cactiの日記

 | 

2018-02-11

Fusion360モデリングしたデータBlenderにはSTL形式できれいに渡すことができる。

f:id:cacti:20180211134636j:image:w400

Fusion360側でSTL形式に出力する方法ブラウザで保存したいオブジェクト(全部ならルート)を右クリックすると

STLで保存するメニューが出る。簡単メッシュの細かさも設定できる。

なぜかエクスポートメニューの中にはSTL形式がなく、他の一般的形式もなかったので不安になったが、これで問題なし。

クラウドの共有機能を通してOBJでダウンロードする方法もあるが、そんな手間も必要なくなった。


今日はなかなか得るものが多かった。BlenderのCycles Renderは自分にも扱えそうだ。

最近Blenderは表示形式を「Render」にしておくとそのレンダリングエンジン作業画面がリアルタイムプレビューされる。

過去にもレンダリングBlenderでやってたことはあるけど、カメラとシーンの配置が面倒でしょうがなかったが、

これでその面倒な作業から解放される。

 |