日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2013-02-28 「化学者」のお仕事って何?

こんにちは!ましおかです。

 本日アビー先生と私は大阪の興國高校に伺い、職業体験学習の開催に参画してきました。
世の中にはとても多くの「仕事」がありますが、
選択する際、どうしても自分がそれまでに見聞きして
知っている職業の中から選んでしまいがちです。

そこで、様々な専門学校大学の先生方がブースを開き、
それぞれの専門分野がどのように職業とつながるのかを
職業体験を通して理解していただこうというものなのです。

 我々が担当したのは、「環境バイオテクノロジー」分野です。
漠然としかイメージされていない「環境バイオテクノロジー化学者」という仕事
社会でどのように活躍しているかを知っていただくため、
簡単な化学実験化学講演を実施しました。

以下のようなプログラム実施させていただきました。

 1.気軽に分析化学者体験!
    ・分析化学マジシャン食品成分の分析
    ・納豆魔法手紙を書こう

 2.化学講演

早速、実験開始!

まずは身近なものを使って簡単にできるマジックをしました。
緊張気味だった生徒の皆さんも、目の前で起こる変化に驚き、
良いリアクションをいただきました。
リラックスした雰囲気になったところでそのマジックを応用して、
いくつかの食品の成分を分析する実験に移行しました。
実験そのものは手軽ですが、
まさに「分析化学」を体験するのにはうってつけの実験なのです。

f:id:bunseki:20130301064459j:image:w360f:id:bunseki:20130301064454j:image:w360
f:id:bunseki:20130301064446j:image:w360f:id:bunseki:20130301072743j:image:w360
f:id:bunseki:20130301072535j:image:w360f:id:bunseki:20130301061317j:image:w360

その後、「環境バイオテクノロジー」の勉強技術が、
どのような職業につながっていくのかというテーマで講演させていただきました。
実験で「化学」の体験をしたからか、生徒の皆さんはとても熱心に聴講されていました。

f:id:bunseki:20130301061311j:image:w360

たった一時間職業体験ではありましたが、
化学の楽しさと、それによって関わることの出来る仕事の分野の広さを
理解してもらえたようでした。

生徒さんの感想の一部を以下に掲載いたします。
 
 ・突然色が変わって驚いた。
 ・分析化学はとても広い分野の仕事に関わっていると分かった。
 ・他の食品分析してみたい。
 ・化学者はいろいろなところで活躍していると分かった。
 ・他にも化学実験をしてみたい。
 ・とても楽しかった。参加してよかった。

本日参加いただいた生徒さんは高校1年生。
進路決定までには、これから様々な選択肢が出てきます。
正しくたくさんの仕事を知っていただき、自分に合った仕事を選択してほしいと思います。

by ましおか

Connection: close