Hatena::ブログ(Diary)

no pain,no gain

QLOOKアクセス解析

2013-12-24

RS乱数 ドイツ産 色マスボ徘徊ラティアス

RS徘徊ラティの乱数は、できるのか?と疑問に思ったので記事を漁ってみました。
外野席さんの検証に色々と書いてあったので参考にさせて頂きました。

とりあえず結果から

f:id:buster_poke:20131223232056p:image
このように光らせることが出来ました。

f:id:buster_poke:20131223232055p:image f:id:buster_poke:20131223232054p:image

ステータスはご覧のとおり。
ID調整に関しては既存のROMを使用したのでこちらになります↓
http://d.hatena.ne.jp/buster_poke/20130810

RS徘徊ラティの特徴として性格とHPはリスト通り。
Aは上位2bitが0になり、00000~00111の範囲なので『0〜7』になります。
ちなみにこれはリストから計算することが可能です。

リストの攻撃の個体値がNとします。
攻撃の個体値はNmod8になります。modってのは8で割った余りって意味らしいです。
PCの電卓にも『mod』のボタンがあるので簡単に計算することが出来ます。

BCDSの個体値は全て『0』固定です。


ここで疑問に思うのが、個体値の書き換えが行われてるなら性格値とかも変わってくるのではないか?ということ

んで、記事を読んでみたところそんなことは無く、リスト通りのようです。

TID:00000/SID:09124
フレーム:18188F
性格値:A21081B3
性格:おとなしい
個体値:8-13-21-22-5-17

ですが個体値は書き換えがあるので、H:8、A:13mod8=5、BCDS:0
なので、『8-5-0-0-0-0』です。ステータスから分かりますね。

どうせゴミ個体になるので、待機時間が一番短くて光る個体で乱数しました。
↑ここ重要()


ちなみに個体の決定タイミングはテレビを見終わるときです。

個体値がアレなので実用性は皆無です。
エメラルドの徘徊をやるか南の孤島で捕獲したほうがいいでしょう。

今回のはネタ的なものなので( ´◔ ‸◔`)