Hatena::ブログ(Diary)

将棋三兄弟の日記

2011-04-04

加瀬教室

土曜日、次男と加瀬教室へ。


私は一瀬先生(戸辺先生お休みのためピンチヒッター)→加瀬先生の順に教わる。

飛香落ちで、教えてもらいながら○○。


次男は、四枚落ちの序盤で安易に指し簡単に悪くなっていた。もったいない。

先生にどんどん教わってほしいとは思うが、慣れすぎてほしくはない。


長男三茶からのはしごで遅れて合流。

この日は仲良しのしょうくんとも何局か練習将棋を指せたようだ。

居飛車の先輩に2局教わったようだ。


終了間際、兄弟はしょうくんたちとどうしても食事をしたいみたいだった。

「ねぇ行こうよ〜」と。大人でいう「一杯飲みに行きたい」状態。

結局、はずせない用事もあるということで、ショウパパの大人の采配で

「次回に計画をたてて」ということになった。


ショウパパはさすが大人だね。けど平日のショウパパはね、、

会社帰りにたいがい予告なしに「今日一杯どうですか?」って言うんだよ(笑)


2011-03-26

加瀬教室 最後の二枚落ち?

土曜日、午前中は北千住へ。

不覚にも押上曳舟が運休!押上から遠回りして教室に遅刻。とほほ。


午後、私と次男で加瀬教室へ。本日は木村先生の指導日。

たくさんのお客さんがお見えになっていた。鰻王と鰻王子の姿も。


次男は加瀬先生→木村先生の順に教えていただき(四枚落ち)

加瀬先生にはめずらしく寄せを褒められていたようだ。

木村先生には及ばずだが、次男よ木村先生はそう簡単には勝たせてくれないぞ〜。


さて、私の指導対局


1局目は加瀬先生。

 私はそろそろ二枚落ちを卒業したいと思い、加瀬先生に初めて飛香落ちで教わった。

 序中盤で定跡を教えていただきながらの指導という感じだった。

 以下は最終盤。

 全て読み切っていたわけではなかったが、ここから寄せ切ることができた。

 結果的にはこの局面から17手詰。気持ちいい。


 おまけ)実戦詰将棋1 ※答えは最下部

 f:id:bunpapa:20110326215926j:image


2局目は木村一基先生。

 木村先生には二枚落ちで一度も勝利したことがない。

 自分の中では勝手ながら、勝利できたら二枚落ち卒業と決めて対局に臨んだ。

 最後はかなりサービスしていただいように思えるが、勝利!

 以下は最終盤。ここで詰みがある。13手詰。

 全ての変化を読み切って指したわけではないが、次の一手で寄せられるとふんだ。

 (ちなみに香があがってなかったら詰んでない。)


 おまけ)実戦詰将棋2 ※答えは最下部

f:id:bunpapa:20110326215927j:image


 感想戦?では木村先生にも褒めていただき、笑顔がこぼれまくってしまった。

 かくして勝手ながら二枚落ちは卒業させていただくことにします。

 今までありがとうございました。





※実戦詰将棋1・解答(余詰たくさん有り)

▲9四角成 △同 玉 ▲9五歩 △8三玉 ▲7二銀 △9二玉

▲8一銀不成△8三玉 ▲7二銀不成△9二玉 ▲9三金 △同 玉

▲9四歩 △8二玉 ▲8一金 △9二玉 ▲9三歩成 まで17手詰。


※実戦詰将棋2・解答(余詰たくさん有り)

▲7三銀 △6一玉 ▲6二歩 △同 金 ▲同銀成(不成) △同 玉

▲7三金打 △7一玉 ▲5一飛成 △6一歩 ▲7二歩 △8一玉

▲6一龍まで 13手詰。

(7三金打のところで▲6三歩や▲5三飛成からも詰むが手数が延びる。)


以上

2011-03-20

加瀬教室 震災後初の開催

土曜日、予定されていた計画停電が中止となり加瀬教室は開催となった。

次男と一緒に本八幡へ。長男三茶三軒茶屋将棋倶楽部)へ。


加瀬教室は千葉県市川市にあるが、教室への地震被害は小さかった模様。

(ものは落ちたが、問題ないものだけが落ちたとのこと。よかった。)


状況的に参加人数は少ないかと思われたが、、大盛況。

私も含めて待ちかねた方が多かったということだろう。


 次男は加瀬先生→佐藤和先生の順で四枚落ちで教えていただいた。

 結果は○○。加瀬教室では初めて四枚落ちで勝利できたとのこと。おめでとう!

 始まる前に「金銀大事に」「垂れ歩」「お茶をこぼさない(笑)」を伝えて置いた。


 私は両先生に二枚落ちで教えていただいた。

 1局目は加瀬先生。最後9手詰を読み切って勝ち!気持ちよかった〜(※)

 2局目は佐藤和俊先生。銀損→歩で取り返すという部分的な定跡から勝利!


夕暮れ時に子供たちが若干騒ぎ出し、ご年配の方がそれを見て呆れ微笑む。

そんないつもの加瀬教室だった。

計画停電が予定されていたが、ぎりぎり最後まで開催検討を続け、

開催の判断をしてださった加瀬先生に改めて感謝申し上げます。


(※)おまけ:実戦での9手詰

f:id:bunpapa:20110320170943g:image