日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2015-06-18 「焼肉のにおい」について取材協力!&兵庫県立西脇工業高校出張実験

新聞の人気コーナーから取材を受けました


昨日のブログでご紹介しました朝日新聞の夕刊の掲載記事はご覧頂けましたか?
実は本日、新聞社の方にお送り頂いた新聞が届き、
またブログでの掲載を了承致しましたので、ご紹介しましょう。

新聞の2面を開くと、本校学生と一緒に鶴橋駅付近で先日撮影した写真が、
かなり大きく掲載されていました。
f:id:bunseki:20150619110058j:image

今回の依頼は、『まだまだ勝手に関西遺産』という人気の連載コーナーで、
実験したい!と依頼されたのは、

鶴橋駅周辺の焼肉のにおいを嗅ぎながらご飯を食べると、
 焼肉定食のような感覚を味わえるか?」

という、かなりシュールなもの。

写真撮影は、夕刻、大変人通りの多い鶴橋駅周辺で行われました。
新聞記者さんとカメラマンさんの要請で、
学生たちは白ご飯を手ににおいを嗅ぐポーズを、
私はサンプリング装置で焼肉のにおいをサンプリングするポーズを
とることになりました。

しかし、いったいどうしてこのような取材が舞い込んできたのでしょうか?

事の発端は、私が指導していた卒業研究「大阪のにおいに関する研究」が
数年前にメディアに掲載されたことにあります。
この研究では、大阪を代表するような街のにおいをテーマに
様々な場所でにおいを採取し、分析を行っていました。
その中で、「鶴橋駅周辺の焼肉のにおい」も例にもれず、
大阪を代表するにおいとして挙げていたのです。

そして、今回、大阪文化ひとつになっている
鶴橋焼肉のにおい」
を取り上げたい・・・と思っておられた記者さんが、
たまたま上記の記事を目にされ、
焼肉のにおい」のことならこの学校に聞けば分かるのでは?
ということで、問い合わせを頂くことになりました。

そこからどうして、前述のようなシュールなテーマで実験を行うことになったのか?
そして、実際に白ご飯をそうした状況で食べた結果ははたしてどうだったのか? 
ということついては、朝日新聞の夕刊でご確認ください。
なお、夕刊が手に入らないという方は、
以下のURLから無料登録の上、電子記事をご確認頂くか、
写真と同じように鶴橋駅周辺で実際にご飯片手に実験をしてみて下さい(笑)。
http://www.asahi.com/articles/ASH6256YZH62PTFC00P.html

兵庫県立西脇工業高校出張実験会!


平成21年度から毎年高校からお声掛け頂いて行っている実験会ですが、
今年も行ってまいりました。
担当したのは、私とぽてと先生。
本日と来週の木曜日の2日間共、この二人で担当します。

対象となる生徒さんは高校1年生。
ついこの間高校に入学したばかりということで、
まずは、身の回りにあるすべてのものが実は化学バイオに関係しているということを、
化学ふしぎ発見!』というどこかのテレビ番組タイトル
極めて近いテーマ名(笑)でご紹介しました。
さらに、分析化学の技術があったからこそ、
こうした豊かで便利な世の中が実現できたということや、
分析化学を学んだ先にはどのような進路があるのか?
ということについてもご紹介しました。
f:id:bunseki:20150619110153j:image

講演の後は、お楽しみの実験です。
まずは『犯罪捜査で用いられる化学分析指紋の検出〜』という実験
化学反応を用いた犯罪捜査は様々な刑事ドラマで登場し、
中には特殊な薬品を使ったものもありますが、
今回は、実はご自宅でも出来る実験を行いました。

やり方は簡単。
コピー用紙に指紋をつけ、ヨウ素溶液の上にかざすだけ。
すると、下の写真のように、みるみるうちに指紋が浮き出てくるのです。
f:id:bunseki:20150619110148j:image
(ビーカーの中に入っている紙の下部に浮き上がっているのが指紋です。)

次は、『納豆秘密手紙を書こう!』という実験で、
これも家庭で出来る、ヨウ素でんぷん反応を利用した実験です。
必要なものは、デンプン納豆胃腸薬とうがい薬。
生徒の皆さんには、お隣さんには内容を内緒にして、
それぞれ手紙を書いてもらいました。
f:id:bunseki:20150619110141j:image

皆、思い思いの手紙を書いていましたが、今日の傑作はこちら↓
f:id:bunseki:20150619110106j:image

実はこれ、男の子が男の子に送った秘密手紙です。
愛が溢れているではありませんか!(笑)

実は、実験はあと2テーマ行ったのですが、
私が担当した実験は上記2つ。
ぽてと先生が担当された残り2つの実験は、来週ご報告して頂くことに致しましょう。

たった数時間ではありましたが、
「説明をしている人の話を集中して真剣に聴き、
 実験の時には心から楽しみ、また、慎重に行う操作については、真剣に!」
というメリハリがとてもハッキリしていて、
非常に気持ちの良い生徒さんばかりでした。

f:id:bunseki:20150619110131j:image
(↑ジュースを使ったぽてと先生の実験を楽しんでいる様子。中央の生徒さんが・・・(笑))

f:id:bunseki:20150619110114j:image
(↑試薬を分注している様子。真剣にやっています。)

来週もお邪魔しますが、次はどんな生徒さんと会えるかなぁ?と思うだけで、
とてもワクワクします。お楽しみに〜。

by すくろーす

Connection: close