ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

白夢の徒然なる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-10

アイカツフレンズ! 6話 アイカツフレンズ! 6話を含むブックマーク アイカツフレンズ! 6話のブックマークコメント

今回も面白いな、どうなっているんだと逆に不安になってしまう。かなり詰め込んだ構成なのにライブまでやりきって驚いた。

エマは見た目に反してかなりお姉さんキャラだったな。ゆず系かと思ったけど、ゆずが面倒見が同じくいいけれども言動エキセントリックなのに対して、外見は妹キャラのようだけど周りをしっかりと見ることができているし将来の目標も今からしっかり見据えているかなり骨のあるアイドルだ。舞花舞花ポンコツかな?と思わせておいて、めっちゃうまいダケのことを方便と見破るあたりの洞察力がある。

……それに対してみおがやばいことに。友達がいなかったキャラが、友達ができたことによって距離感が分からずに戸惑う、その友達が他の友達をたくさん作っていてやきもきする、さらにアウトドア系のノリについていけずぼっちになる、などを一気に詰め込む欲張り仕様

よく考えたら、あいねは「目指せ友達百万人!」を公言して横のつながりを積極的に増やしていくのに対して、みおが目指すのは究極のフレンズみたいな感があって、もしかしたらそれはある意味閉じた二人だけの関係性のようで、あいねのそれと対極……は言い過ぎとしてもいずれ対立することがあるかもしれない。

それはそれとして「ココはダメな子です〜」と逃げ帰るココが可愛かった。

ラストピリオド 5話 ラストピリオド 5話を含むブックマーク ラストピリオド 5話のブックマークコメント

前回の予告で想像できた内容を本当にそのままやって驚いた。一応ソシャゲーの販促アニメだろうにここまでガチャ否定している話でいいのだろうか。やっぱりガチャは悪い文明だな!

ま、ゲームでは10ガチャが☆4以上一つは保証みたいなことを言っていたし、アニメだと厳しい仕様だけどソシャゲーの方はひどくないよーと言いたいのかもしれない。

それにしても相変わらずワイズマンがいいキャラだなあ。最初は☆1連発のハルを笑っていたのに、すぐに笑えないという感じで心配していたし。

torovtorov 2018/05/11 15:11 ま、グリーンチャンネルは農林水産省管轄関連、といふか「アグリネット」関連と
「レーシングネット」関連を合わせてのチャンネルだからグリーンチャンネルなんだけどね。
最近は再放送枠で無料放送もいくつかあるからたまに観るもので。

では前段を軽く済ませて本題。

>アイカツフレンズ! 6話
>今回も面白いな、どうなっているんだと逆に不安になってしまう。かなり詰め込んだ構成なのに
確かに蛇足の出やすいスタジオダブ回なんだけど、そこは登場キャラを過不足なく使い切る
ことで有名な大知慶一郎脚本。こまかいキャラもフルパワーで活用することで流石の完成度を
誇っておりました(ちゃんと今メイン担当してる「ヒナまつり」の主役ヒナの◆田中貴子[マウス]
まで女の子役(スーパーの中で出てくる子)でフル活用する素晴らしさ、完璧)。

 やっているのは「アイカツ」シリーズでお馴染みの山登り回とかなんかで使われるキャラ総括回を
初の4人全員集合でやらかす、といふ結構斬新なコンセプト(シノプシス)。でもそこは手慣れた
脚本とルーティーン(それってアイカツか?を含む)のなせる技。「既に三バカとツッコミの図式が
出来上がってる」って指摘もあった通り、4人の位置関係がはっきり整頓されてるのはお見事。
(まあ大知慶一郎脚本なのでBBQで「大人の女の会話モード」で残念さをアピールしてた
中原麻衣なマネージャーといかにもサトリナな千春さんまでがやけに刺さるのも笑ったんだけどね)

>エマは見た目に反してかなりお姉さんキャラだったな。
これを新人声優に仕込むのに観察モードに持っていかせた菊田音響監督の手腕もさることながら、
>ポンコツかな?と思わせておいて、めっちゃうまいダケのことを方便と見破るあたりの洞察力
をこの中で一番芸歴の長い舞花役◆美山加恋(ホリプロ)に振る采配と差配がこれまたお見事。

>みおが目指すのは究極のフレンズみたいな感があって、もしかしたらそれはある意味
友達百万人←→無二の親友
といふ対立構造、って言われてたヤツですな。まあある意味ちゃんみおがやってたロールプレイは
「ポケモン、きみに決めた!」モードではあるので、この振り幅がちゃんと「ワンフォアオール、
オールフォアワン」に治まれば「ベストフレンズ」の道が開かれる、になってくといいのですけど。

やっぱりいろいろ詰め込んでもそこはペン様の経過ワンショット(フリップ)を多用したり、
定型のお約束をテキパキ見せることでちゃんと盛り沢山でも捌けるものなんだな、と感じさせられる
ところは流石に「アイカツ」シリーズの6話なのでした(ちなみに初代は綾奈ゆにこ脚本でサイン会
話だったし)。

byakumubyakumu 2018/05/12 07:32 ああ、それらを合わせてグリーンチャンネルですか、なるほど。

あの女の子はヒナ役の子でしたか、それは気づきませんでした。
確かにキャラ総括回の雰囲気でしたが初めて4人集合する回でそれと同じ雰囲気を自然に
醸し出していたのが印象的でした。大人の方も台詞が少ないながらもキャラ立ちさせる
ような意図的な演出でしたし。
そして初代はあのサイン会でしたか。あの回も印象的でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20180510