日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2013-12-13 「分析化学」で拓く未来

最高の結果を、一番伝えたいみんなに報告!


昨日行われた
一社大阪府専修学校各種学校連合会主催の
『19才のプレゼンテーション』にて、
本校学生が大阪府知事賞を受賞!

その余韻が続く中、今日はその
『19才のプレゼンテーション』での快挙について、
2年生以上の学生全員の前で改めて報告されました。
(『19才のプレゼンテーション』についての詳細や、本校学生の活躍についてはこちら→http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20131212

f:id:bunseki:20131214093238j:image
昨日は、化学への思いや
「分析化学者として社会に貢献したい!」という思いなどをプレゼンし、
見事に大阪府知事賞に輝いた
2年生命バイオ分析学科の金子さん。
学生みんなの前で改めて表彰されると、
少し照れくさそうです。

f:id:bunseki:20131214093237j:image
かりめろ校長からは
「今回はみんなが受賞したのと同じ」と、
今回金子さんのプレゼンテーションを支えてくれた
2年生以上の学生スタッフに労をねぎらいました。
また、プレゼンテーションが行われた昨日は、
卒業研究が行われており、
金子さんを含めた学生スタッフが抜けた穴を、
他の学生が協力して補いながら、研究が進められていました。
つまり、
他の大勢の学生の協力があっての受賞でもあったのです。金子さん以上に、
他のみんなの方が誇らしそうに
受賞報告を聞いていたようにも見えました。
昨日、今日の経験を、
これからの人生に是非活かしてほしいと思います。
(受賞報告の様子はツイッターでも→https://twitter.com/bunsekikagaku

そして実は、
『19才のプレゼンテーション』での本校学生の入賞は、
昨年に引き続いての2年連続!
またそれは他の専門学校は一度も成し遂げておらず、
本校が初めての2年連続受賞であったとのことです。
この「伝統」を、
次の1年生達には
是非とも引き継いでいってほしいと思いますし、
期待しています!
(昨年の模様はこちらから→http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20121210

化学でできることって…、いっぱい!八尾市立龍華中学校・出張実験


今日は私とせんぱい先生とで出張実験会に対応しました。
f:id:bunseki:20131214094520j:image

対象は中学1年生とあって、
元気いっぱい。実施した内容は以下の通りです。

1.化学講演「化学者って?〜分析化学〜」
2.体験実験「君も魔法の杖を使ってみよう!『分析化学者体験』」
 ・うがい薬でマジックに挑戦!さらに魔法の杖をGET!
 ・魔法の杖で科学捜査!(1)血痕検出
 ・魔法の杖で科学捜査!(2)指紋検出

化学講演は、
身近な生活を支える製品や環境が
「分析化学」と密接に繋がっていること、
化学」がいろんな職業に繋がるということを知るものでしたが、
みんな椅子をプロジェクターにできるだけ近い所まで持ってきて、
熱心に聞き入っていました。
f:id:bunseki:20131214093507j:image

f:id:bunseki:20131214093506j:image
(熱心にメモを取る姿も見られました)

そしてお待ちかねの実験です。

「うがい薬でマジックに挑戦」では、
色んな食品に含まれる「ビタミンC」を検出する実験
チャレンジしました。
f:id:bunseki:20131214093753j:imagef:id:bunseki:20131214093752j:image

用意された食品のどれにビタミンCが含まれているか、
色の変化で簡単に見分けることができます。
f:id:bunseki:20131214093751j:image
まるでマジックのように、
茶色から綺麗な青色に一瞬で変化していくのを見て、
各所で歓声が上がっていました。
身近な食品を分析し始めると、
「うわー、きれい!」
「思った通りや!」
と色々な声が聞こえてきました。
これが「分析化学」の力、
いわば「魔法の杖」です。

こんな化学という「魔法の杖」を使って、
今度は科学捜査にもチャレンジします!

まず、
血痕検出に使われるルミノール反応の実験
ルミノールに血痕中に含まれる鉄分が反応すると、
ピカッと光ります。
これは化学発光と言い、
昨日の『19才のプレゼンテーション』で行った実験も、
この化学発光の一種だったのです。

今日の実験では、
血液の代わりに、鉄分を含むタンパク質を加えてみました。
すると…、青白い光が!
f:id:bunseki:20131214093856j:image
幻想的な化学発光を前に、
生徒のみなさんのテンションは最高潮
まさに化学の不思議を感じる実験となりました。


そして指紋の検出にもチャレンジ!
ニンヒドリン反応という反応を使ってのチャレンジです。
結果は…、
指紋が赤紫色に浮き出てきました!
f:id:bunseki:20131214093939j:image

この指紋検出の方法は、
紙などについたものを検出するために考えられた方法です。
みんな元気いっぱいで好奇心も旺盛でした。
時間制限ギリギリまで、
指紋検出に何度もチャレンジしていました。

これで彼ら、彼女らももう立派な「科学捜査官」?

f:id:bunseki:20131214094437j:image
最後にアンケートを書いてもらいましたが、
「楽しかった」
実験を体験できてよかった」
というコメントがほとんどでした。
また、
「もっといろんな興味がわきました」
というコメントもありました。
そして、中には
スポーツ選手とかよりも分析化学者のほうがかっこよく思えました」
というコメントも…。
なんだか、少し照れくさいですね…。
しかし、こんなにも楽しんで、
そして化学に対して興味を持ってもらえたのが
何よりもうれしいです!

将来は、ここにいる誰かが、
科学捜査官」そして「分析化学者」として、
社会で活躍し、
そして未来を切り拓いてくれるとうれしいですね。

byあおひげ