Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2016-08-18

2016-08-12

伊方原発3号機が再稼働 新基準で3か所目

NHK 2016年8月12日(金) 9時02分 (動画)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160812/k10010632451000.html

愛媛県にある四国電力伊方原子力発電所3号機は、12日午前9時、原子炉を起動する操作が行われ、再稼働しました。新しい規制基準の下での再稼働は鹿児島県にある川内原発福井県にある高浜原発に次いで、3か所目です。

伊方原発3号機は、原発事故を受けて作られた新しい規制基準の審査に去年合格し、再稼働の前に必要な検査が行われてきました。そして、12日午前9時、中央制御室で、運転員が核燃料の間に入れられている核分裂反応を抑える「制御棒」を引き抜くレバーを動かして原子炉を起動し、3号機は再稼働しました。

作業が順調に進めば、13日の朝までに原子炉の中で核分裂反応が連続する「臨界」の状態になる見通しで、3日後の15日には発電と送電を始めて、来月上旬には営業運転に入る計画です。

伊方原発3号機が稼働するのは福島第一原発の事故の1か月後に定期検査に入って以来、5年4か月ぶりで、起動の操作も平成22年3月以来、6年5か月ぶりに行われます。四国電力はこの間、経験のない運転員が加わり、ベテランも実際の起動操作は久しぶりのため、設備の状況などを慎重に確認しながら今後の操作を行うとしています。

新しい規制基準の下で再稼働したのは、川内原発高浜原発に次いで3か所目で、このうち高浜原発裁判所運転停止を命じる仮処分の決定を受けて停止しています。

原子力規制庁「厳格に検査進める」

愛媛県にある伊方原発3号機が12日、再稼働したことについて、原子力規制庁の担当者は「再稼働の前に設備の機能を確認する使用前検査はおおむねスケジュールどおり進んでいて、特に大きな問題は出ていない。きょう、原子炉が起動したが今後は総合的に施設全体の運転状態を確認する検査を引き続き厳格に進める」と話しています。

四国電力社長「安全確保最優先にステップ進める」

四国電力の佐伯勇人社長は「引き続き国の検査に真摯(しんし)に対応するとともに、これまで以上に緊張感をもって、安全確保を最優先に、臨界、発電再開へとステップを進めてまいります」とコメントしています。

2016-08-11

2016-07-22

ポスター展「世界のヒバクシャ」

◆日時 7月22日(金)13時〜20時
    7月23日(土)10時〜20時
    7月24日(日)10時〜16時

◆場所  ひと・まち交流館 京都 1階 作品展示コーナー

◆入場無料

※核被害に関連するDVDの上映もやっています。お気軽にお越しください。
23日(土)午後6時からひと・まち交流館2階の和室で、

※展示と並行して座談会を行うことになりました。

テーマは1950年のビキニ水爆実験による被曝の問題です。
この事件では長い間、第5福竜丸の被害だけがクローズアップされてきましたが、
当時、この海域には1000隻近くの漁船が存在し、被曝しています。
ようやくこうした被害についての情報が開示されるようになり、
高知県の元船員が労災申請を行っています。

ゲストは瀧本正史さんです。
1940年生まれ。
高知県で長年、太平洋での核実験の被害の聞き取り調査をされてきた
高知県太平洋核実験被災支援センターの山下正寿さんと、親しくされている方です。
現在、四万十楽舎関西支部長、
上賀茂憲法9条の会世話人
京都生協憲法9条の会世話人
なども務めておられます。
関心のあるみなさんと、
和室でゆっくりお話をうかがいたいと思っています。
ご参加をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、広島長崎被爆から70周年の節目にあたり、11月に広島で「核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」が開催されました。米国カザフスタン中国ロシアウクライナ・マーシャル・インドイラクドイツなど海外ゲストも参加して、世界からの核被害の根絶を願い、世界の核の被害者が一同に会して連帯の絆を結ぼうという企画でした。アジェンダ・プロジェクト京都では、この世界核被害者フォーラムに合わせて、京都大学でポスター展「世界のヒバクシャ」展を同時開催しました。今回、主に市民向けに「ひと・まち交流館」をお借りして、再び展示会を開催することになりました。

ウラン採掘にはじまる核利用のあらゆる段階で、核被害者が生み出され、現在も増え続けています。それは軍事利用、「平和利用」にかかわりません。このポスター展では、そうした世界各地で起きているさまざまな核被害の実態を、写真と解説文で明らかにしています。

去る5月にオバマ大統領が、現職として初めて広島を訪問しましたが、原爆投下に対する謝罪はなく、逆にサミットでは原発の推進を求める声明が出されるなど、核廃絶に背を向ける動きもあります。こうした動きに反対して、核廃絶を着実に進めるための行動が、私たちには求められています。今回の展示がその一助となることを願っています。

主催
アジェンダ・プロジェクト京都
Tel:090-9998-9245
Mail:zetian78@gmail.com
URLhttp://www3.to/agenda
Bloghttp://agenda-kyoto.ldblog.jp/

『平和のためのヒロシマ市民被爆体験絵画展』

日時:2016年7月22日(金)〜24日(日) 入場無料

会場:宇治市中央公民館 交流ロビー・展示集会室(宇治市折居台1-1)
アクセス:京阪宇治駅、JR宇治駅から[太陽が丘][太陽が丘ゲート前][維中前][宇治田原工業団地][緑苑坂]行きバスで『宇治市文化センター』下車

プログラム
7月22日(金)
絵画展 10:00〜17:00 
■映画上映 10:30〜11:20『いくさ世(ゆ)の画譜〜丸木位里丸木俊 おきなわを描く』(1983年47分)
講演会 13:30〜15:00 『私のヒロシマ被爆体験』米澤鉄志さん(宇治市在住・平和の会)

7月23日(土) 
絵画展 9:00〜17:00 
講演会 10:30〜12:00 『私のヒロシマ被爆体験』米澤鉄志さん
■特別企画「戦争とアート」 13:30〜15:30 映画『ポスターガール』上映&トーク機─慂嫉里慮譴蠅アートをつくる』こぶちゆきこさん(京都市在住・Travelling Warriors)・トーク供─惻蠅鯑阿すこと、声をあげること』荒木晋太郎さん(京都市在住・画家)

7月24日(日)
絵画展 9:00〜16:00 
■映画上映 10:30〜11:20『いくさ世の画譜』 
■講演 13:30〜15:30『原発の問題点と科学者倫理山田耕作さん(宇治市在住・物理学者

主催:平和の会  
共催:NPO 法人使い捨て時代を考える会
問い合わせ:0774-24-7107(山田)