Hatena::ブログ(Diary)

勝てなくてかなC このページをアンテナに追加

2099-12-31

ブログトップ


ポケモン
・ポケモン シングル
・ポケモン ダブル


エロゲ
・レビュー


アニメ
随時更新予定


スマブラ
随時更新予定


艦これ
随時更新予定


声優関連
随時更新予定

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2004541194272349"
data-ad-slot="8224218312"
data-ad-format="auto">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>

2015-11-03

恋×シンアイ彼女


ネタバレ注意

f:id:c-pokeblog:20160101221614j:image:w360


Ustrackの処女作である今回の作品内容だけで言えばとても素晴らしかった作品だと私は思います。
この作品に関しては自分で考えてることを文章としてすべて起こせる自信がないくらいいろいろ考えさせられました。
それでも自己満足のためにとりあえず書きなぐります。

批判の声もとても多いのですがやはりこのゲームの目玉、本質は星奏√にあると私は思っております。
そして私がまず言いたいことは素晴らしい作品であるということです。
最初は私もプレイした後はとても後味が悪く星奏が主人公の前に現れた3回目はっきり言って吐き気がしました。
私がこのゲームをプレイしようと思った理由が新島先生のシナリオ、水月さんのBGM、そしてメインヒロインである星奏ちゃんがかわいかったからです。
完全に裏切られたと思いました。
なぜ裏切られと思ったかといえばまあみなさんもご存じのとおり公式HPには甘酸っぱい青春をうたい文句に売り出してる作品である。
これは当たり前のことだしシナリオが新島先生ということで外角高めにくることは多少覚悟してました。
問題はそこではなく新島先生の過去の作品を振り返ってみるとはつゆきさくらナツユメナギサのようなエンドを若干意識したと私は思っています。
だが、はつゆきさくらナツユメナギサと比較すると終わり方はとても後味が悪く
上記にあげた作品は鬱展開があったとはいえハッピーエンドであったと私は思います。
ですが、今回の作品はどうでしょうか主人公の前からヒロインは消え去り主人公は一生懸命に彼女を追う
そしてラストの展開は目をつむっている主人公の隣に星奏ちゃんが現れ(本当に隣にいるかはわからない幻想なのかもしれない)
後の展開は読者にお任せしますといったエンドであったからである。

あともう一つ何が裏切られた気分にさせられたかって1番の理由はつまらない作品ではないということである。
このエンドを見て後味が悪くなったということはつまらなくはなくテキストを読み込まされたということではないでしょうか。
最初からつまらなければこんなエンドは見ることもなく終わり積んでいたはずです。
新島先生はシナリオを読者に読み込ませるスキルがあるということが1番ひどかったことだと私はプレイ後に感じました。
そして体験版ではとても甘酸っぱい青春をしていたということも追加で加えてもいいのではないでしょうか。

と、まあプレイが終わり誰かと感想を共有したくてしょうがなく私は2ちゃんのスレ、エロゲ批評空間のレビューと他人の感想を読み漁っていました。
そこでわたしが目にするものは大半の人は星奏√を批判していました。
私もそれを見てやっぱりそうだよなあと頷きながら鬱憤を晴らしていたのですが
わたしが見かけた中では2つほど星奏√に関して称賛する声がありました。
それが不思議でしょうがなくめちゃくちゃ称賛の声を読み込みました。
そこでは自分がまったく思わなかった感想が書き込まれていてなぜそう思えるのか気になってしょうがなかったのでもう1度プレイしてみることにしました。
そこでいろいろと気づいたことがあります。
確かにこの作品はあのゲームでやることではないことは確かです。
それは最初に受ける悪い印象がでかすぎるからです。よかった作品だとは思えないし甘酸っぱい青春だとは思えません。
限りなく本当に現実に近い甘酸っぱい青春であると私は2度目のプレイで思いました。
そしてそれにあてはめ星奏ちゃんの苦悩、人柄、性格と文章を理解しきれていなかった自分がいたことに気づきました。
例えるとすればとらドラ亜美ちゃんの良さに2度目の視聴で気づく感じに似ていると思います。
確かに最後のシーンだけ見ればほろ苦いですほろ苦いなんて優しいものじゃないとも思いますが
大人になって確かに甘酸っぱい青春がそこにはあったんじゃないでしょうか。
最終的に結ばれはしなかっただけで学生時代に甘酸っぱい青春をヒロインと過ごしたことは確かだと思います。
世の中うまくいくことばかりではありません
最終的に主人公とヒロインは結ばれませんでしたがお互いを好きあっていたという事実
この作品は主人公と星奏ちゃんの悲劇であったがその中でも確かなものがあった作品だと私は思うようになりました。
言いたいことがすべてまとめられたわけではないのですがこんな感じです。
このゲーム風に言うならば私も同じく文章力がないので伝えたくても他人にいろいろ伝えられないことがありますが
少しでも伝わるといいと思い書きました。

音楽に関しては言うことはありません本当に素晴らしかったです。
水月さんはいつも期待通りのBGMを作ってくれます。
作品の雰囲気にぴったりとマッチしていて優しいメロディー最高でした。

絵に関しては背景が圧巻の一言です。
作風にマッチした優しいタッチの背景であり素晴らしいと思いました。

システム面では次のスキップを押してからテキストが飛び始めるまでに地味に時間がかかるのが少し残念に思いました。
あとはBGM鑑賞で水月さんのコメントが一つ一つ書いてあってとてもよかったと思います。

2015-03-16

サノバウィッチ


ネタバレ注意

ゆずなのに今回のゆずゆずじゃないと耳にはさんだのでプレイしてみることに
90点余裕でつけちゃいます。本当に素晴らしい作品でした。

とりあえずシナリオから
ゆずなのにグランドエンドを用意していたり
あ、今回は何かいつもと違うんだというのがしっかり感じました。

共通ルート
いきなりものっそいエロシーン来てまじかよ状態
テキストを読ませる能力はとても高いと思いました。

・めぐるルート
個別ルートの中では1番できがよくなかった気がする。
ギャルっぽいキャラがあまり好きではないというのが個人的にもあってあまり楽しめなかった。
大元のシナリオとも1番関係のないお話。
全員のルートプレイする場合はまずはこちらからといった感じ。

・憧子ルート
抜き性能的には個人的に1番高いと思ってるルート
よくある記憶喪失もので
プレイしていてとても既視感を覚えてなんだろうと少し考えたら
D.C.? P.P.の立夏ルートとほぼ同じ。
どっちがいいかっていうと立夏さんのほうがよかったためどうしても比較してしまった。
知らなければとても楽しめたんじゃないかな〜って思っただけに残念だったけど
まあ、面白かったです。

・紬ルート
少し大元に関わる”魔女”についても描かれているルート(紬が魔女であるため自然とそうなるのだろう)
ストーリー的には面白くもなくつまらなくもなくと言った感じ。
少し終わらせ方が雑すぎたかな〜。
このルートはイチャラブを楽しむためのルートなので
紬が好きになれればとても楽しい。
というかライターさんのイチャラブテキスト書く能力高すぎでしょ・・・。
何度死にたくなったことか。
まあ、とっても甘々なルート。

・寧々ルート
このゲームのメインヒロイン
グランドエンドとはまた別で書きます。
このルートだけだとシリアス展開だけで終わってしまう感じ。
ゆずがこんなシリアス書けるのかと素直に関心した。
終盤の泣かせに来ているところとかとてもグッときてしまって
わたしがこのゲームで1番評価しているポイントの1つ目でもある。
これできるならもっと前からやってくれよ〜って感じ。
唯一残念な点をあげるとすれば
予想するのが少し簡単すぎたので展開は予測できた点。
願い系のお話はまあわかっちゃうからもう少し悟られないように工夫してくれたらと
ゆずソフトがここまでやってくれたので欲を言ってしまう。

・RESTART(グランドエンド)
寧々が願いをかなえた後のお話になる。
序盤寧々ルートの続きのシリアスから後半イチャラブといった感じ。
ヒロインが切ない系のお話大好きなので完璧にやられてしまった。
ここの序盤は評価している2つ目のポイント。
終わり方もキレイにまとまっていたし
ゆずのイチャラブは見ていて死にたくはなるけどすごいほほえましいので許せる。

・システム面・絵はもう前々のゆずからして文句なに一つないのですが
今回は完璧の一言。もう何も言葉でないです。
オートモードの再生の早さいじれたり音声再生スピードいじれるし
なんといってもボイスのお気に入り機能導入はよくやってくれたとしか。
ただお気に入り入れすぎて10ページじゃ足りなかったのが少し残念だった。
あ、ここのシステムはエロゲメーカーナンバー1だと思います。
絵もさすがむりこぶ今回のキャラはずれいないし全員可愛いし言うことないっす。
個別ルート終わるたびにその子と「結婚する」って言ってました。。。
でも、やっぱり銀髪美少女神ってことで寧々ちゃんが1番かわいいですね。
BGMも文句なしです。
ゆずであまり好きなBGMってないのですが今回好きなBGMめっちゃありました。

総評として個人的にはもっと高い点数つけてもいいのですが
完璧ってより今までのゆずからしたらのこの点数なので
次回作にほんっとに期待してます。
お涙ちょうだいしようとするならもっと徹底的にやってくれ〜
サノバウィッチ楽しかったです。

2015-03-14

向日葵の教会と長い夏休み


ネタバレ注意

プレイしてみて思ったことがケロQ作品はあまり自分には合わない。

共通ルートとしては可もなく不可もなく少し退屈させてしまうのが難点。
夏休みというタイトルにもある設定を生かし切れていなかったようにも思える。
向日葵もたいして存在感ない。
猫の恩返しってタイトルでやってけって思ったりしたことは秘密。

・金剛石ルート
道中めっちゃテンポ悪い。
屋敷から金剛石助け出す流れあたりからはまあ面白い。

・ルカルート
ルカちゃんエロいかわいい。
話自体はホラーというかオカルト取り込もうとして失敗した感じ
キャラ好きなら楽しめるエロシーンエロい。

・詠ルート
このゲームのメインルートでいいんじゃなかろうか
感動誘おうとするゲームはわたしはかなり好みなのだけれど
感動誘おうとしていて感動させきれないやつはNG
まさに典型的なそれだったけど話自体はよかった。
CGも1番手が凝っていたようにも見える。

・雛桜ルート
なんかグランドルートなのに詠の後にやるとおまけなの?感が拭えない。
ストーリーとしては普通に面白いけど別のゲームでこのルート用に作り直したらよかったんじゃねって思うレベル。

システム面は不満もなく評価するところもなくと言った感じ
個人的にはオートモードのスピードをもうちょい速くしてほしいくらい。
CGはさすが狗神先生の一言。
BGMはあまり印象に残るものがなかった。

やって損はしないけど自らおすすめする気にはなれないようなそんな作品でした。

2015-02-22

蒼の彼方のフォーリズム


ネタバレ注意

自分で書きなぐりたいだけ
恋チョコのアニメがすごいつまらなくて少しここの会社を敬遠してたけど萌えゲーアワード2014とったり評判よかったりで気になったのでプレイしてみることに
まず驚いたのは空が飛べるという世界観からまったく新たなスポーツを作りだしてそれを舞台に話を書いているところ
概念やルール、技なども事細かに設定されていてもし空が飛べるんだとしたらわたしもこんなスポーツをやってみたいと思った。
それだけであればだれでもと言っては語弊があるがそれなりのライターさんなら新しいものを作り出しそこから話を展開していくことは容易にできると思うけれど
さらにそこからすごいと感じたのは自分で作ったスポーツの概念をぶっ壊しさらに新しい概念を作り出してしまったことに阿鼻叫喚でした。

各ルートとしてはどれもできがよくてとてもよかったと思います。ただ一つみさきルートでの乾ちゃんの本気出してない感がすごく残念でした。
みさきちゃんも”天才”という設定なのに明日香ルートと比較しちゃうと案外簡単にラスボス倒しちゃったな〜って感じで・・・。
あとはFAINALのシナリオなのですがわたしは主人公がまた選手復帰してそこから乾ちゃんたちと戦うストーリーを期待していただけに
案外すんなりと終わってしまったのが少し心残りでした。明日香ルートを終えてから最後のルートやるぞ〜って意気込んで入ったら15分くらいで終わってしまって
あれ?終わり??みたいな感じで構えてたのに大したことなかったぞってなってしまいました。
文句を言うならばエッチシーンが対して抜けるわけでも感動するわけでもないのにやたらと長いところ。

システム面はかなり高評価です。AUTOモードもすぱすぱと文が切り替わってくれるし文句つけようがないなと途中まで思っていたのですが
プレイ後にBGMを聴こうとした瞬間にBGMを聴くモードがなかったのがとても残念でした。
ゲーム終わった後にBGMを聴いて余韻に浸るのがとても大好きなのですごいショックでした。
絵に関しても背景画がとってもキレイだしで高評価です。
先ほどはBGMが聴けなくてシステム面を酷評しましたがBGM自体は素晴らしいものでした。
ここでこれ挿入させてくるか!!ってなるものがとても多く聴いていてとても楽しめました。

まとめると熱い青春ものって感じの作品でとてもよく仕上がっていたと思います。