見られるようにしようという計らい。


ということで、あとはオープニングとエンディングを作らねば。

そろそろプンゲ復活しませんかね……。

2017-01-12

2017

あけましておめでとうございます。

……と言うには少し遅いでしょうか。

2017年。このブログも9年目に突入。

今年の抱負……みたいなのは前回書きましたね。

あんまり書くこともないですが

新年一発目の更新をしておきます。


ゲーム制作。

Elemental Warriorは、ラスボスを制作中。

本作は高速で突っ走るゲームなので、

ボス戦も走りながら戦うように作ってます。

コンセプトに忠実に。


というわけで、今年もよろしくお願いします。

2016-12-30

年末いろいろ

「生身ノーミスの動画がネット上に見当たらなかったので

俺の役目だと思って動画を撮った」

って前回のキャプテンセイバーの記事に書きましたが、

よくよく探したらありました。

私の動画以前にYouTubeにアップされてた

キャプテンセイバーの生身ノーミス動画。


1面: https://www.youtube.com/watch?v=2gQLxLmQMqE

2面: https://www.youtube.com/watch?v=LHPw_RSI2FI

3面: https://www.youtube.com/watch?v=dN2TktyhUcQ

4面: https://www.youtube.com/watch?v=KKGhKVy3im0

5面: https://www.youtube.com/watch?v=6J97ONdTbFY

6面: https://www.youtube.com/watch?v=FEA_kgyTGHo


ノーダメて。

"No save states, slowdown or turbo is used."

って書いてあるのはセーブもスローも使ってませんってことですよね?

すごい。にわかには信じがたい。すごい……。


----


はい、そんなわけで年の瀬。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


一応今年のまとめみたいなことを書いておくと、

今年はPsi Knuckleを公開できたので

ひとまずは良かったかな、と思います。

本当はElemental Warriorも

年内に完成させたかったんですが、間に合わなんだ……。


Elemental Warrior、ちょっと制作停滞中。

ラスボスドット絵は描いたんですが、そこで止まってます。

来年は完成させたいですね。

いやさせたいというか、もうラスボスまできてるので

よほどのことがない限りは完成すると思うんですが。


……いや、でも、どうかな。

今回はゲームの最初と最後にストーリーデモみたいなのを

作ろうと思ってて、キャラの顔グラフィックを

表示したいなと考えてるのですが……。

ドット絵は今まで結構描いたけど、大きめの顔グラは描いたことがなく。

自分に描けるのか?って感じです。どうするかなあ。

そんな感じなので、完成までにはもうしばらくかかりそうです。


----


今年遊んだゲームの話をしますか。

今年はスーパーカセットビジョンを手にいれて

『エレベーターファイト』と『熱血カンフーロード』

を遊びましたが、どちらも良ゲーでしたね。


他には

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2(GG版)』

ドラえもん のび太と復活の星』

あたりが印象深いゲームでした。


あとはフリゲも結構遊びましたが……。

フリゲについてはTwitterにちょこちょこ書いてるのですが、

ブログでもフリゲの話をもっとすべきですかね。

フリゲの作者さんは言ってみれば同業者なわけで、

やっぱ同業者のあれこれについてはなんとなく書きづらいなと思って

ブログにはフリゲのことはあまり書いてないんですが。

その辺は来年以降の課題かなー……。


フリゲに関してもう一つ言っておくと、

フリゲ界隈ではアクションゲームはあまり人気がなくて、

レビューサイトなんかでも一部の人気作しか扱われてないことが多いし、

レビューされててもあんまりアクションに明るくない人が書いてたりして、

どうにも残念に思ってるのですが、来年はその辺も

自分からどうにかする方向に動いていけたらなと、

漠然と考えてたりします。


----


さて、とりとめもなくいろいろ書いてしまいましたが、

どうやら今年も無事に過ごせたようです。

ありがとうございました。よいお年を。

2016-12-24

キャプテンセイバー生身ノーミス動画

せいれき2016ねん クリスマスイヴ。


f:id:bunaguchi:20161224030822p:image

メリークリスマス、だいとうりょうかっか!


こんかい、bunaguchiは、クリスマスきねんとして、

キャプテンセイバーなまみノーミスクリアにせいこうした。

どうがをアップしたので、しょくんにこれを、ごらんいただこうと

おもう。


むろん、かくしゅスーツはみしゅとく、ストックアイテムも

ふしようなのはまちがいない。

よくごりかいのうえ、ごらんいただこう。


https://www.youtube.com/watch?v=yAE0zrucM_I

D


……はい、ということで、ファミコンの「キャプテンセイバー」の

生身ノーミスクリア動画をYouTubeで公開しました。


念のため説明すると、キャプテンセイバー

各ステージの中ボスを倒すと様々な能力を持った強化スーツを取得できて、

普通はそのスーツを装着してクリアしていくゲームなんですが、

今回の動画は、それらのスーツを一切装備しない、

生身でのノーミスオールクリアということです。

本動画ではスーツを取ってすらいません。

中ボスは戦わずにスルーしています。


オープニングとエンディングの「きよしこの夜」が印象的で、

毎年クリスマスになると思い出すゲームです。

生身ノーミスの動画がネット上に見当たらなかったので、

これは俺の役目だなと思って今回クリスマス記念に動画を撮りました。


このブログを見返すと、最初にキャプテンセイバーをプレイしたのは

2011年の2月。もう6年近く前か。

今回あらためてプレイしましたが、

いやあ、やっぱりいいゲームですねこれ。


一見大味ながら、しっかりやり込める深さを持っている。

一部のギミックや強制スクロールのシーンに関して

「テンポが悪い」という意見も目にしますし、

まあそれは確かにその通りなんですが、

プレイしてるとあんまり気にならないんですよね。

落ち着いた渋い雰囲気のBGMがゲームのテンポによく合ってますし。

今はプレミアついちゃってるみたいですが、

未プレイの方にも機会があればプレイしていただきたいゲームです。


それでは今日はこの辺で。メリークリスマス