初めての自作シンセサイザー

2005-12-02

[]初期型MS20VCFによるサンプル 18:48

とりあえず最終調整した初期型MS20VCFの音をアップ。やっぱり全体的に歪みっぽい。入力レベルが非常にシビアで綺麗な音を出すのは一苦労。耳障りなノイズめいた発信音ならまかせとけ、って感じの暴力的モジュール。これはこれで飛び道具的に使えるVCFとして、そろそろ次の制作に取り掛かろうかな。回路図はただいま清書中であります。

EGのレポートもしてないや。やることてんこ盛り。

http://www.chienowa.org/ca3080/20051118.mp3

http://www.chienowa.org/ca3080/20051119.mp3

リズムも自作シンセの音。完全なるエラーミュージック。今のところ自作モジュールはSH101からのCVとGATEで制御しているのだけれども、うちのSH101はなんだかメモリー関係がイカれているらしく(電池切れ?)、電源を切って一晩くらい寝かせておくとシーケンサーの内容がグチャグチャになる。しかも寝かせる時間によって徐々に壊れていく。そんな手法で出来た予期せぬシーケンスフレーズにリズム音を切り貼り。高音の歪みは味になるけど、低音が歪んでボトムが出ないなぁー。

所長所長 2005/12/03 20:51 まさかとは思いますが乾電池・・・入れてますよね・・?SH101のシーケンスは主にキーアサイナーに使用されている80C49のおまけ機能のひとつですがこの80C49、電源を切っても動くんです。マニュアルには1分は電池を抜いても記憶されるとあります。おそらく内部のRAMに記憶されているのだと思います。にしても128バイトか・・・少ないな。。。

ca3080ca3080 2005/12/04 00:31 電池・・・・切れてました!
これって乾電池でバックアップしてるのでしょうか? 内部にバッテリー用の丸い電池とかが入ってるものとばかり思っていました・・・・
しかし、シーケンサーのエラーフレーズもなかなかいいものですよ。
SHのシーケンサーはとても便利なのですが、ほんとに128バイトってのがネックですねぇ。

所長所長 2005/12/04 14:35 SHにかぎらずこのころの電池駆動可能なものTR、TBなどのシリーズはAC電源で動作を行い、乾電池でバックアップをとるのがほとんどです。JunoやJupiterといった機種になるとリチウム電池になります。ちなみに128バイトというのは80C49内部のRAM容量でSH101のシーケンスデータは100ステップまでです。