日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2011-06-10 笑顔をここから!OSAKAジョブミュージアム実験会とプロジェクト!

松原市立松原中学校 〜OSAKAジョブミュージアム実験会〜



今日松原市立松原中学校の生徒さん約20名をお迎えし、『OSAKAジョブミュージアム職業体験実験会』が開催されました。
OSAKAジョブミュージアム』とは、職業仕事の体験イベントであり、大阪全体をミュージアムに見立て大阪内にあるたくさんの専門学校を会場として様々な職業体験をしようというものです。ここでの体験を通して、自分のやりたいことを発見し、そしてその道に進むための進路を理解するものです。子どもたちが今後未来へ歩むための第一歩となるよう、ここ日本分析化学専門学校でも、毎年多くの中学校や高校の生徒さんに実験会を開催してきました。

今日も元気いっぱいの中学生たちが、本校で「化学者」という職業体験をするため、本校に来校されました。本校の入り口階段は、ご覧のようにオリジナル周期表になっています。周期表を一歩一歩踏めて本校に足を踏み入れた瞬間から、彼らの化学者体験が始まりました!


f:id:bunseki:20110610151810j:image

本校で準備していたプログラムは、「花火を作ろう」「分析化学で君もマジシャン!」「ジュースDNAを見てみよう」の3つの体験実験と、仕事をより理解するための「化学講演」。
実験中の生徒さん達の様子はどうだったかというと・・・・

初めて白衣に袖を通したときにはちょっと照れくさそうにしていましたが、実験が始まると大盛り上がり。私たち指導教員が「まだ混ぜなくてもいいよ」「もう混ぜるのを止めてね」と言っても混ぜ続けるくらい(!)、実験操作を楽しんでおられました。机の上にある試薬にも「これ何だろう?」、起こった化学反応にも「なんでこうなったんだろう?」と好奇心旺盛な様子で取り組んでいました。

f:id:bunseki:20110610133613j:image f:id:bunseki:20110610134038j:image f:id:bunseki:20110610142937j:image
f:id:bunseki:20110610140200j:image f:id:bunseki:20110610135852j:image f:id:bunseki:20110610135526j:image
f:id:bunseki:20110610134917j:image f:id:bunseki:20110610135710j:image



そして実験室から講義室に戻り、化学講演。こちらでは、化学はなぜ社会で必要なのか、という意義と、化学者がどのような場で活躍しているのかをご紹介しました。こちらでは、さっきの実験とは打って変わって、真剣まなざしスライドを見つめておられました。

f:id:bunseki:20110610144246j:image

たった1時間半の職業体験でしたが、最後に無記名で行ったアンケート結果を見ると以下のようなコメントが。
  ・化学はとても楽しかった!
  ・理科はそれほど好きではなかったけど、今日実験で好きになりました。
  ・実験バリ楽しかった!
  ・化学は遠い存在と思っていたけど本当は自分たちの身近なものは、化学からできているってことを知った。
  ・実験が楽しかったからまた来たい。
  ・化学はすごい!
  ・実験をしたり講演を聞いて化学にもっと興味を持ちました。
  ・携帯電話とかマッチとかもすべて化学が関わっているのを知ってすごいと思った。
  ・分析化学はいろんなところで活躍しているいうことが印象に残った。

などなど、たくさんの嬉しいコメントを頂きました。
化学に対して「楽しい!」と思ってもらえること、そして「すごい」と思ってもらうこと、それこそが私たちの目標でもあります。これらの思いから「化学でこんなことがしたい」「化学でこんなふうにできればいいのに」と好奇心を湧かせることこそが、化学者への第一歩となり、それが社会を豊かに変える第一歩になるからです。
今日参加者の中から、一人でも、化学者になりたい!と将来手を挙げる生徒さんが現れてくれれば、と思います。

笑顔と元気をここから!『化学笑顔プロジェクト(仮称)』始動

さて、本校では上に書いたように、化学に対して「楽しい!」と思い、そして「すごい」と思っていただくことを目的にこれまでも数えきれないくらいの方をお迎えし、実験会を開催してきました。そのような体験をすることは、「化学でこんなことがしたいなぁ」という夢と希望を見出すきっかけとなることにつながります。
去る3月11日、東日本大震災の衝撃に日本中が凍りついたこの日、くしくも本校では卒業式が挙行されていました。未来を安全に、豊かに変えるカギとなる化学者を育て、社会に送り出すことこそが、今の私たち教員にとって今瀬一杯できることであり、使命とすることを皆で誓い合いました。(詳しくは校長挨拶「創立30周年の新たな誓い」をご覧ください。)

これまでに行ってきた小学生から高校生、そして社会人の方も含めた一般の方に対する実験会では、その中で、私たちは数えきれないほどの多くの笑顔を目にしてきました。化学に感動し、化学の可能性を知り、そして化学希望を感じたその笑顔こそが、この先の日本を支える原動力になると私たちは信じています。この世界中を豊かに、安全にしてきた無数の化学者たちも、さまざまな思いや熱意によってそれを成し遂げています。私たちが提供した化学と触れ合う場で、得られた笑顔の数だけ、日本中は希望があふれ、光が見えると感じています。それを私たちは、ここ、大阪天満橋で実現しようと考えています。
現在計画段階ですので、詳しくはお話しできませんが、今、それを思いとして持つだけではなく、世間の一般のみなさんにも共感し、参加していただくために、プロジェクトとして立ち上げる予定です。進捗はまたこちらのブログでもお伝えします。
みなさんも、ぜひご注目下さい!

f:id:bunseki:20110606114039j:image:medium f:id:bunseki:20110602102610j:image:medium f:id:bunseki:20110510161615j:image:medium f:id:bunseki:20110425145041j:image:medium f:id:bunseki:20110426121732j:image:medium f:id:bunseki:20110405135747j:image:medium f:id:bunseki:20110331143310j:image:medium f:id:bunseki:20110307175200j:image:medium
f:id:bunseki:20110207142925j:image:medium f:id:bunseki:20110129091541j:image:medium f:id:bunseki:20110107141536j:image:medium f:id:bunseki:20110106151424j:image:medium f:id:bunseki:20101217125315j:image:medium f:id:bunseki:20101217140916j:image:medium f:id:bunseki:20101217142005j:image:medium f:id:bunseki:20110409124032j:image:medium
f:id:bunseki:20110331143610j:image:medium f:id:bunseki:20101210140723j:image:medium f:id:bunseki:20101102140138j:image:medium f:id:bunseki:20101106195605j:image:medium f:id:bunseki:20101026172815j:image:medium f:id:bunseki:20101022153647j:image:medium f:id:bunseki:20101015152039j:image:medium f:id:bunseki:20101007133204j:image:medium
f:id:bunseki:20100924104413j:image:medium f:id:bunseki:20100916115652j:image:medium f:id:bunseki:20100910153549j:image:medium f:id:bunseki:20100820141023j:image:medium f:id:bunseki:20100823092103j:image:medium f:id:bunseki:20100813123723j:image:medium f:id:bunseki:20100529162427j:image:medium f:id:bunseki:20100416133127j:image:medium

byアビー

Connection: close