Hatena::ブログ(Diary)

日本カミュ研究会 Société Japonaise des Études Camusiennes

2018年12月08日 日本カミュ研究会第67回例会

日本カミュ研究会第67回例会

12月16日(日) 15時〜17時

会場 ベーコンラボ京都駅 https://minakata-science.com/


15h-15h45 Hiroyuki Takatsuka,

      Le meurtre d'un enfant et le dernier paragraphe

      -- un réexamen du processus d'élaboration de "L'Hôte" d'Albert Camus

15h45-16h Discussion


16h-16h45 Sophie Bastien,

       "Donner une voix à ceux qui n'en ont pas".

16h45-17h Discussion

2018年10月31日 Présence d’Albert Camus, No 10

Société des Études camusiennes が編集・発行する

Présence d'Ablert Camus, No 10

が刊行されました。

f:id:camus-ken:20181117154342j:image:medium

内容詳細は、こちらで。

http://www.etudes-camusiennes.fr/wordpress/2018/10/03/presence-dalbert-camus-n-10-2018/

購入は、既刊号も含めて、フランス図書でお願いします。

http://www.francetosho.com/

2018年05月05日

日本カミュ研究会 第66回例会

2018年 6月2日(土)10時〜12時

獨協大学埼玉県草加市学園町) 西棟W202教室

研究発表(フランス語

Marie-Térèse Blondeau :

« De l'insignifiance: les êtres mécaniques dans La Peste »

Io Watanabe :

« Langage et banalité de La Peste » (仮題)

◇非会員の方の参加を歓迎します。

 お問い合わせは、代表まで。

2017年11月25日 日本カミュ研究会第65回例会

日本カミュ研究会第65回例会

12月17日(日)15時―17時

ベーコンラボ京都駅京都駅徒歩2分)

http://minakata-science.com/

★研究発表

稲田晴年 『シーシュポスの神話』における死の問題

フィリップ・ヴァネ  Du nouveau... au Soir républicain

​★懇親会 17時30分

加賀屋 京都店」 (ジェイアール京都伊勢丹8階)

一般の参加を歓迎します。

問い合わせは次へ。

mino.hiroshi[アットマーク]gmail.com

2017年06月15日

「カミュ研究 Etudes camusiennes」 No 13

シーシュポスあるいは武士道の精神―カミュ九鬼周造 三野博司
アルベール・カミュ『手帖』第7ノート―決定稿までの2段階の修正高塚浩由樹
Camus et l'antiquité : Une source toujours vivanteMartin RODAN
Le mauvais coup des MandarinsPierre-Louis REY
Essai : Eckhart, Husserl : deux fuites de Camus devant le sens du tempsJean SAROCCHI

定価 2000 円  

編集 日本カミュ研究会 (第13号編集委員:三野博司、フィリップ・ヴァネ、竹内修一)

発行 青山社 http://www.erratum.jp/seizansha/index.html

取扱い書店 フランス図書 http://www.francetosho.com/

2017年05月10日 日本カミュ研究会 第64回例会

日本カミュ研究会 第64回例会

2017年 6月3日(土) 11時〜12時

東京大学駒場キャンパス 5号館 514教室 

研究発表 茨木博史 「シーシュポスの神話カミュとそれ以後」

夕刻から懇親会も予定しています。

2016年11月14日 日本カミュ研究会 第63回例会

日本カミュ研究会 第63回例会

12月24日(土)14時半ー17時

キャンパスプラザ京都(JR京都駅前)

http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

第5演習室(30名)

http://www.consortium.or.jp/wp-content/uploads/se51.pdf

演習室の利用時間帯は14時30分―17時50分です。

10分前から受付開始ですので、14時20分まで入室できません。

ロビーでお待ちください。

2016年04月19日 日本カミュ研究会第62回例会

日本カミュ研究会 第62回例会

2016年 5月28日(土) 10時-12時

学習院大学 目白キャンパス 西1号館3階316

10時〜11時 講演 Martin Rodan (Université Hébraïque de Jérusalem)

         « Camus et l'antiquité, source toujours vivante »

11時〜12時 研究発表 善本孝 (白百合女子大学

      「『転落』における「笑い」とクラマンスの語りの構造」   

一般の方の参加を歓迎します。

18時半からMartin Rodan 氏を囲んで懇親会を予定しています。

2015年11月30日 日本カミュ研究会第61回例会

日本カミュ研究会第61回例会

12月19日(土) 14時30分‐17時

キャンパスプラザ京都JR京都駅から徒歩5分)

2階、第一会議室

http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

アルジェリア紀行報告    惟村宜明

カミュにおける殺人と潔白  三野博司

研究の現在 各会員


17時30分ー19時30分 懇親会を予定しています。​

一般来聴・参加を歓迎します。

mino.hiroshi@gmail.com までお知らせください。

2015年06月03日

「カミュ研究 Etudes camusiennes」 No 12

誰が誰に同意を求めるのか? −『異邦人』最終章の自由間接話法と翻訳の問題 竹内修一
所有と連帯−「不貞」「口をつぐむ人々」「ヨナ」の比較研究渡辺惟央
カミュにおける「墓地」−記憶と忘却三野博司
Le Processus d'élaboration de L'Étranger Yosei MATSUMOTO
La Source « russe » de « L'Hôte » dans L'Exil et le RoyaumeHiroyuki TAKATSUKA
De la documentation à la création romanesque : le cas du Premier HommeYasuku CHIJIIWA
La Grande Guerre dans Le Premier HommeAgnès SPIQUEL

定価 2000 円  

編集 日本カミュ研究会 (第12号編集委員:三野博司、フィリップ・ヴァネ、稲田晴年)

発行 青山社 http://www.erratum.jp/seizansha/index.html

取扱い書店 フランス図書 http://www.francetosho.com/