Hatena::ブログ(Diary)

Oh, you `re no (fun _ → more) このページをアンテナに追加 RSSフィード

Ah well, a dromedary has one hump and a caml has reference cells, buffers, and a garbage collector.

2014-07-17

Tシャツを印刷するには

utme http://utme.uniqlo.com/ が日本ではちょっと流行っているようです。一枚から。1990円。私もデザインだけしてみました:

シルクスクリーンは品質は良いんですけど、スクリーンを作る必要上、フルカラーは無理(普通は単色で、地色とのコントラストにあなたの感性が問われる)そして枚数が少ないと単価が恐ろしいことになりますね。数年前に50枚ほど作ったときは一枚1500円以下に抑えられましたが…一枚だけ欲しいときは無理よね。で、この utme だとシルクスクリーンによる量産よりはちょい高いがフルカラーで印刷できて一枚から作れる、納期も短いってことで、良いとこ狙ってるなぁて感じです。品質は知らないけど。

で、私はシンガポールに住んでいるので日本のユニクロに注文しても最終的にブツをこっちに持ってこなくてはいけない。1990円では済まない。なので同じのはこっちにあるかしらねー。去年はTシャツに直接プリンタに出力するようなものはなかった。サブカル大国日本とは勝負になりませんね。と思ったら今年見たらあった。 DTG (Direct to Garment) というらしい。のでメモ。

両方とも発注とかはフォームにちょこちょこ書く系で自動化率は低い。その辺は手作りのコミュニケーションlah。下の方がセンスがいいが高いね。シャツのモノは同じ会社みたい。25SGD でも 2000円なのでまあ一回試してみようかな。

他の会社もあったけど値段が書いていない。ホンマ商売下手よねー