Hatena::ブログ(Diary)

daydreambeliever このページをアンテナに追加 RSSフィード

笙野頼子非公式ファンページ/RESTLESS DREAM 西荻ブックマーク
0000 | 00 | 01 | 07 |
1111 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 02 | 04 | 09 | 11 |
2011 | 01 |

2005/08/28

[] 「400字以上」は苦痛、電子書籍を購入しない理由トップは「読みにくい」

http://japan.internet.com/research/20050826/1.html

2005/08/26

[] 動物ニュース

  • タヌキ観光に振り回される村
    • 知夫の観光振興へタヌキ餌付け(画像あり)

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=102106006

    • 野生タヌキの餌付け難航 観光の目玉と隠岐・知夫村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050826-00000021-kyodo-soci

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081124961292.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050826-00000761-reu-ent

2005/08/25

2005/08/24

2005/08/23

クマった…

2005/08/19

2005/08/05

寺スカル

[] 動物ニュース

http://www.asahi.com/science/news/TKY200508040478.html

京の30社寺に侵入形跡 被害の拡大懸念

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005080500043&genre=J1&area=K10

アライグマといえば鎌倉だと思っていた。アライグマ古都が好き?

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050805-0010.html

「あらためて風太の立ち姿の美しさに圧倒される」…誰のどういう感慨なんだこれってば?

http://www.excite.co.jp/News/sports/20050805061602/Sponichi_kfuln20050805001004.html

ボールボーイ犬のミッキーくんが初のナイターに“登板”。3回裏と5回裏、一塁ベンチ横から球審に3球ボールを届ける任務を完ぺきにこなした。暑さ対策のため腹部と脇部分の毛を3日前にカット。訓練士の上野智美さんは「夕方が暑くて心配しましたが、予想より落ち着いていた。100点満点?もちろんですよ」と満足げ。9月2日巨人戦、同17日中日戦(いずれも広島市民)では外野芝生部分を1周するプランが検討されている。

[][] 先週の週刊書評

伊坂幸太郎アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社

風に吹かれて、流されて僕は

アヒルと鴨のコインロッカー』という小説は、二つのパートから成り立っている。東北大学に進学して引っ越してきたばかりの「僕」の物語である現在と、その二年前の物語と。二つの物語は、一章ずつ交互に配置され、それぞれの物語が並行して描かれていく。その配置に、最初は少し戸惑いながらも、読者は読み進むにつれて、二つの物語の狭間に次第に引き込まれていくことになり、その構成の見事さにいずれは舌を巻くことになるだろう。この作品の面白さを存分に堪能するには、決して軽く読み流したりなどしてはいけない。二つの物語の関連を把握するのはもちろんだが、ちょっとしたエピソードや会話、文体の細部にまでも注意を払うべきだ。二年前の物語については特に。なぜならば、そのすべてにほとんど無駄がなく、小説の中でそれなりの意味を与えられているからである。たとえば、本書のタイトル、「アヒル」「鴨」それから「コインロッカー」、それらの言葉はどうして繋げられているのか?その答えを知りたいのならば、この小説をとにかく丁寧に読み通さなければならない。

本書は、ミステリーとして、そのようにきわめて巧緻に書かれており、その仕掛けだけでも、小説ならではの醍醐味というものを、読者に小気味よく味わわせてくれるのだけれども、この小説は、ストーリー自体にも、フレッシュな魅力が満ちていて、最初は楽しく、やがて切ない。典型的な巻き込まれ型の主人公である「僕」が放つ愚かしいほどの青臭さ。他の登場人物たちも皆、個性的でやけに印象に残る。だって、わたしもね、人間よりも犬や猫のほうが好きなの、かもしれないから。おかげで、感情移入のボルテージが、個人的には大幅に上昇してしまったのだが、逆に言えば、動物に興味関心がない人が、この小説を読んでも、登場人物の心理が理解できなかったりするのかもしれない、などと、ふと思ったりもしたのだが、どうだろうか?

http://books.bitway.ne.jp/shop/mt-detail_B/trid-main/ccid-0201/cont_id-B0690500025.html

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)

2005/08/04

雑食猫