ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

白夢の徒然なる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-21

revisions リヴィジョンズ 1・2話 revisions リヴィジョンズ 1・2話を含むブックマーク revisions リヴィジョンズ 1・2話のブックマークコメント

今期なんか多いCGアニメ。そして変わった試みよしNetflixだっけ? そこですでに全話公開されているらしい。

これは面白い漂流教室ダイソードだと学校だけの転送だったが渋谷がまるまるやばい未来に送られたと。そしてリヴィジョンズなる敵に対抗できるロボットに乗れるのは主人公たちだけという、子供が行き過ぎた力を持っているあたりはリヴァイアスも思い出す。とはいえミロという存在と、意外と有能な区長警察がいるからマシではあるか。

とにかく主人公感情移入させないように作られているよね。俺は英雄だ! だから特別扱いしろ! みたいな、普通なら序盤でやられる脇役っぽいキャラだ。増長の仕方が半端ない近いうちに思い切り痛い目をみそうだ。そして反省してようやく主人公らしくなるパターンだな。ただあの状況下でも人命に関してかなり配慮していたから悪い奴でないことは間違いない。

で、リヴィジョンズの幹部っぽいのは人型だけど獣耳だったりして普通人間じゃない。そして人間を救う云々言っていて、あのシヴィリアンかいメカ人間を回収しようとしていたことを考えると、過去渋谷を丸々転送させたのはこいつらの仕業でその時代人間の何かを必要としているという感じ? 遺伝子汚染が進んで汚染前の遺伝子が欲しいとか?

とにかく続きが気になるタイプの作品だ。そのぶん謎が明らかになる後半がダメだと一気に駄作認定されるパターンでもある。正解するカドとかそうだったなあ……あれもCGアニメだったなあ……。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 2話 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 2話を含むブックマーク かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 2話のブックマークコメント

ここらへんで「あれ? 会長ひょっとしてポンコツじゃね?」ってのが分かるんだよね。カナヅチ、虫が苦手、その他たくさんダメなところがあってよく高校でボロを出さずにやってこれたなと。まあそれ以上に美点があるからというのはあるけど。そのことがらみで藤原書記が盛大に巻き込まれていく一連の話ができあがってそのシリーズが一番好き。アニメだと二つぐらいしかやれなさそうだけど。

ゲゲゲの鬼太郎 40話 ゲゲゲの鬼太郎 40話を含むブックマーク ゲゲゲの鬼太郎 40話のブックマークコメント

さら小僧の話は3期のやつをよく覚えている。もっと規模が大きくてあの歌は河童全体で大切にしていた歌とかだったっけ。鬼太郎最初河童側だったけど、人間側に入院中の娘を励ますために大賞を取らなければ云々という事情があって結局人間側に味方。なんやかんやで河童も一緒に出ることで合意したけど肝心の河童が超絶音痴で全ておじゃん。でも娘はリハビリを頑張るみたいな、まあこれが落としどころだよなって感じだったかな。

4・5期は記憶にないけど、調べてみるとそれぞれ歌に仕掛けがある話みたい。

で、6期は完全にダーク路線。6期の鬼太郎でたびたびやるタイプの話で、個人的にはこういう話をもっと見たいかな。ねずみ小僧さりげなく核心をついたことを言っているし。ネタがすべる、二度目のブレイクが崩れ去る恐怖に耐えかねて家族との絆よりも栄光を求めた自分勝手芸人最後自業自得破滅してしまったが、そんな芸人気持ち人間の弱さが分かりやすく描かれていたのが好感触。愚かな人間描写するやつでも「自分勝手だけど、うん、分かる……」という感じがなんとも。

torovtorov 2019/01/22 13:14 ここんところ「ああしやごしや」の状態になっていたのもあるけど、なかなか
コメントするには焦点といふかコメント出来る標的(ターゲット)になる部分が
少なそうな書き込みが続いてたので、そろりそろりとこの辺で。

>五等分の花嫁……マガジンアニメは相性悪いので録画すらしていない状況です
「ネギま!」よりは入りやすそうな五つ子の家庭教師をやってた主人公が、
結局誰を花嫁にしたのか、といふ述解から始まるいかにも「赤松総合研究所」が
考えそうな春場ねぎ、といふ赤松健リスペクトな作者による連載が原作。五つ子
には「ラーメン大好き小泉さん」の2人(カロリークイーンとあやねる)含め
ざーさんになにゃこといのりんが配されてる、ってお話の書き分けと進行を
いつものように大知脚本で捌ききっているのがお見事。
(まあ1話ではっきり描かれていた通り主人公の妹上杉らいは◆高森奈津美(プロ・フィット)が
メインヒロインなのですが。一花◆花澤香菜[大沢]二乃◆竹達彩奈(リンクプラン-プロ・フィット系)]
三玖◆伊藤美来(Styleキューブ)四葉◆佐倉綾音(アイム)五月◆水瀬いのり[ac1]だっけ)
 音響監督は元怪物ランドの平光琢也でまあこちらもいい仕事してはる、といふ感じ。
監督は「だがしかし2」でも監督してた手塚プロ叩き上げの桑原智監督って感じで。
今季の「ヒナまつり」とまではいかなくても「ちおちゃんの通学路」+モノローグ強め、
くらいな作品にはなるかもなあ、と。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。 2話、は完走。どちらかと言えば小野賢章寄りで
河瀬篤(かわせ あつし)◆下野紘[アイム]がんばれー、派かな。コミュ障の作家
なんていくらでもいるし、そこの観察日記としてもまあほっこりかなと。あと、
EDのナンジョルノMVCM(この回も春役で出演)が良かったな、と。
飛行機モノ2作はパスで、約ネバは「響」がマンガ大賞獲った頃に注目されてて、
ある種このテの天使系ないしカテモノに対しては「ミノタウロスの皿」と「灰羽連盟」で
もう充分一生分喰った、なので。
 えんどろ〜!2話はBパート頭まで行ったくらいでまだ全部見てない。まあユーシャが
あばばだし、泳がせながら生暖かくほっこり観るのが一番かなあと。

といふことで本題はここになるのか。
>かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 2話
最初のエピソードが掲載誌変更(ミラクルジャンプ→週刊ヤンジャン)の1話、って
袷の仕方としてはまあ好都合の持って行き方ではあったんだろうけど。

>藤原書記が盛大に巻き込まれていく一連の話ができあがってそのシリーズが一番好き。
ま、結局ヒロインがループしがちなポンコツ2人をうっちゃりながらエピソードを
進めて行く点ではちゃんと「あそびあそばせ」やらかした◆小原好美[大沢]の持ち味を
発揮させる上でちゃんと役になってはるなあ、と。ストーンとエレベーター降下とか
バーナム効果演出とか裏壁ドゥン(別表記だと「壁ダァン」にもなってた)とかコネタの
効かせ方も2話の方が上手になってたかなと。

byakumubyakumu 2019/01/23 00:19 今から考えたら「ネギま!」は狂気でしたねえ、生徒全員……
結局千雨が本命でしたっけ。個人的には夕映がお気に入りだったのですが
それにしても水瀬いのりって色々なアニメで声を聞いている気がします

同居人はOP・EDともに好きなタイプの歌なのがいい感じです

飛行機ものは両方微妙な匂いを感じます……
そういえばゲームでエースコンバット7が発売されました、自分は買いませんが

灰羽は好きでしたね。周囲で結構流行ったりしました

かぐや様は3話構成のテンポがいいですね
もし2話構成だったらもっと間延びした感じになってきつかったはず

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byakumu/20190121