Hatena::ブログ(Diary)

「バイバイ原発・京都」のブログ

2017-03-26

うつくしま☆ふくしまin京都 第4回桜まつり&交流会

◆と き:2017年4月1日(土)12:00〜15:00
◆ところ:桃山東合同宿舎集会所周辺(JR桃山下車)
◆参加費:大人500円、飲む人1,000円、大学生以下は無料です。


 東日本大震災福島第一原発事故から6年が過ぎました。みなし仮設住宅
無償提供の終了など困難な状況が続きますが、4回目となる「桜まつり&交流
会」を桃山東合同宿舎集会所で開催します。

 春の一日、飲んで食べて、楽しく交流したいと思います。ご家族そろってご
参加ください。

+++++++++++++++++++++++++++++
当日の準備にご協力ください!

◆集合午前11時・合同宿舎集会所

◆内容機材搬入、会場設営、模擬店準備など
 お酒や食べ物の差し入れ大歓迎です!
 みんなで楽しみましょう!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
桜まつりメニュー(予定)

焼きそばおでんオードブルなど
日本酒ビール焼酎、ソフトドリンクなど
(食べて、飲んで、楽しく語ろう)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都

〒612-0066 京都市伏見区羽柴長吉中町55-1
コープ桃山105号市民測定所内
http://utukushima.exblog.jp/
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp

tel:090-8232-1664(奥森)
fax:075-622-9870

バイバイ原発3・11きょうと まとめの実行委員会

今年のバイバイ原発3・11きょうとは、
お天気にも恵まれ、
昨年よりも多い2500名の参加でした。
集会の写真など、ホームページ
フェイスブックにアップしてあります。
みなさま、ご参加ありがとうございました。

まとめの実行委員会を行います。
どうぞご参加をお願いいたします。


バイバイ原発3・11きょうと
まとめの実行委員会
とき:2017年4月6日(木)18時半〜20時半
ところ:京都アスニー 第3研修室
会場費:200円

反核京都医師の会総会・講演会

4月8日(土)
午後2時から4時、大谷ホールで開催します。

講演機崟召原発銀座を『第二のフクシマ』にさせないために」
平野 治和氏 福井県医療生活協同組合光陽生協クリニック・院長

講演供福井における原発訴訟の現状」
林 広員氏 原発問題住民運動福井県連絡会・事務局長

どなたでも無料でご参加いただけますので、
ぜひご参加下さい。

参加の連絡はinfo@hokeni.jp(担当:浜松)まで。

季刊『アジェンダ』56号(2017年春号) 3月発行

特集 原発利権を突き崩す

A5判 104ページ 定価500円+税

福島原発事故から6年を経てもなお、
原発推進政策を続けようとする政府への批判
巨大な「原発利権」の視点から特集を試みました。
県外避難している方も含め福島の人々の状況については
武藤類子さんにお話をお聴きしました。
その他、福島第1原発の状況、
もんじゅ廃炉決定の先に狙われていることや、
原発輸出、電力システム改革等についても
取り上げています。
また特集外ですが、
東アジア情勢において大きな意味を持っている
韓国市民運動の現状に関する、
金鐘哲さんの論考の翻訳も掲載しています。
ぜひお買い求めください。

※主要書店で発売中。ネット書店でも購入できます。
またアジェンダ・プロジェクトのホームページからも購入できます。
直接のご購入の場合、送料(1冊100円〜)をご負担いただいています。
URL http://www3.to/agenda/

(『アジェンダ』56号の内容)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
グラビア 住民の安全はどこへ・・・? 高速炉開発、再稼働、帰還強制
●コラム 共謀罪法案を廃案に!

<特集>
●インタビュー 武藤類子さん(「ひだんれん」共同代表 福島原発告訴団 団長)
  あきらめや分断や危険を強要され、生きている尊厳が奪われていく。
  原発事故は一度起きたら終わらないんです。
●「避難の権利」の保障を―福島県交渉参加報告
●レポート 福島県環境創造センター 交流棟「コミュタン福島」見学報告
●伴 英幸(原子力資料情報室共同代表)
  深刻さを増す福島原発事故の後始末
建部 暹(ヒバク反対キャンペーン共同代表)
  福島第一原発事故のもたらした被ばく労働 現状と問題点
●レポート 福島原発被ばく労災損害賠償裁判に参加して
●映画評 『知事抹殺』の真実
●宮崎 寛(大学非常勤講師・「ストップ・ザ・もんじゅ」スタッフ)
  もんじゅ廃炉決定と新高速炉計画
  日仏高速炉開発協力は仏原子力産業の救済策!?
●インタビュー 佐原若子さん(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団
  〈青森からのアピール〉
  原発の問題を都会に住むみなさんもご自分の問題として考えてほしい
●松久保 肇(原子力資料情報室・研究員)
  日本の原発輸出―苦境に立つ原発メーカー―
●朴 勝俊(関西学院大学総合政策学部教授
  電力システム改革下の原発コストと原賠制度
講演会報告 オフグリッド脱原発 「自エネ組」の取り組み