ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

白夢の徒然なる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-16

寒い 寒いを含むブックマーク 寒いのブックマークコメント

今日は本当に寒かったなあ。雨だから余計にそう感じた。

台風21号 台風21号を含むブックマーク 台風21号のブックマークコメント

ヘタしたら投票日に日本に再接近しているかもしれないらしいから期日前投票しておかないとな。早く投票先を決めないと。うーん、迷うんだよなあ。

希望の党 希望の党を含むブックマーク 希望の党のブックマークコメント

なんか60弱どころか、今の57を割り込む可能性が高そうで。

TVでは「排除する」発言が云々って言ってるけど、それは違うよね。排除すると言っておいて、民進人間を大量に公認したことで期待していた人たちが失望したってだけだと思う。そして、モリカ発言がとどめだな。小池都知事もモリカケモリカケか……とげんなりした有権者が多いはず。

たぶん選挙来年だったら独自候補をしっかり立てて、過半数候補者を立てるために民進に頼るなんてことはなかったと思う。選挙資金問題はあるけど……。結局準備不足がそのまま仇になって小池都知事判断を誤らせたってことかな。

結果的野党ものの見事に割れて自民が大勝する流れに。小選挙区制候補者が一本化できないってのは致命的だもんなあ。

干物妹!うまるちゃんR 2話 干物妹!うまるちゃんR 2話を含むブックマーク 干物妹!うまるちゃんR 2話のブックマークコメント

人の家でなんて盛り上がりを……って台詞が好き。確かにそうだ、なかなかできることじゃないよ。

耳かきはいつも綿棒だから、そんなに種類があるなんて知らなかった……。やっぱモノによっては耳かき気持ちいいのだろうか。

そういえば原作がそろそろ終わるらしい。まあ、ネタがなくなった感が最近は強かったし、話も一気にまとめにかかっている感が強かったから納得。でも、スピンオフがいくつかあったし、今度はヒカリ主人公にしてやるのではなかろうか。

魔法使いの嫁 2話 魔法使いの嫁 2話を含むブックマーク 魔法使いの嫁 2話のブックマークコメント

手紙を送り出す魔法面白かったな。切れ目がシュっと入って鳥になる動きがよかった。……着いた場所手紙に戻るんだろうけど、切れ目も元に戻るのだろうか。

今回はとにかくウーパールーパーみたいなのが可愛かったな。ヴォジャノーイも可愛かったけどさ。チセハグするシルキー可愛いし、なんか妖精たちがどれも可愛い。前回の妖精たちは怖かったが。でも、あれは完全に善意なんだろうな。

そして急展開。わりと迂闊な骨さん。

torovtorov 2017/10/17 03:36 少し晴れてはいたので、期日前投票に行って来ました。で、投票も済ませて、
当然ザ・ピースの格言通り「投票行ったら外食するんだ」なので、まだ少し
家からは遠いのですが、やっとこちらでも5店舗目くらいでオープンした
コメダ珈琲店に。コメダのミルクセーキは容量たっぷりで、味は平均的。でも
なんか和む、といった感じのドリンクに仕上がってました。
(シロノワールは基本シェアして食べるもの、といふ意識があるだけに、もう
一つ頼んだのはミニシロノワールで)

>メインキャラやサブキャラでもないモブキャラの声優ってどう決まるんですかね?
そこは数日前に「つうかあ」のあたりで書きもしたけど、主に音響監督が持ってる
手駒と(いれば演技事務、と云われた頃から存在するキャスティングマネージャー、
ないしは音響制作担当(東映系だと録音担当とか))が折衝して大体決まる。
よく言われるのは明田川仁監督作品の斧アツシとかはつとに知られている、と。
山ちゃんがシティーハンター出てた時は故浦上靖夫監督の手駒が当時山ちゃんと、
長沢君から二代目波平さんまでステップアップしたちゃっぷさん(茶風林)と
実写では渋いバーテンダーとか、アニメでもアイゼナッハとかで美味しいところを
攫っていく津嘉山正種とかを使い回していたので、大概モブの「技ありの一声」は
この3人がいつもクレジットされていたと。
(一応昔の現場を追った映像の中では三ツ矢雄二が音響監督をやってた作品で、
とある話に出てくる回の声優のキャスティング打ちを流している映像があって、
その時は三ツ矢雄二と当時作品についていたネルケプランニングのキャスティング
マネージャーが中心にどの声優(ないしはどのあたりの事務所の声優)を使うか
ミーティングした上でキャスティングを決定していました)
 なおキャスティングマネージャーは声優のケアも主に行ったりするので、この役職を
経た多くの人が声優事務所を興すことはよくあります(ここ数年で話題になったところ
ではマウスのマネージャーだった槇潤が石田彰などを伴って独立し小岩井ことりなどが
在籍しているピアレスガーベラとかアイムエンタープライズの元マネージャーだった
泊(とまり)さんが2014年に設立し久保エリカを一本立ちさせ小倉唯を引き入れた
クレアボイスとかがそれに当たる)。

>藤井四段って今はどうなんだろう……。
一番新しいタイトル棋戦でもある叡王戦の予選(19人参加の四段戦で本戦に出られる
のは1人だけ)で予選突破したとか、abemaの対局で行方八段破ったとか、
そろそろ進路で高校進学か将棋一本にするのか、とかちゃんと王道を歩いているのは
流石かなあと。

>干物妹!うまるちゃんR 2話
>やっぱモノによっては耳かきが気持ちいいのだろうか。
まあ世の中には耳かき専門の医師もいるので、「下手な耳かきは耳自体に良くない。
素人は手を出すな」といふ人もいるんで、一概にはね。
(個人的には耳かきと綿棒を気分次第で使いわける派なのですけど)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20171016

2017-10-15

鬼灯の冷徹 第弐期 2話 鬼灯の冷徹 第弐期 2話を含むブックマーク 鬼灯の冷徹 第弐期 2話のブックマークコメント

マキミキヒーローショー回もしっかりやってほしかったなあ。

極卒体験、やっぱサトウキビで殴るってのが謎の刑だよな。wikiで調べたら「僧達の田畑果樹園、その他彼らに帰属すべき物を焼いた者が落ちる。無数の針が生えた燃え上がる網に捕らえられ、体中刺し貫かれながら燃やされる。矢で射られた後、サトウキビで叩かれる」か。サトウキビで叩かれる前段階で十分なのに。サトウキビ僧侶に何か関係性があるのだろうか。……単に、長さ的に殴るのにちょうどいいだけという理由かもしれんが。

そして、記録課の話。ハゲィさん登場。「あ」は「あ」なのかと悩み始めるという表現が好き。

Fate/Apocrypha 15話 Fate/Apocrypha 15話を含むブックマーク Fate/Apocrypha 15話のブックマークコメント

ジャンヌの隠しもしない贔屓っぷりに笑った。共闘終了後に敵になるわけだから特に理由もなく令呪を2個譲渡とかルーラーとしてやっていいのだろうか。1個譲渡ならまだ分かるんだけどね、ゴーレムを倒すために使った1個の補完ということで。前のルーラー?の天草が好き勝手やってるから、実はルーラーは好き勝手やっていいのかもしれないけれども。

獅子劫・モーさんコンビのシーンだけは面白いから出番を増やしてほしいんだけど、無理なんだろうなあ。

結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 2話 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 2話を含むブックマーク 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 2話のブックマークコメント

この後悲劇が訪れることが確定しているから微妙気持ちで見てしまう。

ブレンド・S 2話 ブレンド・S 2話を含むブックマーク ブレンド・S 2話のブックマークコメント

正直S関連は滑っていると思う。ただ、ちびっこ先輩が可愛いからしばらくは見続ける。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20171015

2017-10-14

宝石の国 2話 宝石の国 2話を含むブックマーク 宝石の国 2話のブックマークコメント

うん、やっぱこれは面白いな。

アバン流星がどうのって、地球に大きな隕石が六回飛来したってことだろうか。月が六つできたとか、要は地球の一部が砕けた? もう人間絶滅した世界なのかな。宝石人間ができるぐらいの時間が過ぎたと考えると、ヘタしたら人類絶滅は数億年前とかかもしれない。いや、そもそも舞台地球ではないのかもしれないが。

1話で色々砕けたかと思ったら、2話で溶ける主人公。いや、これ修復できるの? 予告のなんか水飴みたいなのが復活中の姿だったりするのだろうか。

にしても、急に生物が敵として出てきたな。仏様みたいなのはよく分からない概念みたいな存在のような感じだったのに。

ラブライブ!サンシャイン!! 2期 2話 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 2話を含むブックマーク ラブライブ!サンシャイン!! 2期 2話のブックマークコメント

なんか場面がころころ変わって忙しかったが、まあ楽しかった。中身はないけど、こういう中身がない話を延々やる方がいいと思うんだ。そして、ストーリーを進めようとした最後の方は色々無理がある流れだった。

にしても、入学希望者を100人集めるとか、説明会を中止にした時点でもう絶望的ではないだろうか。

なお、入学希望者の人数ってのは本気で学校にとって死活問題なんだよね。入試を行う場合入試のための金が入り、さら合格者が最終的にどこへ進学するか決める前に入学金をぶんどれる(このことは今でもものすごく問題にはなっているが)。

さらに、入学希望者が多ければ、その事実そのもの学校ブランド力を高め、翌年以降の入学希望者の数に影響する。まあ、中学高校にとって一番大切なのは大学進学実績で、結局はそれが伴わなければブランド力にはならないんだけど。親向けの学校説明会でも一番時間が割かれるのが大学進学実績で、どれだけ「国立」「有名大学」「医学部」「その他理系」に進学させることができたかが大事

そういうブランド力がない学校悲惨。定員割れなんかしていたらものすごく悲惨特に広報担当先生は目が死んでいる。いや、マジで洒落にならない。

キノの旅 2話 キノの旅 2話を含むブックマーク キノの旅 2話のブックマークコメント

なんかものすごくダイジェストだったなあ。まあ、以前もアニメ化された話(そのときは2話使っている)だからってのがあるだろうな。この話をやらないとシズとリクを出しづらいから仕方ないか。

それにしても、リクの声がいい声で笑った。

3月のライオン 第2シリーズ 1話 3月のライオン 第2シリーズ 1話を含むブックマーク 3月のライオン 第2シリーズ 1話のブックマークコメント

なんかぬるりと始まったな宝石の国ラブライブと見て、たまたまNHKを回したらいきなり始まってびっくりした。

この話は好きな回だ。将棋科学部のエピソードはどれもほっこりするし、名人戦甘味話も面白い

それにしても、今回は前よりもシャフトっぽい演出だった気がする。いや、単にあるシーンの零のモノローグ演出が、化物語アララギっぽかったってだけか。

torovtorov 2017/10/16 01:24 ひとまずテアトル・エコーの寮長さん(といふより「御先祖様」)で、
ある意味「下北沢の牢名主」の一人だった槐柳二(さいかちりゅうじ)さんが
89歳で亡くなられたので(代表作は「バカボン」旧シリーズのレレレのおじさん。
「そうさのう」の口癖でも有名だったマシュウ・カスバート「タイムボカン」では
木江田博士「小公女セーラ」ではワイルド医師。世代的には「めぞん一刻」の音無
老人と「幽☆遊☆白書」Dr.イチガキで最晩年の声優仕事にあたる2003年には色々
ベテラン声優が顔を揃えていた「宇宙のステルヴィア」でも一声で槐さんだと
わかるようなターナー博士で出演しておられました。まさしくワンオブゼムの
老人集団の中でも一声で識別できる数少ない声優さんで、そのように出演していた
映画「天空の城ラピュタ」(ハラ・モトロ役で出演)のオンエアされた2017年9月29日死去)
いろいろネットサーフをしていのですが(ま、テアトルエコーの養成所の所長
だったので当然そこで学んでたコント赤信号や田中真弓は勿論、神谷明の大先輩
でもあり、中村有志、野沢直子とかダチョウ倶楽部なども輩出した、ってのは
当然のツリー、と。(最近のテアトル・エコーは山田康雄も納谷悟朗も熊倉一雄も
いなくなり、石津彩おねいさんも結婚後は目立たず、看板が安原義人くらいしか
いないんで「御覧のありさま」なんだけど、このように養成所やスタジオ(アフレコ
スタジオとしても使われたエコースタジオ)を持っていて、かつては発信力があった
ことを偲ばせるワケなんだけど))

 もう少しサーフするともう一人ベテラン声優が亡くなっていて、結局は「技ありの
一声」声優から音響監督に転身した中嶋聡彦(なかじまとしひこ,別名中嶋隊長)が
55歳で死去(9月8日)。といふことで1990年代に主だった作品で必ず確実に声を
聞いてた中嶋聡彦氏が川田妙子とやってた「テクラジ・ゼロ」の回を聞いていたりするの
ですが、まあ本題はこれで(とその前に両名の御冥福を謹んでお祈り致します)。

>3月のライオン 第2シリーズ 1話
>たまたまNHKを回したらいきなり始まってびっくりした。
いやいやいや。ちゃんと前の週に事前特番はやってましたよ(ひふみんこと加藤一二三
九段と零役の河西健吾[マウス]が対談的に出演してました)。

 やっぱり印象的だったのは「ラムネ」。流石に以前「グレーテルのかまど」でも
やっていた(羽海野チカが声だけで出演した回)ラムネに関しての描写は的確かつ
ほっこりと。Cパートでちゃんとラムネを三姉妹が食べるシーンを付けたのもグッド。
ま、今回EDが「甘々と稲妻」のED「Maybe」を歌っていたBrian the Sunが
担当したこともあっていい滑り出し、といふか再始動するにはいい回だったかなと。
(ま、シャフト成分強めなのは・・・、ではあるけれど)

byakumubyakumu 2017/10/17 00:40 自分にとって槐柳二さんといえば木江田博士ですね。中嶋聡彦さんは萌えよ剣の左近。
そういえば全然関係ないですが、メインキャラやサブキャラでもないモブキャラの声優ってどう決まるんですかね?
さすがにモブまでオーディションだとは思えないし……。シティーハンターで毎回のように
チンピラ役とかで出ていた山寺宏一とかどういう流れでやっていたのか気になったり。

事前特番もやってたんですか、知らなかった。そしてひふみん、なんかTVによく出てますね。
そういえばもはや全然話題になってませんが、藤井四段って今はどうなんだろう……。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20171014

2017-10-13

少女終末旅行 2話 少女終末旅行 2話を含むブックマーク 少女終末旅行 2話のブックマークコメント

うん、やっぱ雰囲気がいいな。これは個人的にはかなりの当たりだ。

OPEDがどっちも明るい感じだったのは救われる。あまりハードな展開はなさそう。にしても、まさかOPも登場キャラが二人だけとは。メインキャラは本当にこの二人のみってことなんだな。そして、何より驚いたのがED。あのアニメーション、作者が一人で作ったのか。すげえな、漫画家でここまでするっての初めてかも。シナリオ監修も作者なんだよね。

それにしても、人間以外の生物はもういないって、かなり末期の世界じゃないか。一体何があったんだろうか。

torovtorov 2017/10/14 06:15 とりあえず前日のコメントに関しては「またかいな」と思って一旦寝て
起きてみました。では改めて。

>田中理恵といえば、少女終末旅行2話のEDを見ていたら、音響製作担当になってましたな。
これは完全にBPO案件(いわゆる紛らわしい案件)なので。だから大層姉弟の一人で、
引退し最近だとBSの番組で全国のいろんなもの食べに行くハンターやってる田中理恵と、
札幌の高校出身で私も行ってた代アニ札幌校の先生に相談した上で上京し養成所で学んで
いたら未唯(みい,当時。アニメタルレディーとして活躍しアニメタルのPDと結婚していた。
2004年離婚。2006年からは未唯mie表記の元ピンクレディーのミー)に見出されて、
ドラマチック・デパートメントに所属し「デュアル! ぱられルンルン物語」真田三月役で
デビュー。後にかないみかと離婚した山寺宏一と再婚した声優の田中理恵と、
音響制作会社マジックカプセルに所属し、何人もの声優が別人であるのを何度も確認しに
やってきたとも云われる「SHIROBAKO」の音響制作中田恵理の実モデルにもなった
「少女終末旅行」の音響制作担当も担当している音響制作の田中理恵は全て同姓同名の別人。
一応Wikipediaは(声優)(体操選手)には個別項目を設け、上記の田中理恵様に関しては
項目を設けていないが(音響技師)と区別されているので注意されたし。

といふことでもう少し長文に付き合っていただくと。

>赤ずきんチャチャが一つのきっかけなんですか
まあその後の「りりかSOS」の時が分水嶺で田中一也音響監督が独り立ちするまでは
蜜月状態だったのですが、「こどものおもちゃ」の時に音響監督で揉めた大地監督に振り回されて
数奇な運命を辿る声優が多発するのよねえ(だからそれまで実質声優は日高のり子と
三ツ矢雄二にリアル雪女な富永みーながいるくらいで鈴木真仁その他大勢のフリーアトムを
どう誘うかすさまじく不安な「出航」が「こどちゃ」の時に起こったと。実際音響監督を
すげ替え続けた(記録だと音響効果が3回交替しており、音響監督不在で大地監督がディレク
ション(かつアクターで)やってた時期もあったという)「こどちゃ」のアフレコは
KSSスタジオなど2−3回スタジオを流転しつつ結局はタバックに落ち着いてそこまでに
様々な振り落としが行われた、と。そんな中でやってた仲尾あづさが劇団扉座の人だったり
(後に六角精児が頭角を顕す小劇場劇団)その縁で八嶋智人は初期「こどちゃ」に出るけど
出られなくなって「こち亀」で堺雅人と社長とバカ息子役で出ることになったり、同事務所
(劇団カムカムミニキーナ)山崎樹範が声優やナレーションで活躍したりと、小劇場劇団
出身の生きる為の糧の場として機能(それで後の声優に対する偏見が取り払われていく
素地を確実に作り、かないみかの父親(金井彰久)が亡くなり西田敏行が青年座をやめて
(2004年)三谷幸喜作品に多く参加するようになってから実質的な「大政奉還」が起こる)
といった小劇場劇団出身の人には有利な状況が声優の世界では優勢になっていくのですが、
その分本来の養成学校出身者にとっては棘の道が続いたわけで。
(特にゼロ年代は声優事務所の変転が多く観られた時期でもあり、声優オンリーの事務所
よりも音楽系の声優事務所が発達し(ハロプロからJTB、AKBに至るまで自覚化が進み
実際活躍するアイドル系声優も増加、ソニー系も珍しく真摯にまとまり「スフィア」を軸に
ミュージックレインなどで成功)、劇団系も含めて三大勢力化していく傾向にあったので
フリーアトムもアルターエゴに行ったり、俳協方面に逃げ込んだり大橋巨泉事務所を経る
人がいたりアーツビジョン社長の淫行事件に絡んで事務所社長がいくつもすげ変わったり、
またその中で新進気鋭の音響監督や声優やマネージャーが新規事務所を立ち上げる、と
いった流れが多発的に発生したのがゼロ年代)

>アルバムやドラマCDに君色思いがが収録されなかったり、香取キャラの出番がなかったり。
ま、でもそれらは色物芸事なんでもありのビクターエンタテインメントだったからこそ、
「姫ちゃんのリボン」「赤ずきんチャチャ(主題歌は。ドラマCDとサントラがスタチャ
だったので沢田聖子バージョン録ったりとこじれたのよね。SMAPのテレ東からメジャー
TV局進出の代償に)」「カウボーイビバップ」に関して言うと良かったんだと思う。
姫ちゃんは川井憲次の音楽もさながら後期のサウンド担当した人がV6などのジャニーズ
音楽に深く食い込んでいたり、「ビバップ」もなんとか1クールテレ東でやったのでその後
日本のジャズのメインストリームに行けてなおかつ代名詞(特に「Tank!」)になったのも
ポケモンピカドンでアニメに対する態度が壊れかけていたテレ東のアニメの中ではかなり
恵まれていた結果を後世に残したようには思えるのだけど。

byakumubyakumu 2017/10/14 22:52 同姓同名の別人ですか……そりゃそうですよね、まだまだ声優業で忙しいでしょうし。
音響関係だから声優ならやるだろうと、普通に本人かと思ってしまいましたよ。
ていうか、田中という日本有数に数が多い名字&理恵という人気の高そうな名前。そりゃ同姓同名がたくさんいるでしょうな。

こどちゃはわりと好きでした。
てか、そんな複雑な背景があったんですね。声優事務所も力関係とか複雑そうで……。
声優の話題をそもそも自分は真剣に見たりしないのですが、声優兼アイドルor歌手で
売っている声優の所属事務所が移転したりとかも、背後で色々な動きがあって面倒そうですよね。

そういや、姫ちゃんのリボンもSMAPでしたね。笑顔のゲンキは結構好きな歌でした。
そして、そうだ、沢田聖子だ。赤チャチャのEDはかなり好きでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20171013

2017-10-12

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 1話 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 1話を含むブックマーク 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 1話のブックマークコメント

元のタイトルは『僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件』。処女ビッチダメなのか……。

なんというか、全体的にいまいちだった感が。下ネタを無理やり笑いにしようとして失敗しているような。生徒会役員共何だかんだで面白いんだなと再確認。あれだ、津田と比べて主人公キャラが弱い。

印象に残ったのはアバンスカート透けと、所々にあったスカートたくしあげ場面転換。

ヒロインとOPの歌は悠木碧か。アホガールといい、なんかこう、ちょっと前に幼女戦記のターニャをやっていたからギャップが……。悠木碧といったらやっぱシンフォギアシリーズ主人公が一番大きな役なんかな。でも、自分の中では夢色パティシエール主人公という印象。キルミンずぅでも、確か主人公やってたっけ。

まあ、そんなことより幼馴染役の声優名前が一番印象に残った。武田羅梨沙多胡って何事かと思ったら、日系ブラジル人なのね。

アイカツスターズ! 77話 アイカツスターズ! 77話を含むブックマーク アイカツスターズ! 77話のブックマークコメント

まっしろまっしろな」という部分の歌詞を聞くと、なぜかしろくまカフェ初代OPの「マ・マ・マハロ」の部分を思い出す。

ひめ先輩は「時が来れば」云々というあたり、太陽ドレスを虎視眈々と狙っているな(`・ω・´) もしくは、エルザも知らない月のドレスみたいなのがあるとか。

このはな綺譚 2話 このはな綺譚 2話を含むブックマーク このはな綺譚 2話のブックマークコメント

柚の◇口を見るたびに、パタリロたまねぎ部隊を思い出してしまう……。あと、簡略絵が紅殻のパンドラを思い出す。

すでに皐が陥落している感。百合漫画ということで、そこらへんは早いのだろうか。

今回出た花咲姉妹は、桜前線妖精精霊ってことかな。姉がしっかりと妹に制裁を与えていたのはよかった。

その桜前線妹が西村ちなみだったな。なんかこの名前記憶に残っているんだよなあと思って調べたら、あれだ、20年ぐらい前のギャルゲーヒロインドリームヒロインの声をやってたんだ。PSのギャルゲーの中ではかなり名作の類だと思う。ヒロイン能力を育成しつつ、オーディションなどを経て立派な女優アイドルなどに育てるという意味では、アイドルマスター10年近く先取りしていたかもしれない。

なお、主人公プロデューサーじゃなくてディレクターとある理由ヒロインに正体を知られてはいけないので、外出するときは占い師の格好をするという不審者丸出しの外見なのが笑える。正体を隠して占い師として接触していくというのが、正体を隠して云々というテンプレ要素があって面白かった。あと、他のディレクター大塚明夫藤原啓治がいてものすごく存在感あったなあ。

ただ、もっと何か自分の中で「これが西村ちなみ!」ってのがあったはずなんだけどなあ。wiki見てもピンとくるのがなかった。

torovtorov 2017/10/13 02:07 さてさてさて、あまりに無体なムチャブリコメントがあるので、やるかどうかは
気分とノリ次第ですが、「つうかあ」の説明不足にもやもやしてた中でガツンと
来たのはやはり「妹さえいればいい。」のアバンでした。あれはまさしく高橋留美子も
師事していた小池一夫の「劇画村塾」の作法に基づいてて素晴らしい。
(よくBSまんが夜話でいしかわじゅんが力説していた通りインパクトのある漫画の
冒頭とは「美女が裸で銀座の街を走ってる」に匹敵しているのかと)
ま、あちらは玉村仁監督なので期待しちゃあいたけど、あれで完全に視聴決定かなと。

ちなみに「このはな奇譚」は悪しき厳冬社だし吉岡たかをのシリーズ構成も基本的には
苦手なので逃げ腰モードですが、でも「おお振り」の廉なんかにも観られるパタリロ口は
やっぱり気にはなる、ってくらいのスタンスで。
>西村ちなみ
基本的にはWEBラジオも長く聴いていたので(葉月絵理乃とのコンビもバランス取って
たし)「ARIA」のもちもちぽんぽんなアリア社長といえば西村ちなみ。1990年代に
限れば4期で「鬼太郎」のねこ娘やったのがインパクト強く、ゼロ年代だと「カレイド
スター」のミア・ギエムが西村ちなみの声優的ポジション(クリエイター的性格+場のとり
まとめ役)に一番近く、キャラとしては「だだだ」の花小町ももかあたりで大地監督作品の
中心声優として地位を確立した感じ、といふ印象。で、時代を貫いているのは「おじゃる丸」
の小町ちゃんで、なおかつおじゃる丸も引き継いだってところが彼女の実力と幅の広さ
なんだろうな、と。

で、やっぱりそれでも旧ではあるけど(実際ゼロ年代に一度破綻して別会社に引き継がれてる)
代アニ出身の人間に代アニ卒業生の声優まとめろ、と言われるのはあまりに無体なので
搦め手の部分(ポイント)だけ。
 代アニもまた東京アニメーター学院などと同じくアニメーターの専門学校(だけどかつては
どちらも無認可校(なので学生証持ってても学割は利かなかった))だったけれども1990年代に
声優タレント科を開設して、たまたま代アニの場合は片岡義朗や三ツ矢雄二などを引き入れて
「赤ずきんチャチャ」が当たり、原宿校にアフレコスタジオを作る、といった一連の流れが
あったので全国的に波及出来た時期があったのが時代の流れの中にあった、ってのがポイント。
なので代アニや東京アニメーター学院出身の人は1990年代以降の声優ないし芸能界志望の
人がある程度コースの一つとして考えるルートの一つだった、ってことなので、この年代以降の
声優のうち養成所出身のコースを辿った人の大半はどちらかの門を叩いてるケースが多いかと。
ちなみにこれ以前になるとアーツビジョンの養成コースはまだ小規模だし、劇団コースでなければ
青二塾かバオバブ学園か通信教育もやってた勝田声優学院出身ってケースが多い。
(ゼロ年代に「くりぃむレモン」を捨てて創映新社を解体した人達が「中間の橋桁」を作って
声優の間口を広くした一方で既存の塾生を圧迫してる、と「それが声優!」の時も話題になってた
アミューズメントメディア総合学院が誕生してここから加藤英美里、羽多野渉、三宅健太、
小林裕介、河西健吾、鹿野優以、伊藤かな恵、朝井彩加なんかを輩出、中途的に入学したのは
小森まなみ、中川亜紀子など。で、落合福嗣もここから特待使って青二入りしたのでいろいろ
言われてる、と。そればかりでは、となったので後に角川と合弁で作ったのがブリドカット
セーラ恵美なんかが所属してるプロダクション・エースね)
 一応同級生の名は伏せる(なにをいまさらだ、が観たらいっちょまえに芸名も名字替えてる
姑息さなんだ)けど、卒アル観たら下屋則子と同期だそうで。田中理恵が相談に来てた先生の
ところでも習ったし、田中理恵のボイスサンプルは授業でも使ってた。それ以前に行ってた
卒業公演で水樹奈々が演歌歌ってたのも観たし、特別授業で来た中で一番良かったし、当時
作ってた声優のデータ渡したのは小尾元政だったな、といふそんな身上話くらいでそろそろ
勘弁して下さい。

byakumubyakumu 2017/10/14 00:57 妹さえは、どうにも自分は相性が悪い感じなんですよねえ。
色々余計な情報を仕入れたせいで客観視できなくなってしまったというか。

ああ、鬼太郎4期のねこ娘でしたね。ねこ娘といえば、5期で「お前誰だ!?」という萌え化を
したのが衝撃的でした。雪女にも妙に可愛いのがいましたね。
5期はものすごく大風呂敷広げて、地獄七大奥義か必殺技やら、各都道府県で選ばれし
妖怪みたいなのがいたりとかありましたが、結局打ち切られたという。

てか、代アニ出身だったんですか!? 初耳な気がする。どこかで書き込みを見逃したのかもだけど。

ああ、やっぱ赤ずきんチャチャが一つのきっかけなんですか。
人気があったためか、74話まで放送されていましたね。声優に新人が多かったのも特徴かも?
SMAPの香取までいましたしねえ。アルバムやドラマCDに君色思いがが収録されなかったり、香取キャラの出番がなかったり。

加藤英美里は息が長いですよねえ、伊藤かな恵も色々やっていますが自分の中ではプリパラのめが姉ぇの
印象が強くなりすぎたかも。って、ちょっと調べてみたらしゅごキャラのあむだったのか。
下屋則子、声優デビュー作、エイリアン9か!? DVDについてる冊子(というか1枚のペラ)では
キャラクターのコスプレ写真とインタビューがのってますよ。いや、この人だけでなく
メインキャラの声優3人はコスプレ写真インタビューやってるんですけど。

田中理恵といえば、少女終末旅行2話のEDを見ていたら、音響製作担当になってましたな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20171012