Hatena::ブログ(Diary)

菅野康太Blog 輪るPh.D戦略

2015-02-28

世界との接点とも言える色の情報は、どちらも確かに残されてはいるようだ

19:50 | 世界との接点とも言える色の情報は、どちらも確かに残されてはいるようだ - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

話題になった「ドレスが白金に見えるか、青黒に見えるか」問題は、僕には結構重要な問題だった。

色は、僕にとって非常に大事な、世界との接点だからだ。

f:id:can-no:20150228191059j:image:medium


ことの次第がよくまとまっているかなぁと思える記事はこちら。リンクも豊富。

http://www.softantenna.com/wp/unknown/dress-color/

SNSで知人の反応をみてみると、「白金に見える人」と「青黒に見える人」の両方が、それぞれ結構な割合でいるようだ。はじめはどちらかに見えていたけど後で見たら別の色にも見えた、という人も多い印象。

ちなみに、僕にはどうあがいても白金にしか見えていない。

色調情報としては、薄い青というか、うすい紫に分類されるであろうとは理解しているが、経験的には光沢のある白いシルクのようなものに影かかったときの見え方のように思う(と僕の脳が処理しているのか)。

このようなことがなぜ起きるのか、その認知科学的考察としてはこちらが丁寧で分かりやすく面白かった。

なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性-

上記考察にも載っているが、AとBの色が実は同じ、という色の恒常性を示す有名なこの絵は、何度見ても面白い。

f:id:can-no:20150228195056p:image:w360

この考察でも示されているように「ドレスと光源の位置関係をどのように認識しているか」がこの色の認知問題のポイントだということで、ドレスの部分だけを自分でトリミングした画像を見てみたのだが、どうも、白金にしか見えない。色調を冷静に判断しても「薄い紫と黄土色」が良いところだろう。。。

経験上、色の認識の錯視問題は、周辺情報を切り落とすと納得が出来る(例えば、上記のタイルと柱の絵でAとBの色が同じであると感じる)のだが、どうも、このドレスの問題は納得出来ない。どうして、青黒に見える人がいるのだろう。。。

web上のツールで、トリミングした画像を解析した結果がこちら。

f:id:can-no:20150228195058j:image:w360


やはり「薄い紫と黄土色」である。

しかし、友人はtwitter上で僕が紫と言うこの色を「青だ」というので、この時点で既に個人差があるのかもしれない。

僕は色の心理学的・認知神経科学的理論については詳しくないのだが、日頃、色は意識しているつもりで、エクセルなんかにデータを打ち込むときもカテゴリごとに色分けしたりしているので、毎日カラーパレットを何度も見てる。ので、やはり、紫系に思う。今、カラーパレットで色を確かめてみてもなお... 。 顕微鏡も頻繁に使うので波長のことも普段から考えているし。

むかしやってみたこちらのテストでもかなり成績がよかったので、僕の色の弁別域があいまい、ということはないように思う。寧ろ、良い方だろう。暖色系の弁別は少し弱いように思う。

f:id:can-no:20150228195059j:image

Online Color Challenge


昔、母とした口論を思い出した。

母に「そこの黄色い湯呑みとって」と言われ「そんなものは無いが」と答え、「そこにあれでしょう!それ!!」と指を指され「コレはどう見ても緑じゃないか。百歩譲っても黄緑...」、「黄色でしょ!!」

これは、認知の個人差ではなく、どの色を黄色と命名するかの経験(学習)の違いによるかもしれないが、色以外のことでも、僕の人生には結構この手の口論は耐えなくて、しばしば「強情だ」「頑固だ」「神経質だ」「融通がきかない」などと罵られるのだが、しょうがないだろう。色調は青と黒を示していないし、僕には白金(もしくは湯呑みなら緑から黄緑)にしか見えないし、色調としても薄紫と黄土色なのだから。

しかし「どちらにも見える」という人が結構いるので、そういう「認知機構の柔軟性」みたいなものがあるのだろうなぁと思うし、主観的な色というのは客観的に定義されえないものなのだから、そう見えることを否定するつもりもなく、ただ、やはり僕は認知のシモのレベルから「強情」で「頑固」で「神経質」で「融通がきかない」のかもしれないなと、色々諦めみたいなものがついた気もするし、話し合いとかの以前のレベルでの断絶があることを受け入れて、やはりひっそり生きていった方が良いのかもしれないな、と、自分について思うのである。


自分についての戯言はともかく、世界をどのように認識しているか、というのは非常に重要な問題で、実は我々SYNAPSEでも何度か取り上げて来た。

SYNAPSE Vol.2 のテーマは「光」で、「ニュートンゲーテの色彩論」およびその神経科学的解釈を飯島さんが、動物やヒトにおける色覚の違いの生物学的解釈を僕が書いた。

f:id:can-no:20150228201015p:image:w360

*中央見開きに見える図の、上段が色弱の人とそうでない人の色の見え方の違い。下段が人間が見てる世界(普通の写真)と紫外線撮影(昆虫とかには「こう見える?」的な写真)。昆虫が見ているであろう世界の撮影については福岡教育大学の福原達人先生のHPに詳しい。SYNAPSE vol.2でも福原先生から写真をご提供頂きました。

もう残部がないし、web公開もしてないので、残念である。アートディレクションを担当してくれたNOSIGNERさんが、コチラで少し内容に言及してくれいる。

神経科学的背景は、こちらのブログ

「色は眼ではなく脳が見ている?」- スウィングしなけりゃ脳がない!

10年も前からこういうことを書いてらして、偉いなぁ。


とあるイベントに参加した際に共感覚写真家さんと話したのも、他人とジブンの認識世界の差異を考える上で、非常に大事な経験だった。

誰かの視点を想うこと

共感覚関連本のレビュー


色弱の人なんて、特に男性だととても沢山いて(たぶん全国の「鈴木さん」と同じくらい)、社会的に考慮すべき課題。実際、色んな機械の電源が「充電中→完了」に変わったかどうか色では弁別出来なかったり、地下鉄の路線図の色分けが分からなかったりという問題があって、それらは結構改善された。そのへんは、伊藤啓先生のHPに詳しい。

色覚バリアフリー

SYNAPSE vol.2でも写真を使わせてもらいました。


色のシミュレータというアプリがあって、コレを使うとモノが色弱の人にどう見えるかを画像化してくれる。プレゼン資料をつくっているときなど、僕もよく使う。

f:id:can-no:20150228212205j:image:w360


Photoshopにも、色弱の人にどのように見えるかをチェックする機能が、実は付いている。色覚バリアフリー・カラーユニバーサルデザインは是非広まって欲しい。10年くらい前に、プレゼン用のポインターに緑が登場したのも、そういう経緯なはず。



科学的な考え方というのは、無味乾燥としていて冷たいものと、とらえられることもあるけれど、科学的であるために必要なものとして客観性があり、客観的に考えるということは、自分以外の何ものかの視点から考えるということなので、感情的なエモい共感とかよりも、案外(いや、絶対)「他者」に対して優しい。共感はともすれば自分と似たものにばかりしてしまうので。

その辺は、この辺を読んでもらいたい。結構現代に必要な考え方だと想う。

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)




だいぶ話がそれたが、やはり、青黒に感じられない自分が気持ち悪い。一番最初に紹介した記事で、このドレスがAmazonに載っているとのことだったので、見てみた。

f:id:can-no:20150228205014j:image:w360


見える!見えるぞ!!!青黒に!!!!(良かった)

確かに、ドレスの色は青黒らしい。だとしたら、認知的な問題の他に、もう一つの謎が立ち上る。この、明らかに(めっちゃ濃い)青と黒が、なぜ、画像解析からしてもかけ離れた白と金になったのだろうか???

これはこれで、信号処理の問題として、なかなか面白いように思う。直感的に、めっちゃつよい白熱灯の近くだと、黒も黄色みがかって黄土色っぽくなるだろうか。周辺環境と、スマホカメラのある種の質の低さによって可能になった写真では無いだろうか。かなり、特殊な撮影で、普通の状況ではありえなそうにも、未だに思えてしまうのだが。

「ありえなそうなことだけど、ありえること」として、飯島さんからペンローズの三角形について、昨夜教えてもらった。



ともかく、だ。

今後、神経科学・認知科学の授業や講演でこの写真を題材に多くの先生達が色覚についての話しをするだろうし、今回のことで自分と他者の違い、とくに言語で語り合う以前の知覚・認識世界の違いについて、人々が語り合ったのは良いことだと思う。SNSによってそのための題材がつくられたのも面白い。この思考を拡大解釈していくと、少し世界の平和に近付くと思う(とても希望的アレだが)。



さて、個人的に最後に残された問題は「なぜ僕には白金にしか見えないのか」だ。この個人差はどこからくるのだろうか。強情なまでのロジカルさが、認知までも変えてしまっているのか。どうなのかしら。

Photoshopのポスタリゼイションの機能を使って、しかも諧調を「2」にして、色調をexaggerateな感じにしてみた。

f:id:can-no:20150228190039j:image



確かに、画像の情報としては、黒も青も、白も金も、水色も紫も黄土色も、なにがしかの連続したグラデーションとして含まれているようだ。思ったほど、断絶は無いのかもしれない。もしくは、断絶の壁は越えられるのかもしれない。



ところで、勝手に言及してごめんなさい、ですが、SNSで知人が件のドレスについて「絶対買わないからどっちでも良い」と言ってたのが、なんだか救われるなぁ。

2011-08-15

SYNAPSE Lab. のHistory的なもの

| 03:55 | SYNAPSE Lab. のHistory的なもの - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

現在のSYNAPSEに至るまでの活動歴および活動費・援助など


2009

4月

菅野(専門:神経科学)が、東京大学大学院副専攻・科学技術インタープリター養成プログラムの先輩である住田(専門:科学史、元 日本科学未来館サイエンスコミュニケーター)から呼び出され、東京大学UTCPが主催する「こまば脳カフェ」のミーティングに参加。そのまま菅野が第一回こまば脳カフェのスピーカーに。

10月

日本科学未来館にて、菅野が副専攻修了研究の一環として、サイエンスアゴラ2009 トークイベント「Art, Brain & Communication! -芸術と科学の接点-」を開催。ゲストは映像作家・音楽家の高木雅勝氏と東京大学大学院医学研究科の坂井克之准教授(当時)。このとき、大学およびBRUTUSアルバイト時代に菅野の後輩であった塚田が非公式に広報を担当。

12月

菅野と住田が第6回こまば脳カフェ「哲学×脳科学」を企画。研究会や喫煙所で以前から知り合いであった飯島(専門:認知神経科学、ゆるふわモテ形而上学)を召還、指定討論者に。ゲストはともに哲学者で、名古屋大学 戸田山和久教授と立教大学 河野哲也教授。理研BSIの藤井直孝氏が観客として一撃を放った。



2010

4月

東大本部広報清水氏より、東大オープンキャンパスで配布する冊子として、アカデミックグルーブの続編ミニ・アカデミックグルーヴの編集依頼を受ける。菅野、飯島、住田、塚田が編集チームを組み、塚田が「パターン・カタチ・リズム」というテーマが決まった直後に思い立ち、おもむろに知り合いであったNOSIGNERを下北に呼び出す。即、意気投合し、SYNAPSE Vol. 1のアートディレクションを担当することになる。

*制作費は東京大学総長裁量費による。

6月

飯島と菅野が申請した企画「東京大学を編集して魅せる!」が、東京大学学生支援事業・第3回学生企画コンテスト <学生による「タフな学生養成企画」>で優秀賞(1位)を受賞。SYNAPSE Vol. 2制作、イベント実施、本ホームページ作成などの運営費援助を受ける。その後、ホームページのディレクションをHitsme代表の佐々木新氏に依頼。また、本活動を通して、飯島の知人で福島、菅野の後輩筋である竹内、岡部が企画・運営に加わり現在のSYNAPSE Lab.のカタチに。



2011

塚田が申請した企画「学術と世界を繋ぐSYNAPSE Project」が、ソーシャルベンチャースタートアップマーケットから支援を受けるカタチで活動を継続。

2011-02-20

SYNAPSE Workshop Vol.2 「知のメタモルフォーゼ」

| 00:57 | SYNAPSE Workshop Vol.2 「知のメタモルフォーゼ」 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

本年度最後のイベント、および

東京大学学生支援事業・第3回学生企画コンテスト<学生による「タフな学生養成企画」

の、最後のイベントでもあるワークショップ、月末開催です。

受賞企画タイトルが「東京大学を編集して魅せる!」ということもあり、

最後のテーマは、編集、です。



以下、概要です。

もうすぐ完成のSYNAPSE Vol. 2も配布予定です

(事故でも起きない限り)。




SYNAPSE Workshop Vol.2 「知のメタモルフォーゼ」

学術は編集されるべきなのか?

2011年2月27日(日)17:00〜19:00

学術と世界を繋ぐSYNAPSE Workshop 第二回のテーマは「編集」

東京大学広報室の清水修氏をファシリテーターに迎え、ゲストには雑誌『BRUTUS』元副編集長の鈴木芳雄氏と、メディア論を専門する水越伸氏をお招きします。

またワークショップには、BNN新社 古賀一孝(『QUOTATION』編集担当)が参加します。



「編集」とは何か?

何かが生み出されたとき、そこにワクワク感、臨場感といったグルーヴが伴うと、ものごとを伝えるときの説得力が増します。そこで重要なのは、本、雑誌、WEB、テレビ、そのほか様々なメディアを介して、ものごとを伝播させるために必要な「編集」という作業です。

実は、これまで学術内容を「編集」することは、その本質を損ねるとして多くの学者たちから敬遠されてきた傾向にあるのですが、学術の魅力をもっと多くの人へ伝えるためにも、大胆かつ真摯に、学術を「編集」し、メディア化していくのがこのSYNAPSE Projectの醍醐味です。

今回は、「学問はワクワクするほど面白い」をテーマとする"Academic Groove"運動の発起人である東京大学本部広報室の清水修氏をファシリテーターに迎えます。同名の書籍『Academic Groove』では、清水氏が自ら編集ディレクターとなり、東京大学のさまざまな研究者やその研究テーマをコンテンツに、学術を魅力あふれるエンタテイメントとして描いています。

またゲストには、雑誌『BRUTUS』元副編集長の鈴木芳雄氏と、メディア論を専門とし、『メディア・ビオトープ - メディアの生態系をデザインする』の著者でもある水越伸氏をお招きして、様々な角度から「編集」、そして現状を取り巻く「メディアの変遷」について考えていきます。

雑誌『BRUTUS』では、時代の先を行く数々の特集を生み出していますが、中でも『大学特集』や『博物館特集』『経済学入門』など、一見扱いにくそうな学術的なテーマもBRUTUS流に大胆に編集してしまう、この編集の手法に迫ります。また、水越氏の研究活動には「小さいコミュニティからのメディア発信」という観点の中に、現在のネットワークメディアに通じるヒントが隠されているかもしれません。

膨大な知の保管庫である大学は、いわば宝の山。さまざまな学問や研究をコンテンツに編集することは、一見閉鎖的なアカデミズムの世界から「大学そのものを開く」ことにも繋がります。ここでは、様々な文化や事象の中でも「学術」をコンテンツ事例に、編集作業の初歩ともいえるワークショップを実践。いま、「知」と「大学」を編集する面白さに触れてみましょう。

【内容】

・清水修氏 × 鈴木芳雄氏 × 水越伸氏によるプレゼンテーション

・ワークショップ(5、6人のチームに分かれて行っていただきます)

・発表&講評

・ディスカッション

【ファシリテーター】

清水修(東京大学本部広報室)

【ゲスト】

鈴木芳雄(編集者、元BRUTUS副編集長)

水越伸(東京大学情報学環教授)

【参加費】無料

【会場】amu


お申し込みは会場のamu siteから

http://www.a-m-u.jp/seminar/2011/02/synapse-workshop-2.html




SYNAPSEとは...

学問の魅力をより多くの人へ届けるために、社会、環境、アート、デザイン、建築、メディアなど専門領域の枠組みを飛び越えたイベントやメディア発信を研究者自らが関わり編集・企画・運営するプロジェクト。異分野との交流を通じて、一見閉鎖的な空間であるアカデミズムを、文理の垣根を越えて編集し、新たな魅力を引き出していく。学問を様々な領域と融けあわせることにより、既存のヒエラルキー構造を壊し、新しい文脈を創り出し、学術の新しい社会的循環を産み出す。

研究者、編集者、デザイナーが構想画段階から一丸となってハイ・クオリティかつデザイン・コンシャスな制作物を実現する。また、プロジェクトのメンバーがこれまでサイエンス・コミュニケーションの世界で培ってきたノウハウをもとに、単なる学術紹介ではなく、事物や世界の本質に迫る「Sense of Wonder」をテーマに、さまざまなコラボレーションや自主企画を展開する。

※2010 年度は東京大学学生企画コンテストの優秀賞企画「東京大学を編集して魅せる!」の支援を受けて運営。


仮サイト

http://synapse-ag.tumblr.com/


作成中の本サイト

http://synapse-academicgroove.com/

2011-02-11

SYNAPSE Vol. 2 完成!

| 01:09 | SYNAPSE Vol. 2 完成! - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

f:id:can-no:20110212010934j:image




フリーペーパー『SYNAPSE vol.02 - LIGHT - 』2月25日 発行!

前号の「パターン、カタチ、リズム」から、今号のテーマは「光」

詳細は下記のどちらかのHPで追ってお知らせいたします。お楽しみに!

http://synapse-ag.tumblr.com/

http://synapse-academicgroove.com/




『SYNAPSE vol.02 -LIGHT-』




f:id:can-no:20110214020502j:image





[目次]

「ファーストライト 宇宙の暗黒と光」吉田直紀

「色彩科学のあゆみ ゲーテニュートンの色彩論の対立から神経科学へ」飯島和樹

「生物の視覚世界」菅野康太

光のアートをめぐる考察 オラファー・エリアソン作品を紐解く

「光に満ちた日常の色地図へ」住田朋久

「世界に再び驚くために」飯島和樹

「新しい自然? —オラファー・エリアソンによる自然の模倣—」星野太

「作品と自然を結ぶ鑑賞者」野田裕美子

光にまつわる7つの探求 研究者、アーティストが求めるそれぞれの光

「光で人間の実体にせまる」坪井貴司

「博物学としての天文」八木雅文

「UROBOROS: 関係のメビウス」大庭大介

「fade out」真鍋大度

「NONAGON PHOTON 1」小山泰介

「昼が先か夜が先か」筒井賢治

「光—インドの神秘思想と合理精神」丸井浩

光の本性


[Staff]

編集:SYNAPSE LAB

アートディレクション:NOSIGNER

can-nocan-no 2011/02/12 14:09 SYNAPSE Vol. 2プチ編集後記:ニーチェは言った「未だ光を放たざる、いと数多の曙光あり」。飯島さんは言った「思え、曙光の時を!」。住田さんは言った「全人類のために国会図書館へ!」。菅野は言った「分かりやすいものが面白いわけじゃない」。しかし塚田は「やや難、きゃんの」と。

2010-12-07

続々お申し込みいただいています! 学術を世界と結ぶ “SYNPASE” イベント: SYNAPTOGENESIS phase.1

| 02:19 | 続々お申し込みいただいています! 学術を世界と結ぶ “SYNPASE” イベント: SYNAPTOGENESIS phase.1 - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

先日も御伝えした、イベント、

CINRAさんでも取り上げて頂きました。

http://www.cinra.net/news/2010/12/07/215505.php


詳細、お申し込みはこちら。

http://synapse-ag.tumblr.com/


各種プレスへのリリースでは

ゲストの肩書きを「研究者」と、

くくっていることもありますが、研究者もそれぞれ、

目指すところ、立ち位置も様々なので、

そこも楽しんでいただければと、思います。







Synaptogenesis phase.1

日程:12月26日(日)

会場:東京大学本郷キャンパス 福武ホール http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/

開場:16:00

開演:16:30 / 閉場:20:00

演目:

16:30 - 17:00 Orist Work Shop 監修: 舘知宏

17:05 - 17:55 TALK

「生きるためのパターン・カタチ・リズム」坂口恭平 × 中村雄佑

18:10 - 19:00 TALK

サイエンスアートのシナプトジェネシス」池上高志 × 渋谷慶一郎

19:00 - 20:00 MIX TALK

申し込み方法:http://ws.formzu.net/fgen/S85495756/

問合せ: synapse.ag@gmail.com

http://synapse-ag.tumblr.com/


出演者プロフィール

Orist

現代折紙の創作、研究、展示を行う東京大学の学内サークル。精緻に折り上げられた様々な折紙は、造形物としての面白さにとどまらず、芸術の域に達する新たなアート作品として評価を受ける。テレビ、雑誌とメディアにも多数取り上げられ、近年高い注目を集めている。本イベントでは現代折紙のレクチャーとワークショップを展開。

http://orist.tiyogami.com/


坂口恭平

建築家。1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、2004年に日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行し、一躍話題を集める。2006 年、カナダ、バンクーバー美術館にて初の個展を開催するほか、2007年にはケニアのナイロビで世界会議フォーラムに参加。最新著書『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』(太田出版)では、自身がこれまで追求してきた「人が暮らすためにどれほどの空間が必要なのか」という問いから、更に「私たちの未来の生活」までを探求する一冊を手がけ、その斬新な思考方法と冷静な考察の姿勢にメディア、建築、研究者などあらゆる方面から高い評価を得る。近著に『隅田川のエジソン』(青山出版社)など。

http://www.0yenhouse.com/

中村雄祐

研究者。1961年、福岡市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻 准教授。発展途上国の社会変化やリテラシー研究を主な研究領域とする。著作『生きるための読み書き』(みすず書房)では読み書きの習得と生存との関わりから、社会環境が思考に与える影響や人間の「知の本質」を考察。そのほかの著作に『読み書きと生存の行方』『人間の安全保障』(高橋哲哉・山影進編、東京大学出版会)『グアテマラ内戦後――人間の安全保障の挑戦』(関雄二・狐崎知己・中村雄祐編著、明石書店)など。


池上高志

科学者。東京大学理学部物理学科卒業。1989年、理学博士。現在、東京大学大学院 総合文化研究科 教授。「生命とは何か」をテーマに、「コンピュータ・シミュレーションをもとにした生命システムの理解」=「複雑系」を研究範囲とし、 ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指している。カオスの生態系における意義についての新理論を金子邦彦と共に提唱した後、人工生命の研究を開始。自 己複製や進化理論、ゲーム理論の研究から、身体性の知覚、進化ロボットの研究を展開する。渋谷慶一郎とは2005年から「第三項音楽」という 新しいサウンド・アートを提唱し、YCAM(山口情報芸術センター)で〈filmachine(2006)〉〈MTM[Mind Time Machine](2010)〉などのインスタレーションを発表。主な著書に『動きが生命をつくる』(青土社)など。

http://sacral.c.u-tokyo.ac.jp/


渋谷慶一郎

音楽家。東京芸術大学作曲科卒業。2002年、音楽レーベルATAKを設立し、デザイン、ウェブ、映像など多様なクリエイターを擁し、精力的な活動を展開。 2009年ピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』、本年1月には相対性理論とのコラボレーション作品『アワーミュージック』を発表。国内外でのライブ、荒川修作ドキュメンタリー『死なない子供たち』ほか多数のサウンドトラックを手がけるなど、多面的に活動。また、複雑系研究者・池上高志と音楽と科学を横断する共同作業を継続的に展開する。現在、ATAKのevalaと手がけた三次元立体音響を体験できるインスタレーション〈for maria anechonic room version〉を2011年2月27日までICCの無響室で公開中。

http://atak.jp/