Hatena::ブログ(Diary)

<引っ越しました>ソニーな店長のつぶやき???(引っ越し先は、最後の記事で確認ください)

2013-06-13

S、SZ、Zユーザーに捧ぐ。VAIO Pro13レビュー!

WS000001

本当にイイデキバエ。今回新発表された新筐体のVAIO3機種、、、「Duo13」、「Pro11」、そして、この「Pro13」。その中でも、バツグンのまとまってる感を醸し出しているのが、Pro13だろう。

モバイルPCとしては、13型という大画面。
それでいて、軽量薄型。
なにより、2004年9月にtypeSが登場以降、13型最強モバイルVAIOは、モデルチェンジを繰り返しながら今まで発売されてきたという、安心感。このサイズのモバイルPCは使いやすいんだろう。いや、間違いなくイイ!

といいつつ、、、最後の3代目Zの登場からまもなく2年。Windows8モデルすら登場しない、Z系列。

S、SZ、Zオーナーさんたちは、、、今後どうすりゃいいの?と、完全難民生活。

さぁ、Pro13は、そんな難民達を救えるのか?

●Pro13をリプレースマシン候補にしていいのか?

さて、、、当店ブログ「VAIO Pro11は、Tの後継ってことでOK?Pは?Xは?」をアップしてからというもの、S、Z難民なんすけど?というお問い合わせがちらほらと。特に、Zの最終モデル(Zは、2度のフルモデルチェンジで3モデルあった)は、S〜SZ〜Z系統初となる光学式ドライブレスという、思い切ったデザインで、賛否両論=とんがった製品として、熱烈なファンが生まれたわけで。
その後継機種の登場を待つ気持ちは、よーーーくわかる。
ってことで、Pro13は、、、S〜SZ〜Z難民にとって、気になってしょうがないモデルのはずっ!

では、S、SZ、Zのそれぞれ最終モデルをおさらい比較してみよー。

  typeS typeS(SZ) Z(三代目)
  ph_02 ph_06 z21_b
画面サイズ

13.3型
1,280×800

13.3型ワイド
1,280×800

13.1型ワイド
1,920×1,080

CPU PentiumM Core Duo Core i7
薄さ 29.9〜35.4mm 22.8〜33.7mm 16.65mm
312.5mm 315mm 330mm
奥行き 224.8mm 234.3mm 210mm
重量 1,950g 1,690g 1,150g
光学式ドライブ あり あり なし
バッテリー時間※ 4.5時間 7時間 9時間

※バッテリー時間=最軽量時の最大持続時間

どの3機種も発表直後、心躍りまくってたのを覚えてる。 特に、Zになってからは、2度のフルモデルチェンジをしてるが、それがまた、すごかったよね^^
このサイズを最強モバイルとして、見事に確立したよねぇ。
ソニーとして、当時の持てる技術をすべて投入した感があって、IT業界の縮図のような(←言い過ぎ?^^;)

んじゃま、Pro13のスペックも並べてみよ。

  Pro13
(タッチパネル搭載)
解説
  2  
画面サイズ 13.3 型ワイド
1,920 × 1,080
TRILUMINOS
CPU Core i7  
薄さ 12.8〜17.2mm 手前が薄くなってる
322mm キーピッチ19mm
奥行き 216mm  
重量 1060g タッチ無しは940g
光学式ドライブ なし  
バッテリー時間※ 13時間 拡張バッテリーで、なんと26時間に!

※バッテリー時間=最軽量時の最大持続時間

タッチパネル搭載なのに、3代目Zよりも軽く、薄く!
さらに、スタミナ!

また、搭載されている、第4世代Coreプロセッサは、電力効率向上&GPU強化が、特長。Pro13は、3代目Zの外付GPUに、匹敵するという噂もあり、、、こうなると、タッチパネル搭載も考慮して、爆裂的な軽量化に成功したと言えるかも。
ただ、U番最速のCore i7 4650Uを搭載したDuo13の存在が、最強モバイルの称号を与えるのをジャマしてるのも事実。そこは、ハイスピードSSDがどこまでカバーするのか?

ということで、Pro13、、、いいよね!

では、、、具体的な、Pro13の特長を見てみよー。

●PCIeのハイスピードSSDは、爆裂に速いという。。。

VP21_feature_18

やはり、Pro13の最大の特徴は、これじゃないだろうか?
どうも、ソニーオフィシャルWeb、ニュース系サイトも含めて、地味な扱いな感じが残念なんだけども。。。
確かに、実機でベンチマークとったわけじゃないし、その辺の情報もなさげだが・・・。どう考えても、ストレージの速度が2倍ってのは、全体のパフォーマンスに大きく影響を与えるんじゃないかと。。。

近々実機が入荷してくるので、ベンチ測定してみるつもり。。。

●「UDカーボン」と「アルミ」を使いこなし、軽さと強さを両立

軽量薄型PCにありがちな、、、贅肉落としすぎて、筋肉まで落としちゃって、、、結果、貧弱に。。。ダメダメなパターン。

WS000004
↑red editionのページがわかりやすい

そこで、UDカーボンとアルミを要所要所で使い分け、軽いのに強いボディを創り上げたわけだ!そう、、、「細マッチョボディ」の誕生だ!

ノートPCに使われるカーボンはクロスカーボンといわれるが、UDカーボン(東レ製)は、さらに強く軽い素材。ただ、加工が非常に難しく、Pro11では、ソニーの長年培った、カーボン加工技術により、天板として採用できたらしい。
確かに、同サイズのクロスカーボンやアルミと比較してみても、持てばすぐわかるほど、軽さを実感できた。

↑カーボン素材へのこだわりの、動画。。。

●「音」が、、、モバイルPCとは思えないほど、、、超絶にイイ。音量もすごい!

DSC09993

実際に聞いてみた!すごい!

正直なところ、、、今まで、VAIO SZに搭載されてた、Sound Reality以降、あまり、モバイルPCには音質を求めたことがなかった。
というか、それ以前に、スピーカーまでもが小型化されてて、音質云々言う以前に、「音が小さい」。

ところが、Pro13に関しては、、、スピーカーが鳴った瞬間、明らかに、従来のモバイルPCのそれとは、異質の音が。とにかく、パワフルな音に驚かされる。

http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/602/716/html/20.jpg.html

↑理由はこれ。Pro13の分解写真に、はっきりと大容量のボックススピーカーが写っているのがわかる。感心するのが、Lスピーカー(写真向かって右)、、、ヒートパイプをくぐって配置されてる。右と左のスピーカーの形状が非対称ってことだ。

・コンテンツにあわせて最適な音質を設定できる「ClearAudio+」
・内蔵スピーカーの音圧を強める「xLOUD」

などのソニー独自の高音質技術も採用されている。

なるほど、音が気持ちイイのも納得だ。

昔に比べて、今は、気軽に動画コンテンツを楽しめるようなインフラが整い、モバイルPCといえど、音が少しでもいいに越したことはないよね。
っていうか、音楽までも楽しめるレベルだ。

●「絵」が、、、モバイルPCとは思えないほど、、、超絶にイイ!

VP21_feature_13

↑色がキレイ!

色がきれいだと、写真見たり、動画みたり、、、とにかく、映像全般が圧倒的に美しくなる!

VP21_feature_14

↑トリルミナスのイメージ

VP21_feature_11

↑きめが細かい

本来のPCとしての使用=ブラウズ、メールなど、、、フルHDの効果により画面内にたくさんの情報が表示される。画面がより広く使える。

VP21_feature_15

↑ソニー自慢の高画質回路。BRAVIAの技術。高画質動画、低画質動画。ありとあらゆる映像ソースを、鮮明な映像表示にする!

VP21_feature_12

↑広視野角

●スムーズタイピング!

VP21_feature_07

キーピッチ→タイピングが快適に行えるかどうか判断できる数値。

Pro13は、19mm。
なんの問題もなく、快適タイピングが可能。
今打っている文章も、同じくキーピッチ19mmのVAIO Zでタイピング。なんの違和感もない。

また、、、これだけ、薄く軽いくせに、Pro11のキーボードは、、、しっかりと「光る!」。。。だから、暗い場所でもタイピングができる!とか、、、そんなことは言わない。。。「光るとかっこいいじゃん!」そうさ、見た目大事なのさ♪

●こだわりのタッチパネル液晶、、、のヒンジ!?

VP21_feature_08

まさに、うんちくレベルかもしれないが、、、実際に使ってみても気付かないだろう(ぇ
ただ、、、これがなければ、使いづらいはず。あって当たり前なのかもしれない。

VP21_feature_09

液晶を開け始めるときは、ヒンジが固い。簡単にぱかっと開いちゃうと困るからね。で、、、少し開けると、スッとヒンジが軽くなり、、、一気に開けやすくなる。が、、、開ききったところでは、ヒンジはまた固くなる・・・タッチパネル液晶だから、指で押さえるから!

とまぁ、言われてもわからないこだわりかもしれないが、ないと本当に使いづらいはず。実機にさわるときは、必ず、液晶の開閉動作を行い、ヒンジの絶妙のこだわりに注目してほしい。

●その他(って、ひとまとめにしたくないけど)

●Rapid Wake/Rapid Wake+ECO

正直、、、起動時間は爆速。製品で試してみないとわからないが、シャットダウン状態からの起動時間は、6秒〜くらいだと予想される。

●USB3.0×2(うち1ポートは、電源オフ時でも給電が可能)

4,125mAhのバッテリーを、、、スマホやウォークマンへおすそわけ充電が可能。
もちろん、AC電源なしでも可能だから、バッグへ放り込んでの移動時などにも、Pro11→スマホなどへ充電ができる。モバイラーには、相当便利な機能のはず。(最近のモバイルVAIOでは標準搭載の機能)

NFC搭載

やはり、Bluetoothのベアリングの簡略化(かざすだけ)は、特に便利だろう。

●まとめ

今回の夏モデル第2弾の中で、、、最もまとまったVAIO言えるのが、このPro13だろう。3代目Zは、モバイルPCとして、完成の域に達したと思うが、それをさらにチューンナップし、見事なVAIOに仕上げてきた。
画面サイズ、重量、、、トータルで見ても、オールラウンドなVAIOだろう。
また、価格も、Z系統とは思えないほど抑えられたのも、大きな魅力の一つ。

そして、、、Pro11と迷っている人も、すごく多いようだが、、、

「Pro13は、、、メモリ8GBがチョイスできる!!!!」

↑これ、4GBMAXなPro11に対して、ものすごいアドバンテージだろう。
ヘビーに使うメインマシンをお探しなら、迷わず、Pro13をオススメだ。

-----------------------------------------------------

pro-13

Pro13 |red edition スペックと価格をシミュレーションする
Pro11 |red edition スペックと価格をシミュレーションする

Pro13/11 標準カラーや、特長についてはこちら

duo13

Duo13 |red edition スペックと価格をシミュレーションする

Duo13/11 標準カラーや、特長についてはこちら

Duo13は、エントリー登録制です!迷う前にとりあえず、登録を!

fit

>Fit15/14 |red edition スペックと価格は、近日公開予定

Fit15/14 標準カラーや、特長についてはこちら

当店ブログ「red edition」の話はこちら

VAIO Pro13、Pro11 先行予約販売開始から一夜明けて、人気カスタムチェック!

T、P、Xユーザーに捧ぐ。VAIO Pro11レビュー!

-----------------------------------------------------

当店ブログ VAIOカテゴリーはこちら

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/calltencho/20130613/1371120013
Connection: close