Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2017-03-21

◆「共謀罪」閣議決定弾劾緊急街宣◆

  ■ 3月21日・本日
  ■ 17:00〜18:00
  ■ マルイ前(河原町四条

◎今夕、国民救援会、総評、自由法曹団の皆さん達が街頭キャンペーンに
出られると聞いております。
場所、時間など、お分かりの方は情報をお願いします。

◎21日夜は

テーマ:『共謀罪』について
講師:大杉光子弁護士
場所:アイリッシュパブ ノーム
http://gnomepub.exblog.jp/
京都市中京区一之船入町375 SSSビル地下 tel/075-212-2101 
日時:3/21(火) 19:30-
参加費:フリーカンパ
主催:GNOMEサロン

◎22日午後3時、「4度目ストップ」が地裁記者クラブ記者会見します。
秋山弁護士さんほか、呼びかけ人が集まって、閣議決定に抗議声明を発表、
さらなる署名活動や反対活動を呼びかけます。

◎22日夜は

★第1回 「共謀罪」はいらない!
講師:大杉光子さん(京都弁護士弁護士
日時:2017年3月22日(水)18:30〜20:30
場所:ひと・まち交流館 京都 第4会議室
   (市バス河原町正面」下車すぐ)
参加費:500円
連絡先:070−6689−8445(事務局

************

閣議決定法案成立とは違いますし、まずは衆議院法務委員会での攻防が
注目となります。
2006年の時は、野党修正案を与党が<丸のみ>するか?
というキワドイ局面もありました。

政治の世界は一寸先は闇です。
何が起こるか分らないし、彼らが何を考えているかも分らないですが、
私達は「共謀罪はいらない」との信念を持って、反対活動を強めましょう。

2017-03-06

3/10(金) 京都関電前抗議行動 (キンカン)

311を忘れるな

被曝 脱原発

17年3月10日(金曜日)関電京都前アピール行動 17時から19時 

2012年6月29日から246週目の行動

連動開催【原発なくそう京都デモ2017】関電一周

18時45分 東塩小路公園スタート

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170306224042j:image:w640

☆バイバイ原発3・11きょうと☆

バイバイ原発きょうと実行委員会へのご参加・ご賛同をお願いします

2017年3月、東日本大震災福島原発事故から6年を迎えます。
福島原発事故は多くの人々の健康と生活、故郷を奪い、さらに避難の権利をも踏みにじっています。
一方で福島原発事故後、国民・住民の大多数が脱原発を望むようになりました。
省エネ自然エネルギーの利用も進みました。
私たちも脱原発を願って、京都から声を上げていこうと、2012年から毎年3月、京都・円山野外音楽堂にて「バイバイ原発きょうと」を開き、京都市役所までデモ行進をおこなってきました。
しかし原発のない社会をつくるには、私たちの努力がもっともっと必要です。
2017年3月11日(土)午後、円山野外音楽堂で、6回目の「バイバイ原発きょうとを開きます。
3月11日という特別な日に行う集会です。深い内省と追悼を思いを込めて準備をともにして下さいますよう、主催者である「バイバイ原発3・11きょうと実行委員会」へのご参加・ご賛同を呼びかけます。

2016年12月 呼びかけ人一同
連絡先:
事務所 コンシューマー京都事務所
〒604−0847 京都市中京区烏丸通二条下る ヒロセビル4F
専用TEL 075−252−5522

賛同金>
団体1口: 2000円(1口以上) 個人1口: 1000円(1口以上)
振込先 郵便振替口座: 00900−5−288863
名 義: バイバイ原発きょうと実行委員会

「バイバイ原発3・11きょうと」に賛同していただける個人/団体は、下記の内容を呼びかけ人までお伝えいただき、
賛同費をお振込みいただくか、呼びかけ人にお渡しください。

(団体/個人 お名前)

(団体の場合、担当者のお名前)

(ネットなどでの公表)
可 ・ 否 (どちらかに〇を付けてください)
(連絡先)
電 話:
メール:
賛同費)
(  ) 口 (    ) 円

<呼びかけ人一同>
アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)
飯田哲夫(京都府保険医協会
井坂洋子原発ゼロをめざす京都ネットワーク
石田紀郎(さようなら原発1000万人署名京都の会)
うのさえこ(3・11ゆいネット京田辺
大植 登(原発ゼロプログラムの会)
大島堅一立命館大学教授)
小野 力(NO NUKES ACTION)
木原壯林(若狭原発を考える会)      
児玉正人(原発なしで暮らしたい丹波の会)
佐伯昌和(有機農家)
坂本真有美(コープ自然派京都
佐々木佳継(京都・水と緑をまもる連絡会)
シャウベッカー・デドレフ(口丹自然のくらし協議会)
破椣蘋検粉超市民)
鈴木絹江(NPO法人ケア・ステーションゆうとぴあ理事長)
宗川吉汪(日本科学者会議京都支部
田浦健朗(気候ネットワーク
槌田 劭(使い捨て時代を考える会)
出口治男(弁護士京都脱原発弁護団
仲尾 宏(反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
中根葉月(脱原発若者ネット)
朴 勝 俊(関西学院大学教授)
原  強(コンシューマー京都
福島敦子原発賠償京都訴訟原告団共同代表)
藤井悦子(アジェンダ・プロジェクト)
堀内隆喜(市民メディア報道写真を見る会)
守田敏也(フリーライター
山内小夜子(真宗大谷派僧侶/解放運動推進本部)
山崎典子(絆キャンプin京都
山本幸市郎(京都反原発めだかの学校)         
吉田明生(京都脱原発原告団)         
吉田真理子(原発なしで暮らしたい宮津の会)

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109211945j:image:w640

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109212030j:image:w640

2017-02-28

「バイバイ原発3.11きょうと」デモ・プラカードデザイン募集!

来る3月11日(土)、京都市円山公園の音楽堂で集会の後、祇園四条河原町経由で京都市役所前までデモ行進をいたします。
主催者からは、パレード時に何種類かのプラカードを用意する予定です。
このプラカードのデザインを募集しています。貴方も応募しませんか?

採用されたデザイン(3〜5点)はA3サイズにカラー印刷され(各100部以上)、パレードに参加される方に配られます。詳細は、以下の通りです。

〆切:
2017年り3月3日(金)

応募方法:
2017年り3月3日(金)までに、以下のメールアドレスにデザインをお送りください。
info+nonukeskyoto@greenaction-japan.org
注意:件名には必ず「バイバイ原発デモ・プラカードデザイン」とご記入ください。

A3サイズにできる内容。
(デザインは縦でも横でも結構です。文字が入っていても入っていなくても良いです。)
添付ファイルの容量は、25MB以内でお願いいたします。
それ以上の場合は、bitsendまたはfirestorageなどのファイル転送サービスをご利用ください。)
なお、採用結果につきましては、後日、「バイバイ原発3.11きょうと」事務局から
メールにてお知らせさせていただきます。
採用デザインは、バイバイ原発3.11の企画でプラカードとして活用させて頂きます。
奮ってご応募下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

〜〜〜
ご参考まで、以下がデモコールです。
https://drive.google.com/file/d/0BwNLoLH9VckTMGNlY2l1REgtcFU/view?usp=sharing

2017-02-25

3月10日、11日 「原発なくそう」連続デモ、盛り上げましょう!

1月20日の京都新聞は、東芝原発事業、あり地獄の様相」と書きました。

原発事業を進めてきた中核企業が

それが原因で「解体」が取りざたされる事態に陥っています。

日立でも三菱でも「原発はお荷物」に

だったら止めましょう!


原発頼れば、会社が傾く」

原発頼れば、会社がつぶれる」

原発頼れば、日本が傾く」

原発ほんとに危ないだけだ」

原発止めよう」「再稼働は論外」

「会社の中からも声を上げよう」

「市民の力で原発なくそう!」


3月10日(金)午後6時45分(関電京都支店近く・京都駅西の東塩小路公園集合)デモ出発

3月11日(土)午後1時半〜祇園円山公園で「バイバイ原発3.11大集会」)→午後3時〜デモ

*3月10日は毎週金曜日、関電京都支店周辺でのキンカン行動の一部になります。

*両日とも鳴り物大歓迎!メッセージボードも持ちよって、私たち市民の声を見せましょう!

グリーン・アクション 25周年パーティー&トーク

ANNIVERSARY PARTY & エド・ライマン博士のTALK
チラシ: http://greenaction-japan.org/internal/170226_ga_anniversary2017-jp.pdf

 1991年11月に脱原発の活動を始めてから25年が経ちました。これまで支えてくださった国内外の多くの方々に感謝いたします。原発再稼動と核燃料サイクルを止めなければならない、今その真っ最中ではありますが、一瞬立ち止まって振りかえることにより更に効果的な運動に繋げていく機会として、また皆様への感謝の気持ちを込めまして、グリーン・アクションは25周年記念パーティー&トークを開催いたします。どなたでもご参加いただけます。(入場無料)
 皆様のご来場をお待ちしております。 2017年も引き続きご指導ご支援の程どうぞよろしくお願いいたします!

2017年2月26日(日)
13:30〜17:00
開場13:00
トーク13:30 エドウィン・ライマン  憂慮する科学者同盟 (UCS)
(コメント:アイリーン・美緒子・スミス グリーン・アクション)

パーティー15:00

場所:Impact Hub Kyoto(インパクト ハブ キョウト)
京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97番地
西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2階(公衆電話の横からお入り下い)
TEL: 075-417-0115
アクセス:
JR 京都駅 : 市バス 京都駅前(B1,B2 のりば)から
・9系統・快速9系統・50系統「堀川中立売」下車、徒歩3分
詳しいアクセスは、https://kyoto.impacthub.net/access/

入場無料
英語/日本語通訳
定員70名
(予約可能、グリーン・アクションまで)
グリーン・アクション
E-mail: info@greenaction-japan.org
TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952

ーーー
エドウィン・ライマン博士
憂慮する科学者同盟UCS)世界安全保障プログラムの上級スタッフ科学者。専門は、核拡散、核テロリズム、核事故防止。核物理博士(コーネル大学)。原子炉を使わないプルトニウム廃棄を20年以上提起している。このたび「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議 2017」に 出席のため来日されています。ライマン氏は1998 年から高浜町を訪問し、プルサーマルの問題を指摘しており、2006年には佐賀県玄海原発2015年には愛媛県伊方原発プルサーマル問題について現地に行き、警告を鳴らしている。

バイバイ原発3・11きょうと講演会

原発とさよならするために〜日本と原発そして自然エネルギー

3月11日(土)17時30分〜19時30分
TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター ホール3A
下京区仏光寺通室町東入釘隠町247)
場所はこちらから確認できます
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-kyoto-shijokarasuma/access/

講師 河合弘之氏(弁護士映画監督

■主な社会的活動等
特定非営利活動法人3・11甲状腺がん子ども基金理事
飯舘村民救済弁護団共同代表をはじめ多くの原発差止訴訟弁護団に関わる。
■関連著書
脱原発』(大下英治氏と共著、青志社
『逆襲弁護士 河合弘之』(大下英治氏著、さくら舎)
『逆襲弁護士 河合弘之』文庫(大下英治氏著、津措辧
原発訴訟が社会を変える』(河合弘之著・集英社
映画監督作品
「日本と原発 私たちは原発で幸せですか」(2014年)
「日本と原発 4年後」(2015年)
「日本と再生 光と風のギガワット作戦」(2017年)

先着200人、要申込です!
参加申込は京都府保険医協会事務局まで。

京都府保険医協会事務局
604-8162 京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637
インターワンプレイス烏丸6F
TEL:075-212-8877 FAX:075-212-0707
E-mail:futahashi@hokeni.jp

原発事故から6年!今避難者が求めているものは?

◆日時 2月26日(日)13時30分開場・14時開会

◆場所 京都市呉竹文化センター(2階)第1会議室
    (京阪電車近鉄電車丹波橋」駅西口出口すぐ)

◆内容
 14:00〜 第1部 活動報告&避難者のお話会
 15:30〜 第2部 避難生活と住まいの相談会

◆参加費 一般500円、避難者無料

 *以前のお知らせと内容が変わりました!

原発事故から6年!今避難者が求めているものは」をテーマに、避難者のお話
会と住まいの相談会を下記のとおり開催します。

 1部は、当会の活動報告と避難者のお話を通じて、避難生活が長期化する中で
実情をお伝えし、今後の取り組みを話し合って行けたらと思います。

 2部では、みなし仮説住宅打ち切り後の京都府京都市の支援策を説明します。

個別の相談にも応じます。また、参加された避難者を対象に「滋賀県産のお米」
の抽選会を行います。ぜひ、ご参加ください!

++++++++++++++++++++
■ 避難者への住宅支援 京都府が発表!(2/7)

 府が発表した内容は、「入居から6年間」の無償提供修了後の独自支援策として、
「同じ住宅に1年間の負担軽減措置(家賃の1/2補助)を講じた上で、2019年3月
末までの間、有償による継続入居ができるようにする」というものです。

また、この期間中に引越した場合は、「上限5万円の補助を行う」としています。
「現在の住居に住み続けられる」ことは大きな前進ですが、そもそも家賃の額が
高額であれば負担は大きく、2年間という期限付きの延長であることなど、課題もあります。
ぜひ、上記相談会にご参加ください!

2017-02-20

「”共謀罪”を4度目も廃案にさせるAll京都」

FBページ、立ち上げています!

https://www.facebook.com/stopkyoubouzai4/

ここでの情報発信をしておりますので、フォロー、応援をお願いします。



政府閣議決定を3/7に早めたとの情報もあります。

バイバイ原発デモ集会の3/11が終わった翌週にこの署名をもって

記者会見をする可能性がありますので、ぜひ、それまでにたくさんの署名

集めさせていただきますよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

第一次集約予定=2017年3月15日