Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2016-07-22

ポスター展「世界のヒバクシャ」

◆日時 7月22日(金)13時〜20時
    7月23日(土)10時〜20時
    7月24日(日)10時〜16時

◆場所  ひと・まち交流館 京都 1階 作品展示コーナー

◆入場無料

※核被害に関連するDVDの上映もやっています。お気軽にお越しください。
23日(土)午後6時からひと・まち交流館2階の和室で、

※展示と並行して座談会を行うことになりました。

テーマは1950年のビキニ水爆実験による被曝の問題です。
この事件では長い間、第5福竜丸の被害だけがクローズアップされてきましたが、
当時、この海域には1000隻近くの漁船が存在し、被曝しています。
ようやくこうした被害についての情報が開示されるようになり、
高知県の元船員が労災申請を行っています。

ゲストは瀧本正史さんです。
1940年生まれ。
高知県で長年、太平洋での核実験の被害の聞き取り調査をされてきた
高知県太平洋核実験被災支援センターの山下正寿さんと、親しくされている方です。
現在、四万十楽舎関西支部長、
上賀茂憲法9条の会世話人
京都生協憲法9条の会世話人
なども務めておられます。
関心のあるみなさんと、
和室でゆっくりお話をうかがいたいと思っています。
ご参加をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、広島長崎被爆から70周年の節目にあたり、11月に広島で「核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」が開催されました。米国カザフスタン中国ロシアウクライナ・マーシャル・インドイラクドイツなど海外ゲストも参加して、世界からの核被害の根絶を願い、世界の核の被害者が一同に会して連帯の絆を結ぼうという企画でした。アジェンダ・プロジェクト京都では、この世界核被害者フォーラムに合わせて、京都大学でポスター展「世界のヒバクシャ」展を同時開催しました。今回、主に市民向けに「ひと・まち交流館」をお借りして、再び展示会を開催することになりました。

ウラン採掘にはじまる核利用のあらゆる段階で、核被害者が生み出され、現在も増え続けています。それは軍事利用、「平和利用」にかかわりません。このポスター展では、そうした世界各地で起きているさまざまな核被害の実態を、写真と解説文で明らかにしています。

去る5月にオバマ大統領が、現職として初めて広島を訪問しましたが、原爆投下に対する謝罪はなく、逆にサミットでは原発の推進を求める声明が出されるなど、核廃絶に背を向ける動きもあります。こうした動きに反対して、核廃絶を着実に進めるための行動が、私たちには求められています。今回の展示がその一助となることを願っています。

主催
アジェンダ・プロジェクト京都
Tel:090-9998-9245
Mail:zetian78@gmail.com
URLhttp://www3.to/agenda
Bloghttp://agenda-kyoto.ldblog.jp/

『平和のためのヒロシマ市民被爆体験絵画展』

日時:2016年7月22日(金)〜24日(日) 入場無料

会場:宇治市中央公民館 交流ロビー・展示集会室(宇治市折居台1-1)
アクセス:京阪宇治駅、JR宇治駅から[太陽が丘][太陽が丘ゲート前][維中前][宇治田原工業団地][緑苑坂]行きバスで『宇治市文化センター』下車

プログラム
7月22日(金)
絵画展 10:00〜17:00 
■映画上映 10:30〜11:20『いくさ世(ゆ)の画譜〜丸木位里丸木俊 おきなわを描く』(1983年47分)
講演会 13:30〜15:00 『私のヒロシマ被爆体験』米澤鉄志さん(宇治市在住・平和の会)

7月23日(土) 
絵画展 9:00〜17:00 
講演会 10:30〜12:00 『私のヒロシマ被爆体験』米澤鉄志さん
■特別企画「戦争とアート」 13:30〜15:30 映画『ポスターガール』上映&トーク機─慂嫉里慮譴蠅アートをつくる』こぶちゆきこさん(京都市在住・Travelling Warriors)・トーク供─惻蠅鯑阿すこと、声をあげること』荒木晋太郎さん(京都市在住・画家)

7月24日(日)
絵画展 9:00〜16:00 
■映画上映 10:30〜11:20『いくさ世の画譜』 
■講演 13:30〜15:30『原発の問題点と科学者倫理山田耕作さん(宇治市在住・物理学者

主催:平和の会  
共催:NPO 法人使い捨て時代を考える会
問い合わせ:0774-24-7107(山田)

2016-07-13

署名活動にご協力お願いします

7月9日の「福島原発事故から5年、被害者の救済を求めて−関西集会」で、
行動提起として紹介がありました、署名活動にご協力お願いします。
署名は、無償住宅支援の継続、帰還の強要反対等を求めています。

★7月15日(金)16時 @京都タワー前 集合

★7月16日(土)16時 @JR神戸駅中央口 集合

9日集会資料では「JR新神戸駅」となっていましたが変更になりました。
お間違えのないようにお願いします。
「JR新神戸駅」× 「JR神戸駅」○

署名用紙・署名板はスタッフで準備しますが、
署名板をお持ちの方はご持参いただければありがたいです。
ご協力よろしくお願いします。

署名用紙 http://act48.jp/files/20160316/20160316_shomei.pdf

2016-07-06

原発事故被害者の救済を求める全国運動★関西集会

7/9(土)13:30~16:30
原発事故被害者の救済を求める全国運動★関西集会
http://www.act48.jp/index.php/2-uncategorized/45-7-9.html

★【特別報告】「チェルノブイリ法」〜原発事故5年後の約束〜 

   尾松亮さん(『3.11チェルノブイリ法 再建への知恵を受け継ぐ』著者)

★【現状報告】福島原発事故被害者の救済に向けて〜棄民政策をゆるさない〜

   除本理史さん (大阪市立大学教授)
   満田夏花さん (国際環境NGO FoE Japan理事

   瀬戸大作さん (「避難の協同センター」事務局長


★【パネルディスカッション】関西における住宅支援打ち切りと避難者の現状
   福島敦子さん(南相馬市京都府

   森松明希子さん(郡山市大阪府

   菅野みずえさん(浪江町兵庫県

   うのさえこさん(福島市京都府

   除本理史さん

司会:守田敏也・うのさえこ

会 場:阿倍野市民学習センター 講堂

資料代:500円 *申し込みは不要です
定 員:150名 *お子様連れ歓迎♪
連絡先:集会について→311yuinet@gmail.com
    全国運動について→国際環境NGO FoE Japan Tel:03-6909-5983
主 催:「原発事故被害者の救済を求める全国運動」関西集会実行委員会


FBイベントページはこちらです
https://www.facebook.com/events/511344345657157/?active_tab=highlights

2016-07-03

7月1日に京都大学医学部不足病院・旧産婦人科病舎の1階実験室が出火

7月1日京都大学医学部不足病院・旧産婦人科病舎の1階実験室が出火(まるで
爆発のよう)した事故(放射性物質を扱っていたと推測される)を受けて、遅
くなりましたが、本日(7月3日)現地で、RADEX R1503による「放射線測定」を
行ってきましたので、みなさまにご報告します。

現場の写真と測定結果は、市民放射能測定所のブログにアップしましたので、
ぜひ、ご覧ください。
http://crmskyoto.exblog.jp/25759221/

今日の測定では、京大病院の近隣地域よりもやや高い数値が確認されました。
あきらかに、今回の事故の影響と思われます。

毎日新聞は、「事故時0.5μ㏜/hを検出した」と報道しています。今後、京大
院に今愛の事故の解明と放出された放射性物質の公表、事故時の対応が適切だ
ったかなど、明らかにさせなければならないと思います。

2016-06-30

老朽原発廃炉を求める署名をさらに広げていくため、避難計画を案ずる関西連絡会でカラーリーフを発行しました

福島原発事故被災者からの便りや、熊本地震の教訓からすれば「屋内退避」は成
り立たないこと、複数回の揺れに原発は耐えられないこと、電気ケーブル劣化の
問題など、熊本地震やこの間の規制庁の回答を通じて明らかになったこと等を掲
載しています。

署名をさらに拡大していくため、是非ご活用ください。

★カラーリーフレット
 40年超えの老朽原発はとりわけ危険
 高浜1・2号、美浜3号 廃炉署名にご協力を!
  2016.6
  発行 避難計画を案ずる関西連絡会
  頒価10円 100部以上@9円 200部以上@8円

☆☆ダウンロードもできます。
http://www.jca.apc.org/mihama/hairo/hairo_leaf201606.pdf

カラーリーフは避難計画を案ずる関西連絡会の事務局である美浜の会でも取り扱っています。
 美浜の会へのご注文はこちらまで
 mihama@jca.apc.org
 送料のご負担をお願いします。

署名 40年超えの老朽原発 高浜1・2号、美浜3号は廃炉
 ネット署名
  https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
 紙版署名用紙
  http://greenaction-japan.org/internal/160419_sig_hairo.pdf