日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2014-11-13 三者三様!まさにせんせのブログらしい一日!

高校生東大阪大学柏原高校実験
今日の午前中、東大阪大学柏原高校の生徒さんと
引率の先生が来校され実験会を開催しました。
参加された生徒の方は、初めて着る白衣に戸惑いながらも
積極的実験に取り組まれていました。

錬金術実験では、まるでマジシャンのように銅貨を金貨に変えていきます。
もちろん、本物の硬貨は使えませんので、
お財布の中にある5円玉に近い組成の合金を作りだし、
錬金術師雰囲気を味わって頂きます。
f:id:bunseki:20141114095749j:image

また、DNAを取り出す実験でも、グレープフルーツジュースの中から
白いもやもやとした「DNAのかたまり」が出てきたことに驚きを隠せないようでした。
f:id:bunseki:20141114095727j:image

実験の後は、すくろーす先生が「身の回りにある化学」について講演しました。
f:id:bunseki:20141114095803j:image

参加して頂いた生徒さんには、
普段何気なく使っている「もの」に
化学バイオが深く関わっていることを理解され、
さらには本校にも興味を持っていただけたようでした。

同校の先生方は、本校や本校校長ともお付き合いが
深い先生が多くいらっしゃいますので、
今後もこのような職業教育の機会を通し、
化学バイオへの理解を深めて頂きたいと思います。

在校生!先輩たちから後輩たちへ技術伝承
本校では、学生主体環境委員会が1年に4回、
道頓堀川の水質調査を行っています。
道頓堀川阪神タイガースが優勝したときに
阪神ファンが飛び込むことで有名な川ですが、
環境委員会ではその水質調査平成16年から10年にわたって続けています。
道頓堀川は泳げるか?道頓堀川の水質調査

阪神タイガースクライマックスシリーズ
日本シリーズに進出したあたりから、
若者が飛び込むことを想定したマスコミからは、
ひっきりなしに取材電話がありましたが、
本業教育活動にも支障が出かねないと判断し、
大半の取材はお断りさせていただきました。

道頓堀川での採水は今週土曜日に行いますが、
その前に採水したサンプルの測定試薬の準備や
採水に持参する器具などの準備を行いました。
今回は今年3回目の水質調査で、採水した水質の分析を行うことはもちろん、
2年生から後輩である1年生への技術伝承目的に含まれています。
f:id:bunseki:20141114095850j:image

2年生に教えてもらいながら、
実験操作をする1年資源分析化学科のMくんからは、
「もともと水質調査に興味があって本校に入学しました。
先輩にこのように教えてもらったことを自分継承し、
後輩に教えていきたいと思います!」と力強いコメントが。
f:id:bunseki:20141114095845j:image

また、生命バイオ分析学科のNくんは、
「先輩達もさらにその先輩達から継承された技術ですから
その技術伝統を大切に後継したいです!」と語ってくれました。
f:id:bunseki:20141114095840j:image

普段、授業や実験を教えている、私、バッテンから見ても、
「2年生の1年生に対する実験を教えている方法はとてもわかりやすく、
丁寧にしているなぁと感じるとともに、これが本校の伝統!」
と感じました。

明日も水質調査の準備は続きますが、
本番に向けてしっかりと準備をして下さい。

卒業生!学んだ分野で活躍中!
私、バッテンが入校してから10年が経とうとしていますが、
私が新米教員であった時に2年生であったMさんが訪ねてきました。
当時Mさんを指導したかりめろ校長とすくろーす先生との3ショット
写真中央に立っているのが、卒業して約8年ぶりに本校に来たMさんです。
f:id:bunseki:20141114095901j:image

現在は、製薬関係企業活躍中とのこと。
彼女は主に錠剤の溶出試験に携わっているそうで、
例えば、一口に薬と言ってもさまざまな形のものがありますが、
その薬にとって、どのような形状が相応しいか、
色々な角度で検討する、いわばお薬の設計士のような仕事に関わっています。
本校で学んだことが卒業しても役立っていると話してくれました。
 
さらにMさんは一児の母!
結婚出産しても女性がしっかりと働いている姿は、
私の目からも頼もしいと感じました。

また、私のことも覚えていてくれて、
「先生、大きくなりましたね!」という言葉とともに、
お腹を触られた時には苦笑しました。

これから進路を考えようという高校生との触れ合い、
卒業が近づいてきた2年生から下級生への伝統継承
さらには、本校で修得した技術を活かし活躍する卒業生と、 
さまざまなシーンに立ち会いましたが、
これこそ、学校という場と先生という仕事だからこそのなせる技。

まさに今日は、「せんせのブログ」ですね。

by バッテン

Connection: close