Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2017-01-11

市民メディアの報道写真展・バイバイ原発きょうと編

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170112023255j:image:w640

2017年3月11日(土)のバイバイ原発きょうとの開催を前に、
過去5回の集会・広場企画・デモなどの写真展。
報道カメラマンがランダムに撮影した写真を展示して、
今一度オール京都の市民の動きを6回目につなごうという企画。

場所  ひとまち交流館作品展示スペース(1階)
      京都市下京区河原町五条下がる東側 

日時  2017年1月20日(金)〜24日(木)
      20・21・23日10時〜20時
      22・24日10時〜17時

主催  市民メディア報道写真を見る会

写真  堀内隆喜

電力システム改革貫徹のための政策小委員会中間とりまとめに対する意見表明を

総合エネルギー調査会のもとにおかれた電力システム改革貫徹のための政策委員会は「中間とりまとめ」に対する意見募集(パブリックコメント)を行っています(2016年12月19日公示 案件番号620216013)。

この間、伝えられているように、東京電力第一福島原発事故にともなう損害賠償費用ならびに事故原発廃炉費用が当初見込みを大きく上回り、東京電力を経営破綻からいかに救済するか、さらに事故炉以外の原発廃炉費用をどのように回収していくのかが問題になっていましたが、今回の「中間とりまとめ」では、これらの原発関連コストを託送料金を通じて確実に回収する方向がしめされています。

この方式が採用されていくならば、新電力利用者もふくめてすべての消費者が負担を強いられることにつながります。

このような「中間とりまとめ」に対して、「原発関連コストは発電事業者が負担せよ」「原発コストを託送料金に上乗せするな」という声をあげていくことが重要です。

以下、意見公募の要領です。この要領をふまえ、多くの消費者の声を集中していただきますようよびかけます。



●意見募集対象 

総合エネルギー調査会基本分科会電力システム改革貫徹のための政策委員会中間とりまとめ

  議論の経過については、下記のホームページを参照

  http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/18.html

●意見募集〆切 

1月17日(火)

(郵送の場合は1月16日(月)必着)

●意見提出先・提出方法

 1 電子政府の総合窓口(e−Gov)意見提出フォーム

 2 郵送
〒100−8931
東京都千代田区霞が関1−3−1
資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力市場整備室 パブリックコメント担当

 3 FAX
FAX番号:03−3501−8485

 4 メール
メールアドレス:kantetsu-pub@meti.go.jp

2017-01-09

バイバイ原発3・11きょうとのホームページが出来ました!

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109211945j:image:w640

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109212030j:image:w640

バイバイ原発3・11きょうとのホームページが出来ました!
 是非拡散に協力ください。 
 ↓
 http://nonukeskyoto.com/

※このブログの右にある「リンク集」からでも、ご覧になれます。

■チラシも17万枚刷りました!
 早速今週13日の金曜日キンカンで手に入りますので協力ください


■文字データとチラシデータです!
MLなどネット拡散の際ご使用ください
+++(文字データ開始)++++++++++ 
==2011年3・11から6年=
高浜原発動かすな!福島に思いはせ みんなでデモしよう
バイバイ原発3・11きょうと2017
3月11日13:00開場 13:30開始 円山野外音楽堂 雨天決行
スピーチ
  長谷川健一(ひだんれん共同代表/元酪農家
  鹿島啓一(弁護士高浜原発差し止め仮処分裁判など多数)
■アピール:
  福島敦子原発賠償訴訟原告団共同代表)
■パフォーマンス
  中川敬ソウル・フラワー・ユニオン)※14:25ごろよりライブ
■デモ:15:00出発(円山公園京都市役所まで)
※問合:TEL 075−252−5222
    FAX:075−251−1003
++++++++++++++++++++++(文字データ終わり)

■さらにどう拡散し、多くの人に訴えかけるかということで
  第3回実行委員会を開催します!
  だれでも参加できますので是非ご参加くだ さい!
   第3回実行委員会は、2017年1月12日(木)18時半〜
   京都アスニー 第3研修室です。
  (丸太町七本松バス停すぐ)
   ぜひご参加ください!

2017-01-08

「電力会社の会計を考える会」学習会のお知らせ

下記により「電力会社の会計を考える会」学習会を開催します。

(趣旨)関電有価証券報告書を主たる資料として継続的な学習会を開催し、電力事業経営の概況について理解し、批判するための力をお互いに身につけていく場とする。
(日時)2017年1月14日(土)午後1時30分から4時30分まで
(場所)ヒロセビル会議室
      京都市中京区烏丸二条下る 地下鉄烏丸御池」改札口から3分
       ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
(講師)金森絵里(立命館大学経営学部教授)
(テーマ)原子力発電と会計制度
     前半 決算書の読み方の基礎
     後半 電力事業会計の特徴、電力システム改革と電力事業会計
(参加費)1000円
(参加自由)ただし、必ず事前登録をお願いします。
参考書)金森絵里著『原子力発電と会計制度』(中央経済社

主催  電力会社の会計を考える会
     (世話人 アイリーン・美緒子・スミス/原  強)
    連絡先 コンシューマー京都
    TEL075−251−1001 FAX075−251−1003
    メール:syodanren@mc2.seikyou.ne.jp

みんなきいて!戦争を知っているおじいちゃん おばあちゃんの話

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109004551j:image:w640

Vol.1 米澤鐵志さんのお話し

2017年1月21日(土)午後6:30〜
ひと・まち交流館京都 3F第4会議室
 参加費:300円

おじいちゃんおばあちゃんが子どもだった頃、
どうしようもない力におされ、
自由にものも言えなかった。
生きるのにせいいっぱいだった。
二度とくり返さないために 今 伝えたい。。

★同会館で開催される
 「市民メディア報道写真展vol.1 バイバイ原発きょうと編」に合わせて開催致します。
 1F 作品展示コーナーにぜひお立ち寄りください!

バイバイ原発3・11きょうと 次回実行委員会のご案内

次回、実行委員会は、

2017年1月12日(木)18時半〜
場所は、京都アスニ―の第3研修室
(丸太町七本松東入る北側)
会場費200円です。

よろしくご参加ください。
チラシもこの実行委員会で受け取れます。

2016-12-20

12月21日(水)国相手の大飯原発運転停止を求める裁判 大阪地裁

21日(水)は今年最後の法廷です。
地震過小評価について、新たな主張も準備しています。

交流会では、避難者住宅支援問題、安定ヨウ素剤の事前配布を始めたひたちなか
市訪問の報告もあります。

ご参加よろしくお願いします。下記より拡散歓迎です。

──[拡散歓迎]───────────────────────────
12月21日(水)国相手大飯原発運転停止を求める裁判 大阪地裁

 ○10:45:傍聴券の抽選(別館南側玄関前。10:45までに並んでください)
 ○11:00:第20回法廷 大阪地裁202号法廷
 ○終了後:報告・交流会(島根ビル9階)
  http://www.jca.apc.org/mihama/ooisaiban/flyer161221.pdf
───────────────────────────────────
皆様へ 
相手大飯原発3・4号運転停止を求める裁判のご案内です。
今年最後の法廷です。年末でお忙しい中と思いますが、ご参加よろしくお願いし
ます。

傍聴券の抽選は10:45です。いつもの場所(別館[高裁]南側玄関前)に集まっ
てください。

◆法廷での原告の主張
 原告は、基準地震動過小評価について、地震の規模(地震モーメントM0)
を求める「入倉・三宅式では過小評価」というこれまでの主張に加えて、地震
規模から地震動のレベル(加速度)を導く「壇他の式」も過小評価になっている
という、新たな主張を行います。
 基準地震動は二重の過小評価になっているのです。

◆報告・交流会 11:30頃〜13:45
◇報告会では、弁護団から法廷の内容について報告・説明してもらいます。
11月28日の政府交渉等を踏まえて、基準地震動の二重の過小評価について報告し
ます。

◇交流会では、
[1]避難者の住宅支援打ち切り問題について
自主避難者」の住宅無償支援は、来年3月末で打ち切られようとしています。
全国で反対の活動が続けられていますが、避難福島県の要請が終了したとして、
各自治体は支援打ち切りに動いています。関西各地の取り組みの交流、今後の活
動について議論しましょう。兵庫大阪京都等から避難当事者や支援の皆さん
に報告していただく予定です。

[2]安定ヨウ素剤の30キロ圏内配布を開始した、ひたちなか市訪問の報告
国や県の指針では安定ヨウ素剤の事前配布は5キロ圏内となっています。しかし、
ひたちなか市では、独自に30キロ圏内(全市・約16万人)に配布を始めています。
これは全国で初の取り組みです。12月13日に福井・関西等からひたちなか市を訪
問しました。訪問の様子等を報告します。

◇交流会の場所
島根ビル9階 アクセス http://shimane-bill.jp/building/access/
裁判所から歩いて5分程です。国道沿い。法廷終了後に一緒に移動します。

◇案内チラシ http://www.jca.apc.org/mihama/ooisaiban/flyer161221.pdf

2016.12.18 おおい原発止めよう裁判の会事務局
大阪市北区西天満4-3-3星光ビル3階(美浜の会気付)
TEL:06-6367-6580 FAX:06-6367-6581

2016-12-14