日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2012-12-07 分析化学でできること

今日1日、「分析化学者」体験

 今日は、わたくしあおひげとぽてと先生とで、
大阪府内の中学校にて、出張実験会を行ってきましたので、
その報告をいたします。
f:id:bunseki:20121208081346j:image

実験会では、
ビタミンC」を食品から検出する実験と、
科学捜査で血痕の検出に使われる「ルミノール反応」の実験
体験してもらいました。
じっと座っていられないぐらい元気いっぱいの生徒諸君でしたが、
実験が始まると、色の変化、化学反応一喜一憂
とても楽しんでくれていました。

f:id:bunseki:20121208081513j:image
まずぽてと先生の説明の下、ビタミンCの検出実験が始まりました。

ぽてと先生が持っているこの茶色い液体が、
ビタミンCに触れると…。
f:id:bunseki:20121208081826j:imagef:id:bunseki:20121208081825j:image
このように一気に青色に変化します。
ジュースやお酢等色々な食品も実際に混ぜてみると、
その食品ビタミンCが含まれているかわかるのです。
f:id:bunseki:20121208082052j:image
「これって、絶対色が変わるんやで」
と、どんな変化が起こるか予想はできても、
実際に溶液の色が一気に変わる瞬間を目の当たりにすると、
「わぁー!!」
と各所で歓声が上がりました。
まるで「マジック」?
みんな「食品分析化学者」を、
そして「化学を駆使したマジシャン」の体験ができました。

そしてルミノール反応。
f:id:bunseki:20121208082222j:image
ルミノールという化学物質は、
血痕などに含まれる「鉄分」に触れることで、
鮮やかに発光することが知られています。
この、化学の力で発光する「化学発光」は、
科学捜査に応用されているのです。
生徒諸君には、今度は「科学捜査官」を体験してもらいました。
こちらも、「光る」とわかっていても、
実際に幻想的に光るフラスコを見るとまたまた歓声が!
f:id:bunseki:20121208083716j:image
f:id:bunseki:20111031162146j:image
実験時間が終了しても名残惜しいようで、
電気をつけてからも、じっとフラスコを観察し続ける生徒さんも
多くいました。

アンケート感想には、「理科は嫌いだけど今日は楽しかった」
化学が好きになった」というコメントも…。
そして余白に「化学最高」の文字が!
f:id:bunseki:20121208082427j:image
今日の1日「分析化学者」体験が、
彼らの人生の中の貴重な一日になってくれていれば、
こんなに嬉しいことはありません。

自分たちにできることを…


学校に戻ると、
今日卒業研究をしていた資源分析化学科・有機テクノロジー学科
2年生が、実験後のディスカッションをそれぞれの班で行っていました。
f:id:bunseki:20121208082721j:imagef:id:bunseki:20121208082722j:image
実験後とあって、
どこかリラックスした表情で、ワイワイ楽しげでしたが、
その内容は真剣そのもの。
f:id:bunseki:20121208082811j:image
もう次年度には「分析化学者」として
本校を巣立っていく分析化学者の卵たちは、
今の自分たちにできることを目一杯やっていました。
f:id:bunseki:20121208082853j:image

実験し、
そして感動し、
それを知識や技術経験として身につけていく。
そうして日本を支える「分析化学者」へと成長していく、
その最初化学者誕生の瞬間と、
化学者として成長を続けている瞬間に
居合わせることのできた一日でした。


by あおひげ

Connection: close