らくさん

2011-08-06

nukIM@S-2 を 64bit Windows で使用する方法

(nukIM@S-3ではありません。nukIM@S-2です。)


64bit Windowsで64bit版のJavaインストールされていると、32bit版JavaインストールされていてもnukIM@S-2を使用することができません。64bit版Javaを削除すれば使用できるようになるのですが、それでは他のソフトで64bit版Javaが必要な場合には困りますので、64bit版Javaインストールされた状態のままでnukIM@S-2を使用する方法を説明します。

f:id:butyricacid:20110806225428p:image

2009-07-12

Java for Mac OS X v10.5 Update 4 を適用後、nukIM@S-2 が動かない


アップデートしてなかったので、Mac初心者さん、ナンジャラPさんからコメントを頂くまで全く気づいていませんでした。

「情報を見る」で出てくるウインドウで「32ビットモードで開く」にチェックすると解決するはずです。

Java for Mac OS X v10.5 Update 4 適用後に.dmgから展開したnukIM@S-2には、32ビットモードで開くがはじめからチェックされてるようなので、既存のnukIM@S-2を一旦削除して.dmgから展開しなおしてもよいです。

ただ、Mac初心者さんの場合は微妙に症状が違うようにも見えるので、これだけでは解決しないかもしれません。


f:id:butyricacid:20090712221741p:image:w100

2009-07-06

七夕

七夕革命からちょうど1年だなぁと感慨にふけっていたらトラックバックが来ていたので、そのお返事など。


 また、背景やイラストの追加の可能性については今のところなんのアナウンスもないのですが、これもニコマス界隈が培った技術で切り抜きや編集をしてくる人たちが出てくるかも知れませんね。ところで、ざっとみたところブルーバックモードのようなものは用意されていないのでちょっと切り抜き作業は大変かも知れないな、と思ってふと思い出したのですが。

アイドルマスター ダンス自動抜きツール「nukIM@S」公開 - らくさん

ニコマス三大悲劇とは (ニコマスサンダイヒゲキとは) - ニコニコ大百科

 ちょうど1年前。七夕革命として知られる、アイドルマスターLiveForYouのブルーバックモード発覚によって埋もれてしまったこのツールの出番が今まさに来たんじゃないんでしょうか。自動抜きツールは他にもあるかもしれませんが、なんだかちょっとした巡り合わせを感じなくもないですね。

CGMツールとしてのProject DIVA - 未来私考

これ、わりと簡単に抜けるんじゃないですか? Project DIVAは未プレイなので、GiGirさんや敷居さんの記事やニコニコ動画に投稿されている動画を見てわかる範囲での考えですが、モデルの表示/非表示ができるようなので、モデルを表示したPVと非表示にしたPVを、他の設定は全く同じにしてキャプチャすれば、差分抜きで余裕だと思います。同じカメラ設定でも毎回カメラワークが微妙に違うとかのランダム要素があると駄目ですが。

衣装と背景の色が似てるところが抜けすぎてしまうときは、別のステージでもう1セットキャプチャして抜いたのを重ねればほぼ奇麗に埋まるだろうけど…そこまで手間をかけるほどのものではないか。面倒なことするくらいならMMDの方がいいですね。

差分抜きはnukIM@S-2の差分抽出フィルタや、ぼんごれPのImasNuke2とかAviSynthとか他にもできるのあると思いますが、それぞれ特性が異なるのでDIVAにはどれがいいか、そのうち誰か実験してくれるでしょう。私はPSPをキャプチャできる環境が無いので…

2009-04-04

nukIM@S-2で処理する素材を事前に加工する場合の注意点

※↓の動画はMacに関するものですが、以下の注意点はMac/Winどちらにもあてはまります。

動画をnukIM@S-2のコミュ抜きフィルタにかけます。
いらない部分は、事前に「MPEG Streamclip」などで
消去・クロップしておくと処理が軽くなります。

(3:17付近)

はるゆきと学ぶMac 第6回 紙芝居作成編 by ポリカ アイドルマスター/動画 - ニコニコ動画

nukIM@S-2で処理する素材を事前にクロップしてしまうと抜きの精度が落ちてしまう場合があります。

765comm@nd用の3つとコミュ抜き、衣装選択画面抜きフィルタは、読み込んだ素材の縦方向のピクセル数を元にして内部パラメータを決定している*1処理があり、キャプチャした素材の上下方向を事前にクロップしてしまうと不適切な内部パラメータで処理されてしまうためです。

処理を軽くする目的でクロップするのであれば、nukIM@S-2内でクロップフィルタを使うことをおすすめします。


あと、ノイズ除去や色補正なども事前にはしない方がいいかも。これらの処理を事前に行うと、抜くのに必要な情報が失われてしまうかもしれません。まぁ一概には言えないので実際にやってみてどっちがいいか各自判断してください。

*1d:id:butyricacid:20081210 で少し触れてる「ぼかしの範囲」が箱○の出力解像度によって異なるため

2009-04-03

nukIM@S-2 ver 0.1.12

春香、誕生日おめでとう!


2009/04/03 ver 0.1.12

  • MacOSX版のCUDA対応
  • 出力中の進行状況を表示するダイアログに「隠す」ボタンを設置(Windows版のみ。MacOSX版はアプリケーションメニューから隠すことができます)
  • 画面に表示中のフレームをクリップボードにコピーする機能を追加(編集メニュー内の「現在のフレームをクリップボードにコピー」)

ダウンロード: http://kuramo.ch/nukimas/



MacOSX版でCUDAを有効にすると、Mac mini (Early 2009) ではむしろ少し遅くなることが多いようです。でもCPU負荷が少し下がるので、出力中に他の作業などしているとすぐ逆転します。miniの場合はCUDAを有効にするかどうか微妙ですね。もうちょっといいGPUならたぶん常に速くなると思います。


クリップボードにコピーした画像にはアルファチャンネルも付いていますが、ペースト先のアプリケーションによってアルファチャンネルを維持したままペーストできる場合とそうでない場合があります。WindowsではGIMP2.4および2.6で、MacOSX 10.5ではプレビューでアルファチャンネルを維持したままペーストできることを確認しました。