Hatena::ブログ(Diary)

菅野康太Blog 輪るPh.D戦略

2011-08-23

オシャレな白衣

| 17:14 | オシャレな白衣 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

f:id:can-no:20110823171240j:image:w640



欲しい、忘れないように、貼っときます。


Fashionsnap

オシャレな白衣とは?世界初「白衣×ファッション」ECサイトがオープン

http://www.fashionsnap.com/news/2011-08-07/classico-web/


クラシコHP

http://www.clasic.jp/classicostyle/

http://www.clasic.jp/

2011-04-03

僕は、僕なりに求めている

| 02:11 | 僕は、僕なりに求めている - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

僕は、僕なりに音楽を求めている。

ただただサウンドに身を任せるだけで救われる時もある。


僕は僕なりに、金も、女も、食も、休息も、人並みの全てを求めている。

今の僕は、かなりの勢いでタバコ珈琲も求めている。

それらがなければ、研究も学問も出来ない。


だけれども、最後まで僕の中に残りそうなものも、学問な気がする。


学問とは、それは、世界を知る行為。

そして世界はまた、人並みの全てで満たされている。

mukku3868mukku3868 2011/04/04 17:47 こんにちは。
ちょっと質問したいのですが、 人並みって 何を示しますか?
ナルホド!と 思う言葉が多いながら ちょっと意外な感じがしたので〜(*^o^*)
深く考えないで下さいね。

can-nocan-no 2011/04/05 09:34 ありがとうございます。

僕もなんとなく書いたので、この相対的な言葉にたいした意味は無いのですが、

同じく、定義し難い「普通」と同じように使っております。

職業によっても、文化によっても、「人並み」はことなりますが、
震災によって人並みのくらしがおくれなかったり、関東であってもこれまでような電力消費生活が送れない可能性があることから、使いたくなったのでしょうか。

あとは、学問的枠組みから切り離されがちなことを、切り離したくない、という、気持ちもあります。

やはり、あまり深い意味も定義もないです。
すみません。

2011-03-31

昔の自分

| 03:25 | 昔の自分 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

昨日は、久々に大学時代の早稲田の後輩二人と飲んだ。

昔の自分の方が、「徹の精神」を持っていたのだなぁと、思い出させてもらった。


何に躊躇しているのか、分からないが、僕は、昔より無理をしなくなった気がする。2年前に一度体調を大きく崩したから、体に無理をさせたくないのか、心に無理をさせたくないのか。

それとも、仙台から所沢・東京に出てきて、初めての一人暮らしや、初めての場所で、必要以上に気を張って、必要以上のことをしていたのか。

大学学部時代の方が暗記もすぐ出来たし、徹夜したって、一日活動出来た。オールしたって次の日が怖くもなかった。

今より時間が会った性かもしれないけど、知識を得るために論文も沢山精読したし、今よりずっと本も読んでいた。

大学院に入ってから、流れるように時間が過ぎ去る中で、経験として様々なことをして経験値がたまって、一見力がついたような気もするけど、それは、あくまでポテンシャルを具現化したり、そのこつを体得しただけで、僕の中に持ちうるものそれ自体の幅や思考の精度は、それほど上がっていないのかもしれない。

何より、僕は、無理を出来なくなった。


それは、心の安定が足りないせいなのかもしれないけれども、また、昔の自分に立ち戻ってみても、良い頃なのかもしれない。

2011-03-22

仙台、宮城、東北!!!の好きな物

| 03:43 | 仙台、宮城、東北!!!の好きな物 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

とにかく、故郷の好きなものを、夜中に列挙したくなったのどぁ!


多分、忘れるものもあるが、それは、また後日。



・ずんだもち(アノニマス)

とりあえず、ずんだ茶寮の

http://www.shop.sanzen.co.jp/shop/c/c10/

f:id:can-no:20110323040110j:image





小さい頃、ばあちゃんとよく作った。

私は、ずんだもちが、とにかく好きだった。




・お茶の井々田、喜久水庵

喜久福

http://www.ocha-igeta.co.jp/products/sweets.html

f:id:can-no:20110323033809j:image




これは、私が仙台を離れてから出来たのか、

全然知らなかったのだが、いつのまにかBRUTUSの抹茶スイーツで

No. 1を取っていた。

ちなにみ、井々田の何代目かは、うちの妹の同級生である。



・定義山の油揚げ

f:id:can-no:20080417142519j:image

f:id:can-no:20110323033840j:image



デカい。意外と、いい寺がある。

かつて、この山の読み方は

ジョーゲサンだと思われていたが、実際にはジョーギサン。

「ゲ」と読んでいたのは、単なるなまりらだったしい・・・

ばーちゃん、ずっとジョーゲって言ってたよ・・・

嫁いだ頃のお袋は、これは「ゲ」と読むんだと、教わったらしい。





・萩の月



小さい頃、食べ過ぎて飽きた。

が、東京にいったら、思った以上に人気で、ビックリした。

大きくなって食べたら、めちゃくちゃ美味しかった。



・伊達絵巻

f:id:can-no:20110323033911j:image


萩の月と同じく、菓匠三全のお菓子。

萩の月に隠れているが、僕は、あんこ味のが好きだ。

意外とマニアックなファンが関東にもいるのだ。


・白松

http://www.monaka.jp/

f:id:can-no:20110323033936j:image


白松の最中、ではないのだ!

「白松が最中」、「が」!なのだ。

ちなみに、他にも「が」がある。

この記事を書いていて気付いたのだが、

monaka.jpって・・・よく取れたな。

ミニサイズが、可愛くて、食べやすい。


・さんま!!

石巻の、さんま!!

RF1でしょっちゅう甘辛いのが出てるから、

買ってしまうのだ!



・ふかひれ

気仙沼のふかひれは、凄いんだよ!!

たまに、家族で良いことがあれば、食べたな。


・カキ

カキとういと、みなさん、広島を思い浮かべているだろう。

しかし、宮城も負けていないのだ。第二位の水揚げ量なのだ。

良質なのだ。

f:id:can-no:20110323033951j:image


実家の近所に、かき徳という店があって、店先で

やたら白粉の濃いおばちゃんが、カキフライを売っていたのだが、

元気だらうか。

http://www.kakitoku.co.jp/



・牛タン

僕はたいして好きでないが、やはり、仙台のは

肉厚らしい。



・一の蔵・すず音

http://www.ichinokura.co.jp/syohin/t/suzune.html

f:id:can-no:20110323034017j:image

f:id:can-no:20110323034016j:image


たいして日本酒を飲まない僕も大好きな、

スパークリング日本酒。あの、一の蔵のスパークリング版。

何種類かある。特に「花めくすず音」はピンク色で、

これを仙台のお土産にもって帰れば、女の子はイチコロなのである。



・仙台長なす漬け

http://www.sendaimeiten.com/maker/okadanonaganasu/

私は漬け物が嫌いだから、これは食べないが、

茄子は好きである。

ちなみに、私の父は、茄子ヒロシ。



・いろは横丁

http://www.sendai-iroha.com/


私は、この壊れそうな商店街が、大好きだ。

この中にある、服屋でいつも、実家に帰れば、

福を買う。このチョイスが一店舗で集まる店は、

東京でもそうないらしい。

ちなみに、ここで買ったトリッペンの靴は、ちょーお気に入りである。

他には、快晴堂、15、pure blue japanなど、渋いラインナップが揃う。

店主自作の内装も、心地よい。向井側には、レディースも。

店主は、僕をいつまでたってもジョーと呼ぶ。

レディース店舗のお姉さんは、とにかく僕の話によく笑ってくれる。

この、横丁で、煙草を吸うのが、落ち着くのだ。

f:id:can-no:20110323034053j:image




・松島

仙台自体は、住み良いところだが、たいして観光する場所はない。

食べ歩きは、良いかもね。

しかし、やはり、見るなら、市を飛び出し、松島だ。

本当に美しい、海だったのを、覚えている。

f:id:can-no:20110323034236j:image

f:id:can-no:20110323034235j:image

f:id:can-no:20110323034233j:image

f:id:can-no:20110323034232j:image

f:id:can-no:20110323034230j:image

f:id:can-no:20110323034229j:image

f:id:can-no:20110323034227j:image








落ち着いたら、みんな、東北へ!!


このシリーズは、続けます。


*ちなみに内田麻理香さんが立ち上げたtwitterの

#tohoku_fav もチェックしてみてください。

みんなの好きな東北が集まってす。

http://togetter.com/li/113834

can-nocan-no 2011/03/23 21:47 宮城出身、佐藤賢一先生ブログでも、
宮城、東北の名産調理例が!!
http://ameblo.jp/satokenichilab/entry-10839286316.html

鍋島のぞみ鍋島のぞみ 2011/03/25 17:39 貴重な情報、ありがとうございます。

とても参考になるブログだと思い、
自身のブログで紹介させていただきました。

自分は関東在住で、大きな被災はしていませんが、
一人でも多くの東北の方、他の地域の方に
見ていただきたいと思い、掲載させていただきました。

ご報告が更新後になり申し訳ありません。
不適切でしたら削除いたしますので、
よろしくお願いします。

can-nocan-no 2011/03/26 01:00 鍋島さま
ご連絡とブログ掲載有り難うございます。
仙台市内は大分落ち着き、あとは物資の供給とガスが復旧すれば
それなりになんとかなりそうというのと、現地では人伝に情報が得られるようになってきているようですし、沿岸部に関してはやはり拙ブログでは到底支援出来ないため、支援情報はほぼ更新をやめてしまいました。
しかし、今後は東北にまた多くの皆さんに足を運んでもらい、これまで以上に人々に知って頂くために、微力ながら故郷仙台、宮城、東北の、私が好きなところを発信出来ればと思っています。

いや、ホントに微力なので、今後ともよろしくお願いいたします。
是非、いつか松島へお運びください。

2011-03-13

ここから、もう一度

| 01:49 | ここから、もう一度 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

昨日から、私の実家がある仙台での支援状況をtwitterやwebからあつめ、拙ブログ

http://bit.ly/eXVjig

に書きためてはtwitterで発信していましたが、仙台中心部はかなり回復したようで、お礼の書き込みをくれる方もいました。

徐々にでも、すでに復旧に向かい始めていると、信じます。




約30年前、私が生まれる少し前、やはり宮城県沖地震で多くのものが失われました。


その教訓から、建築基準法は改正されました。

この震度でも、水害が無かった場所での倒壊が起きなかったのは、

かつての地震に学んだからでしょう。

物心ついた頃の私には、その傷跡を感じさせない街でありました。

そこで、育ちました。

今は絶望的でも、必ず、日常は戻り、

東北の街から、日本はまた、前に進んでいくものと、信じます。

mukku3868mukku3868 2011/03/15 20:03 お邪魔いたします。
高校時代の恩師が、東京から仙台に移り住んでいます。癌を患っており JR仙台病院 もしくは塩釜市北浜のマンション12Fに住んでいますが、連絡が取れません。でも ブログを偶々見つける事が出来て 希望が持てました。
義姉の両親は釜石の堤防脇に住んでいますが、未だに兄夫婦と連絡が取れていない様です。

有り難うございました。

can-nocan-no 2011/03/15 20:28 今日も、安否不明と言われた県内の方、約9700人が、無事であったとのこと。お気持ち、お察しする、と言うと、無責任ですが、この例のように、希望も持てると、信じたいです。
私も、東京から無事をお祈り致します。
菅野康太