Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2017-03-06

☆バイバイ原発3・11きょうと☆

バイバイ原発きょうと実行委員会へのご参加・ご賛同をお願いします

2017年3月、東日本大震災福島原発事故から6年を迎えます。
福島原発事故は多くの人々の健康と生活、故郷を奪い、さらに避難の権利をも踏みにじっています。
一方で福島原発事故後、国民・住民の大多数が脱原発を望むようになりました。
省エネ自然エネルギーの利用も進みました。
私たちも脱原発を願って、京都から声を上げていこうと、2012年から毎年3月、京都・円山野外音楽堂にて「バイバイ原発きょうと」を開き、京都市役所までデモ行進をおこなってきました。
しかし原発のない社会をつくるには、私たちの努力がもっともっと必要です。
2017年3月11日(土)午後、円山野外音楽堂で、6回目の「バイバイ原発きょうとを開きます。
3月11日という特別な日に行う集会です。深い内省と追悼を思いを込めて準備をともにして下さいますよう、主催者である「バイバイ原発3・11きょうと実行委員会」へのご参加・ご賛同を呼びかけます。

2016年12月 呼びかけ人一同
連絡先:
事務所 コンシューマー京都事務所
〒604−0847 京都市中京区烏丸通二条下る ヒロセビル4F
専用TEL 075−252−5522

賛同金>
団体1口: 2000円(1口以上) 個人1口: 1000円(1口以上)
振込先 郵便振替口座: 00900−5−288863
名 義: バイバイ原発きょうと実行委員会

「バイバイ原発3・11きょうと」に賛同していただける個人/団体は、下記の内容を呼びかけ人までお伝えいただき、
賛同費をお振込みいただくか、呼びかけ人にお渡しください。

(団体/個人 お名前)

(団体の場合、担当者のお名前)

(ネットなどでの公表)
可 ・ 否 (どちらかに〇を付けてください)
(連絡先)
電 話:
メール:
賛同費)
(  ) 口 (    ) 円

<呼びかけ人一同>
アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)
飯田哲夫(京都府保険医協会
井坂洋子原発ゼロをめざす京都ネットワーク
石田紀郎(さようなら原発1000万人署名京都の会)
うのさえこ(3・11ゆいネット京田辺
大植 登(原発ゼロプログラムの会)
大島堅一立命館大学教授)
小野 力(NO NUKES ACTION)
木原壯林(若狭原発を考える会)      
児玉正人(原発なしで暮らしたい丹波の会)
佐伯昌和(有機農家)
坂本真有美(コープ自然派京都
佐々木佳継(京都・水と緑をまもる連絡会)
シャウベッカー・デドレフ(口丹自然のくらし協議会)
破椣蘋検粉超市民)
鈴木絹江(NPO法人ケア・ステーションゆうとぴあ理事長)
宗川吉汪(日本科学者会議京都支部
田浦健朗(気候ネットワーク
槌田 劭(使い捨て時代を考える会)
出口治男(弁護士京都脱原発弁護団
仲尾 宏(反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
中根葉月(脱原発若者ネット)
朴 勝 俊(関西学院大学教授)
原  強(コンシューマー京都
福島敦子原発賠償京都訴訟原告団共同代表)
藤井悦子(アジェンダ・プロジェクト)
堀内隆喜(市民メディア報道写真を見る会)
守田敏也(フリーライター
山内小夜子(真宗大谷派僧侶/解放運動推進本部)
山崎典子(絆キャンプin京都
山本幸市郎(京都反原発めだかの学校)         
吉田明生(京都脱原発原告団)         
吉田真理子(原発なしで暮らしたい宮津の会)

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109211945j:image:w640

f:id:byebyegenpatsukyoto:20170109212030j:image:w640

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20170306/1488806747