Hatena::ブログ(Diary)

daydreambeliever このページをアンテナに追加 RSSフィード

笙野頼子非公式ファンページ/RESTLESS DREAM 西荻ブックマーク
0000 | 00 | 01 | 07 |
1111 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 02 | 04 | 09 | 11 |
2011 | 01 |

2006/03/30

[][] まとめ後記

このまとめを作った動機が、あまりにも個人的なものであると、作ってからやっと気が付いてしまったから、「暫定」を「個人的」に書き換えた。だって私は「オタク女子」でも「腐女子」でもないから。じゃあ「文化系女子」?まあ、そうかもしれないです。あるいは「文学少女」?ああ、「ユリイカ2005年11月号/特集:文化系女子カタログ」において、私に与えられたキーワードは確かにそうでしたね、はい。そうなのだ、私(=木村カナ)はあの文章の末尾に付したブックリストで、はっきりとこう書いている。

笙野頼子『幽界森娘異聞』(講談社

森茉莉やおい、猫……本特集のサブテキストとして。ちなみに筆者は笙野頼子ファンサイト管理人でもある。

それなのに。杉浦由美子氏の『オタク女子研究 腐女子思想体系』という本にはこう書いてあるって言うじゃないのさ。

文化系女子は、男性に「どんな作家が好きなの?」と言われた時に「町田康とか中原昌也とか」と答えるでしょう。決して、江國香織とは言わない。笙野頼子なんて読んだこともない。

町田康さんも中原さんもミュージシャン出身で男性に人気があります。「女の子中原昌也とか読むんだ。僕も大好き。ねえ、どの作品が好き?」という風に会話が続いていくのでしょうか。

ああ、そうなんだ。笙野頼子大好きでファンサイトまで運営している私は、やっぱり「文化系女子」ではなかったんだなあ……って、いや、ちょっと待てよ。「ユリイカ2005年11月号/特集:文化系女子カタログ」において、私は「本特集のサブテキスト」として、笙野頼子氏をはっきりと推薦したのである。文化系女子vs腐女子、という対立構図を杉浦氏はbk1インタビューでも提出しているのだけれど、私は、その両者の最大の結節点として、「文化系女子カタログ」のカタログたる所以を指し示す指標として、笙野頼子の『幽界森娘異聞』をセレクトしたのではなかったのか?そういう視点をあえて提示した筆者からすれば、「文化系女子は笙野頼子なんか読まない」という文言に関しては、筆者の文章もまた、公開質問状を提出している金巻ともこ氏と同様に、まったく読まれていないのか、さもなければ、都合が悪い論点であるがゆえにおそらくは無視されているかのどちらかであろう、と考えざるをえない。

ところが、杉浦氏は、ブログで自らが笙野頼子氏の愛読者であることを公言しているし、「AERA」の「スローセックス」の記事においても、重要な論証として、笙野氏およびその作品と読者層について言及していた。だとすれば、2000年からスタートし、YAHOO!JAPANにも登録されている、「笙野頼子非公式ファンサイト」の存在をまったく知らないわけはないであろう。

えっと。筆者自身は無視されようが何をされようがちっとも構わない。こうした言挙げを行うことによって、無名ライターの嫉妬だとか何だとか揶揄されても、私は一向に気にしないつもりだ。しかし、ブログで「頼たん♪」という愛称で呼んでいる、読み慣れてすっかり親しんだはずの笙野氏に対して、杉浦氏は今現時点で、何ら恥ずるところがないのだろうか?

id:Panza氏が「笙野頼子ばかりどっと読む」において、つい最近にも強調しているように、

笙野頼子作品は常に戦いとともに在ると、いうことだけは覚えておいて欲しいのだ!

と、私も杉浦氏に、同じ笙野頼子ファンとしてぜひとも呼びかけたいと思う。ご本人のブログでの自著に対するネガティブコメントの全削除や、ネット上で公式に提出された公開質問状を丸一日*1無視する、そういった手段が、書き手同士の仁義として、物書き間の倫理として、「戦う純文学作家」笙野ファンのあり方として、正当なものであるか否か。モテ非モテか、処女か非処女か、そのような問題設定の条件下で、笙野氏の作品を、ネット文芸誌ではなく、「AERA」という「一般メディア」上で論じてみせる*2ことに、はたして意味があるのか否か。今一度、再考していただきたいと思う。同じ笙野ファンとしての心からの忠告として。

腐女子文化系女子は笙野頼子を読まない? - kimukana(id:cachamai

とにかく、そういうカテゴライズとは関係なく、笙野頼子

みんなが読んでくれればいいんですよっ!

そこの腐女子さん、男性キャラカップリングだって?

いやいや、そんなのは対幻想の延長線上じゃあないのかい?

そこの文化系女子さん、モテたい計算ずくじゃなくて町田康が好き?

じゃあ、笙野頼子も読んでみようよ!にゃー!!!

Don Quixote BBS*3より引用

*1:4/1追記:「メールの返信が来るまで私側からのアクションは一時休止」と宣言した金巻氏のブログはその後更新されていない。原書房サイト内「編集部の窓から」http://www.harashobo.co.jp/editor/bbs/mbbs.cgi更新が3/31夕方に行われたがその内容は「『オバサン論―オバの復権をめざして』はおもしろいなー。」(O西)というものである…。

*2http://sugiura170.cocolog-nifty.com/sugi170/2005/08/post_d6e6.html

*3http://www4.rocketbbs.com/741/kompira.html

chinoboxchinobox 2006/04/01 12:06 金巻氏のコメントとともに杉浦氏にコメント削除された千野帽子です。
mixi日記にも書きましたが、読書畑の文化系女子に笙野頼子は不可欠と信じて生きてきました。
文化をモテツール呼ばわりされては堪ったものではありませんね、まったく。

cachamaicachamai 2006/04/02 11:59 chinoboxさん、コメントありがとうございます。この本によれば、文化系女子とは、文学も思想も音楽も、モテツールとしてお勉強する人たち。chinoboxさんはそういう女子にまんまと釣り上げられるインテリさん。笙野頼子は非モテアイテム。とすれば、私は、ツールとかアイテムとして読書をする自称・文学少女、ということになってしまいますね。まったく、たまったものではありません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cachamai/20060330/1143712383