Hatena::ブログ(Diary)

ぶなやかた

2018-05-15

食べ物

歳だけでなく土地によっても変る

歳とともに食べ物の趣向が変るのは世間でも良くいわれますが 土地によっても結構変るようです

浜松に三年程住んでいて 相変らず お昼は外食 朝食と夕食は自炊というほどではないにしろ 自分で何かを作っていました

そのお昼の料理が こちらとは微妙に違うのです

例えば 浜松というと うなぎを思い出されるかもしれませんが お店は結構あるものの 関東風と関西風が混在しているので 関東風の蒸したものしか口にできない私にとっては 何処に這入ればいいのかが解らず そうかといって這入る際に尋ねるのもはばかられて 這入ったのはたったの二軒でした 両方共に関東風だったからよかったのですけれど 関西風だったらば 以前途中でほとんど残して店をでたようなことになっていたかもしれません

他には 所謂街中の中華屋さんですが 餃子屋さんとかラーメン屋さんはあっても ラーメンあり 餃子あり ワンタンあり 炒飯あり 野菜炒めあり 焼きそばあり 更に トンカツがあったり 丼ものがあったりといったお店が 見当らなかったので 餃子だけたべるといった按配になってしまって こちらへ戻って久し振りに 中華屋さんへ這入った気分を味わいました

それから 何故か 蕎麦屋もすくなかったように思います



学ぶ場だけでなく 気楽に話せる場としても談話室と寺子屋をご利用ください 談話室は成人を対象に 寺子屋は学生を対象に開いております

f:id:bunayakata:20130411095303g:image:right



2018-05-13

定食屋さん

一番のご馳走と謂えば

ご飯です

お米を炊いたご飯です

お米の種類というよりも水加減と炊き方ですね

東京へでてきてから50年 その中で 私の口にあったのは意外と少ない

数えてみると この間まで住んでいた浜松までで三軒かな 他に一軒あるけれど そこはお昼の時間は休みにして夕方から夜だけになってしまったので 行けなくなってしまった

そして ここへ引っ越してきてからは 何故か口にあった定食屋さんが二軒もみつかった

嬉しい限りである

でもちょっと離れているのが難かな

だから 今日のように雨が降りそうなときには自転車に乗れないので 別のところへ行かなくてはならない



学ぶ場だけでなく 気楽に話せる場としても談話室と寺子屋をご利用ください 談話室は成人を対象に週1回 寺子屋は学生を対象に随時開いております カテゴリー内の談話室と寺子屋も併せてご覧ください

f:id:bunayakata:20130411095303g:image:right



2018-05-10

SNSのこれから

出版業界のようになる?

Twitterが最初なんだろうか? メールではできない人と人との双方向のミュニケーションが可能な場として開発された

その後 いろいろなものがでてきて 利用者が多いのはFacebookやLine

現在どの位の人々が利用していて どんな使い方をしているのか皆目見当もつかない

コミュニケーションは必要なものではあろうが 時間差がなく というのは私にとっては苦痛の何者でもないから メールよりも電話 電話よりも手紙や葉書がよいのは それが性に合っているからなのだろうとは思うが それだけでもなさそう

Twitterも FacebookもLineも どれも使ってみたけれど今は どれも使っていない

これらはフォロワーの数をそれほど制限していないようだから 全く知らないひとも その中に含まれているらしい

それに対してPathは当初50人程度の普通の意味での友達といったところだったのが 何時の間にやら500人に増えてしまった

それでも上の三つの比べれば ほんの少数でしかない

Pathを使い出してから結構経つけれど みつけられるのは友達のみにしてあって 自分の連絡先は公開していないから 結局誰もみつけられず フォローもフォロワーも共に零で そのときどきに感じたことがらを書いたり メモのようにして使っているだけにすぎない

それが自分にとって性に合っているという訳だろうと勝手に思っている

それで副題の出版業界のようになるというのは いろいろなものに食指を動かしていてそれらが いつのまにか自分の首を締めてしまった出版業界のようになるのではないかという危惧を抱いているから



学ぶ場だけでなく 気楽に話せる場としても談話室と寺子屋をご利用ください 談話室は成人を対象に週1回 寺子屋は学生を対象に随時開いております カテゴリー内の談話室と寺子屋も併せてご覧ください

f:id:bunayakata:20130411095303g:image:right