日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2013-01-31 仕事発見!?〜大阪府立大正高等学校の職業体験バスツアー〜

仕事を知ろう〜OSAKAジョブミュージアム職業体験バスツアー

f:id:bunseki:20130131225557j:image
本日大阪府立大高等学校の生徒さん6名が
OSAKAジョブミュージアム職業体験バスツアー
として来校されましたので、その様子をご紹介いたします。

OSAKAジョブミュージアム』とは、職業仕事
体験イベントであり、大阪全体をミュージアムに
見立て大阪内にあるたくさんの専門学校を会場として
様々な職業体験をしようというものです。
無数に存在する仕事の中で、今知っている範囲だけでは
なく幅広く職業を知り、自分にピッタリの職業
就くための進路を理解していただくことを目的としています。
これまでにここ日本分析化学専門学校でも毎年多くの
生徒さんに化学者体験をしていただき、今後未来へ進む
ための第一歩となるような実験会の開催をしてきました。


バスにて来校され、早速白衣を来て職業体験開始です!
f:id:bunseki:20130131181155j:imagef:id:bunseki:20130131181136j:image
「今回、白衣に袖を通すのは初めて!」と
ワクワクしながら化学者になってもらいました。


化学者」という仕事を知っていただくための
今日プログラムは以下の通り。

 1.気軽に分析化学者体験!
    ・ジュースからDNAを取り出そう
    ・分析化学で君もマジシャン
    ・錬金術師になろう!
    ・花火を作ろう!
 2.化学講演

f:id:bunseki:20130131181130j:imagef:id:bunseki:20130131181117j:image
f:id:bunseki:20130131181111j:imagef:id:bunseki:20130131181104j:image
実験室でたくさんの実験をしました。


今日参加者は高校1年生ばかりのため、もともと
化学者になりたい!」という強い思いを持った方
ばかりが集まっているわけではなく、
化学者って何?」「化学世界ってどんなの?」などと、
化学に対してビギナーの人たちが中心です。
実際、生徒さんにインタビューをしたところ化学はまだ履修を
していないとのことでした。だからこそ目の前で
起こる一つ一つの化学反応に興味津々のご様子で、
化学講演についても熱心に聞いていただくことができました。

実験中はワイワイと楽しそうに取り組んでいました。


実験後にアンケートを見てみると…、
「進路を決める上で仕事の内容が理解できました!
機会があればまた参加して、いろいろ体験したいです!」
化学の中にもいろいろな分野があって
将来の選択肢が増えました。」など
化学について、また仕事について理解を
していただくことができました。

本格的な進路決定まではまだ時間がありますので、
これからいろいろな職業について検討されると思います。
その中で、驚きと、ワクワクと、そしてやりがい
たっぷり詰まった化学者という仕事
選択肢の一つに加えていただけると嬉しいです。
生徒のみなさん、今日をきっかけに様々なことに興味を持ち、
是非とも自分の将来の可能性を大きく広げて下さいね

今回もたくさんの笑顔もいただきました!

本校では、これまでに化学に対して「楽しい!」と思い、
「すごい」と思っていただくことを目的にたくさんの方を
お迎えし、実験会を開催してきました。
今回の職業体験バスツアーでも本当に多くの数の笑顔
いただくことができました。
化学は人の役に立つ。化学は人を笑顔にできる」
ということを皆さんに知っていただくため、
化学笑顔プロジェクト」が進行しています。
化学笑顔プロジェクトサイトこちら!』
今日実験会中も、「化学笑顔プロジェクト」に
掲載させていただく「笑顔」撮影させていただきました。

f:id:bunseki:20130131181318j:imagef:id:bunseki:20130131181312j:image
f:id:bunseki:20130131181306j:imagef:id:bunseki:20130131181052j:image
f:id:bunseki:20130131181059j:image



本日実験会を通して
化学でこのようなことがしてみたい」
化学でこれならできるかも」という
『夢』を書いてもらいました。

その一部を紹介します。
「今では治らない病気の薬が作れるといいな。」
長生きできる薬が作れるといいな。」
「新しい元素を見つけたい!」
と『夢』を書いてくれました。

夢が叶うように頑張りましょうね!

今日楽しいひと時を、本当にどうもありがとうございました!

by ぱすた

Connection: close