初めての自作シンセサイザー

2006-03-28

ca30802006-03-28

[][]スプリングリバーブユニット 14:34

大学のころ軽音楽系のサークルにいたのですが、そこで壊れたアンプを捨てるというのでなんとなくバラして取り出してあったスプリングリバーブユニット。当時はまだ自作なんてしていなかったのに、こんな後になって役立つとは。ともかくずっと部屋の隅に保管されていたそれを再利用すべくリバーブ駆動回路を組み立ててみた。

http://www.chienowa.org/ca3080/sprev.gif

回路図は上の通りです。山下春生さんの記事、「ミュージックシンセサイザーの回路から製作」のミキサー部分からリバーブ駆動ユニットを取り出したものです。オリジナルではリバーブ前にハイパス(C2&R2)とローパス(C1&R1)、リバーブ後にはハイパス(C4&R6)のフィルタ構成でしたが、いろいろやってみた結果、出力側にもローパス(C3&R5)を追加してあります。ちゃんとシールドされた箱につめれば出力のローパスはいらないかもです。とにかくノイズを拾いやすいのでリバーブユニットをちゃんとシールドすることが大事っぽいです。出力側でノイズを拾いやすいのでオペアンプはシングルにして出力側になるべくノイズが飛び込まないように配置などを工夫したほうが良いのかも。

さて音のほうですが、いやはや、やった、バンザイという音、思わず赤飯を炊きたくなります。やはりスプリングリバーブはいいですねぇ。強めにかけちゃっても恥ずかしくならないし(下品にはなるけど)、デジタルのスプリングリバーブシミュレーションとは存在感が全然違います。使ったユニットがけっこうリバーブタイム長めのものらしく、ちょっと使いづらいのですが、これはぜひ他のユニットも入手していろいろ試してみたいですね。

やはりキモは低音をいかにカットするかってところでしょうか。ハイパスを入れないとドロドロとしたいわゆる怨念がかった音になってしまいます。リバーブユニットの前と後でそれぞれフィルタの聞こえ方が違うので、いろいろ調整しながら自分に合った音を探り出すと良いでしょう。ちなみに今回の回路ですと、そのままだとややドロドロ、ミキサーなどで低音を削るなどして調整するのであれば出音としてはちょうどいい感じでしょうか(あくまで主観)。

サンプルサウンドです。SSM2040 FILTERの製作(http://d.hatena.ne.jp/ca3080/20051230)のときに作ったサンプルサウンドにリバーブをかけてみました。元音はこれ(http://www.chienowa.org/ca3080/20051223a.mp3)ですので、聴き比べてみてください。

http://www.chienowa.org/ca3080/revtest001.mp3

単にリバーブをかけただけの音です。雰囲気あるでしょ。

http://www.chienowa.org/ca3080/revtest002.mp3

リバーブを2回録音して左右に振り分けてステレオ感を出しました。リバーブ音は多少ローカットしてあっさり目にしてあります。ヘッドフォンで聴くといいじゃん?

r0r0r0r0 2006/03/28 21:44 を、赤飯たいていますね。
僕のへぼユニットで実験した感じだと、
ユニット出てきた音をユニット前のオペアンプに帰還すると変態ドライブできるようですじゃ。

takedatakeda 2006/03/28 22:35 100Hzぐらいの-6dBのハイパスと5kぐらい-6dBのローパスっすね。
うにうに。出力側にも必要か..うちの怨霊は、対策プラン立てたきり、バンド、クビになったトラウマで放置プレイだし...。

ca3080ca3080 2006/03/28 23:38 手元に書き出したメモでは100Hz以下と6kHz以上をカット、と書いてありますね。山下さんの定数そのまんまです。出力のローパスは、入れないと高音のノイズが気になったのですが、シールドをちゃんとすれば必要なくなるかもです。
「エフェクター自作&操作術」に載ってる回路でも、前段にフィードバックをかけるのがコツみたいなことが書いてあって気になってたのでちょっと帰還実験してみます。

ca3080ca3080 2006/03/29 02:20 リバーブユニットの出力から一段目オペアンプの入力にフィードバックをかけたところ、エキサイターのような音になりましたよ。抵抗はさんでフィードバック量を制御してあげて、1〜2MΩくらいでちょうどようというか、高音に行くにしたがってリバーブが落ち着いてくる、非常に使いやすい感じになりました。これはこれで完成と言った感じだけど、問題は何でこうなってるのか良くわからないってとこ。位相のズレた音がフィードバックしてるからだろうなぁ、スプリングを通った低音と高音で位相のズレ具合が違うんだろうなぁ、とぼんやり想像するくらいしかできません。
あ、今思いついたけどフィルターを-12dBとかにしてあげるともっとスカっとした音になるのかもしれませんね。
最大の問題はリバーブユニットが入るくらいの大きなケースを探してくるってところですかね。大きくてシールドもちゃんとしてるもの、となるとけっこう大変そうです。値段とか重さとか置き場所とか。

ChuckChuck 2006/03/29 06:59 いい雰囲気の音です。私もスプリングリバーブがんばろーっと。

takedatakeda 2006/03/29 15:05 掛けすぎるとやっぱ発振するのかしら。良そうか得て突っ込むとゲイン下がったりするのかしら?
基本的にスプリングでつながってたりするけど、すでに、位相とか全然別のものになってて、一般的な、増幅回路の帰還のセオリーとはちがうものになってて、リバーブ掛かった音をさらにリバーブ掛ける状態なのかな。

ca3080ca3080 2006/03/30 02:10 発振はしません、高音は落ち着いてきて中音がでてきて、低音はカットされ、音量が上がる印象です。スプリングで位相が滅茶苦茶になっていると思うので、リバーブユニットの特性によって結果が変わりそうな気がします。
ギャレットオーディオさん(http://www.garrettaudio.com/)でリバーブユニット買えるんですよね。何個か試してみたいなぁー。

ca3080ca3080 2006/03/30 02:15 つまりは、リバーブユニットを通ることによって、低音から高音まで違った位相のズレが起きてるということでしょうか? 全く予想で言ってますが。
ちなみに僕の使ったリバーブユニットはエーストーンのHS-300ACDというものっぽいです。本体にプリントが入ってました。

2SC18152SC1815 2006/03/30 02:48 おー、いいなあ。

ってコメントをするためだけにhatenaのIDを取得しました。

2SC18152SC1815 2006/03/30 02:51 って、誰だかわかんないし、ID取得しなくてもコメントできることに気付きました。くそう。

CAGE

ca3080ca3080 2006/03/30 13:37 わはは、空回りっぷりがCAGEくんっぽいですね。しかも1815かよと。
早くMIDI>CVのプログラミングしましょう。

nunu 2006/03/31 13:35 IRくださいw

ca3080ca3080 2006/03/31 17:19 IRって畳み込みリバーブのデータだっけ?? どうやったら作れるのかしら。

gangan 2006/04/01 01:58 IR -> Inpulse Response だったら文字通りインパルスをバシッと入れてそれをPCM録音すれば良いです。でもこれだと再生系に一瞬高エネルギーをいれなくちゃいけなくて再生系への負担も大きいし S/N も悪いので time spread pulse というのをつかうほうがきれいな測定ができます。ちょっと昔に勉強したのでうろ覚えですが。

ぬ 2006/04/09 18:26 激カメレスすま。
IR用のスイープとスパイクです。
暇なときにでもこの音をリヴァーブにぶち込んで(2種類別々に)録音したファイルを頂けるとうれすぃーっす。
48khz24bitです。
音いただけたら、こっちに出来たヴァーチャルca3080スプリングリヴァーヴの音をアップしますー。
http://homepage.mac.com/nrt_msk1/FileSharing42.html
.Macですみません。よろっす。
>ganさん
どうも。
色々試しましたが、たしかにスイープの方がきれいにIRが録れるようなのですが、なぜか音楽の中ではスパイクの方が良い気がします。
僕はアルチヴァーブを使っていますが、プリセットも昔のスパイクのプリセットの方が使えるような気がします。
友人ツテで、やっとスパイクのプリセットをみつけました。w
やっぱり少し歪んでなきゃダメなのかなぁなんて思います。

gangan 2006/04/09 23:14 ぬさんどうも。自作インパルスレスポンスでリバーブなんてすごいですね。音楽ではスパイクのほうが良いのですか。理屈どおりに行かない音楽の面白いところですね。