Hatena::ブログ(Diary)

菅野康太Blog 輪るPh.D戦略

2015-02-28

世界との接点とも言える色の情報は、どちらも確かに残されてはいるようだ

19:50 | 世界との接点とも言える色の情報は、どちらも確かに残されてはいるようだ - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

話題になった「ドレスが白金に見えるか、青黒に見えるか」問題は、僕には結構重要な問題だった。

色は、僕にとって非常に大事な、世界との接点だからだ。

f:id:can-no:20150228191059j:image:medium


ことの次第がよくまとまっているかなぁと思える記事はこちら。リンクも豊富。

http://www.softantenna.com/wp/unknown/dress-color/

SNSで知人の反応をみてみると、「白金に見える人」と「青黒に見える人」の両方が、それぞれ結構な割合でいるようだ。はじめはどちらかに見えていたけど後で見たら別の色にも見えた、という人も多い印象。

ちなみに、僕にはどうあがいても白金にしか見えていない。

色調情報としては、薄い青というか、うすい紫に分類されるであろうとは理解しているが、経験的には光沢のある白いシルクのようなものに影かかったときの見え方のように思う(と僕の脳が処理しているのか)。

このようなことがなぜ起きるのか、その認知科学的考察としてはこちらが丁寧で分かりやすく面白かった。

なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性-

上記考察にも載っているが、AとBの色が実は同じ、という色の恒常性を示す有名なこの絵は、何度見ても面白い。

f:id:can-no:20150228195056p:image:w360

この考察でも示されているように「ドレスと光源の位置関係をどのように認識しているか」がこの色の認知問題のポイントだということで、ドレスの部分だけを自分でトリミングした画像を見てみたのだが、どうも、白金にしか見えない。色調を冷静に判断しても「薄い紫と黄土色」が良いところだろう。。。

経験上、色の認識の錯視問題は、周辺情報を切り落とすと納得が出来る(例えば、上記のタイルと柱の絵でAとBの色が同じであると感じる)のだが、どうも、このドレスの問題は納得出来ない。どうして、青黒に見える人がいるのだろう。。。

web上のツールで、トリミングした画像を解析した結果がこちら。

f:id:can-no:20150228195058j:image:w360


やはり「薄い紫と黄土色」である。

しかし、友人はtwitter上で僕が紫と言うこの色を「青だ」というので、この時点で既に個人差があるのかもしれない。

僕は色の心理学的・認知神経科学的理論については詳しくないのだが、日頃、色は意識しているつもりで、エクセルなんかにデータを打ち込むときもカテゴリごとに色分けしたりしているので、毎日カラーパレットを何度も見てる。ので、やはり、紫系に思う。今、カラーパレットで色を確かめてみてもなお... 。 顕微鏡も頻繁に使うので波長のことも普段から考えているし。

むかしやってみたこちらのテストでもかなり成績がよかったので、僕の色の弁別域があいまい、ということはないように思う。寧ろ、良い方だろう。暖色系の弁別は少し弱いように思う。

f:id:can-no:20150228195059j:image

Online Color Challenge


昔、母とした口論を思い出した。

母に「そこの黄色い湯呑みとって」と言われ「そんなものは無いが」と答え、「そこにあれでしょう!それ!!」と指を指され「コレはどう見ても緑じゃないか。百歩譲っても黄緑...」、「黄色でしょ!!」

これは、認知の個人差ではなく、どの色を黄色と命名するかの経験(学習)の違いによるかもしれないが、色以外のことでも、僕の人生には結構この手の口論は耐えなくて、しばしば「強情だ」「頑固だ」「神経質だ」「融通がきかない」などと罵られるのだが、しょうがないだろう。色調は青と黒を示していないし、僕には白金(もしくは湯呑みなら緑から黄緑)にしか見えないし、色調としても薄紫と黄土色なのだから。

しかし「どちらにも見える」という人が結構いるので、そういう「認知機構の柔軟性」みたいなものがあるのだろうなぁと思うし、主観的な色というのは客観的に定義されえないものなのだから、そう見えることを否定するつもりもなく、ただ、やはり僕は認知のシモのレベルから「強情」で「頑固」で「神経質」で「融通がきかない」のかもしれないなと、色々諦めみたいなものがついた気もするし、話し合いとかの以前のレベルでの断絶があることを受け入れて、やはりひっそり生きていった方が良いのかもしれないな、と、自分について思うのである。


自分についての戯言はともかく、世界をどのように認識しているか、というのは非常に重要な問題で、実は我々SYNAPSEでも何度か取り上げて来た。

SYNAPSE Vol.2 のテーマは「光」で、「ニュートンゲーテの色彩論」およびその神経科学的解釈を飯島さんが、動物やヒトにおける色覚の違いの生物学的解釈を僕が書いた。

f:id:can-no:20150228201015p:image:w360

*中央見開きに見える図の、上段が色弱の人とそうでない人の色の見え方の違い。下段が人間が見てる世界(普通の写真)と紫外線撮影(昆虫とかには「こう見える?」的な写真)。昆虫が見ているであろう世界の撮影については福岡教育大学の福原達人先生のHPに詳しい。SYNAPSE vol.2でも福原先生から写真をご提供頂きました。

もう残部がないし、web公開もしてないので、残念である。アートディレクションを担当してくれたNOSIGNERさんが、コチラで少し内容に言及してくれいる。

神経科学的背景は、こちらのブログ

「色は眼ではなく脳が見ている?」- スウィングしなけりゃ脳がない!

10年も前からこういうことを書いてらして、偉いなぁ。


とあるイベントに参加した際に共感覚写真家さんと話したのも、他人とジブンの認識世界の差異を考える上で、非常に大事な経験だった。

誰かの視点を想うこと

共感覚関連本のレビュー


色弱の人なんて、特に男性だととても沢山いて(たぶん全国の「鈴木さん」と同じくらい)、社会的に考慮すべき課題。実際、色んな機械の電源が「充電中→完了」に変わったかどうか色では弁別出来なかったり、地下鉄の路線図の色分けが分からなかったりという問題があって、それらは結構改善された。そのへんは、伊藤啓先生のHPに詳しい。

色覚バリアフリー

SYNAPSE vol.2でも写真を使わせてもらいました。


色のシミュレータというアプリがあって、コレを使うとモノが色弱の人にどう見えるかを画像化してくれる。プレゼン資料をつくっているときなど、僕もよく使う。

f:id:can-no:20150228212205j:image:w360


Photoshopにも、色弱の人にどのように見えるかをチェックする機能が、実は付いている。色覚バリアフリー・カラーユニバーサルデザインは是非広まって欲しい。10年くらい前に、プレゼン用のポインターに緑が登場したのも、そういう経緯なはず。



科学的な考え方というのは、無味乾燥としていて冷たいものと、とらえられることもあるけれど、科学的であるために必要なものとして客観性があり、客観的に考えるということは、自分以外の何ものかの視点から考えるということなので、感情的なエモい共感とかよりも、案外(いや、絶対)「他者」に対して優しい。共感はともすれば自分と似たものにばかりしてしまうので。

その辺は、この辺を読んでもらいたい。結構現代に必要な考え方だと想う。

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)




だいぶ話がそれたが、やはり、青黒に感じられない自分が気持ち悪い。一番最初に紹介した記事で、このドレスがAmazonに載っているとのことだったので、見てみた。

f:id:can-no:20150228205014j:image:w360


見える!見えるぞ!!!青黒に!!!!(良かった)

確かに、ドレスの色は青黒らしい。だとしたら、認知的な問題の他に、もう一つの謎が立ち上る。この、明らかに(めっちゃ濃い)青と黒が、なぜ、画像解析からしてもかけ離れた白と金になったのだろうか???

これはこれで、信号処理の問題として、なかなか面白いように思う。直感的に、めっちゃつよい白熱灯の近くだと、黒も黄色みがかって黄土色っぽくなるだろうか。周辺環境と、スマホカメラのある種の質の低さによって可能になった写真では無いだろうか。かなり、特殊な撮影で、普通の状況ではありえなそうにも、未だに思えてしまうのだが。

「ありえなそうなことだけど、ありえること」として、飯島さんからペンローズの三角形について、昨夜教えてもらった。



ともかく、だ。

今後、神経科学・認知科学の授業や講演でこの写真を題材に多くの先生達が色覚についての話しをするだろうし、今回のことで自分と他者の違い、とくに言語で語り合う以前の知覚・認識世界の違いについて、人々が語り合ったのは良いことだと思う。SNSによってそのための題材がつくられたのも面白い。この思考を拡大解釈していくと、少し世界の平和に近付くと思う(とても希望的アレだが)。



さて、個人的に最後に残された問題は「なぜ僕には白金にしか見えないのか」だ。この個人差はどこからくるのだろうか。強情なまでのロジカルさが、認知までも変えてしまっているのか。どうなのかしら。

Photoshopのポスタリゼイションの機能を使って、しかも諧調を「2」にして、色調をexaggerateな感じにしてみた。

f:id:can-no:20150228190039j:image



確かに、画像の情報としては、黒も青も、白も金も、水色も紫も黄土色も、なにがしかの連続したグラデーションとして含まれているようだ。思ったほど、断絶は無いのかもしれない。もしくは、断絶の壁は越えられるのかもしれない。



ところで、勝手に言及してごめんなさい、ですが、SNSで知人が件のドレスについて「絶対買わないからどっちでも良い」と言ってたのが、なんだか救われるなぁ。

2015-02-17

今、空前の孤独ブーム

01:43 | 今、空前の孤独ブーム - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

たいした実験ではなかった筈なのに、今日はなんだか疲れた。

実験の合間もほとんど、この先の仕込み作業をしていたせいかもしれないが。

データを足したところ、僕の神経データは概ねホンモノらしくて安心してるんだが、亜核レベルでの細かい解剖になると、チト自信がない。個体差なのかもしれないし、僕の「眼」が洗練されてないのかもしれない。なんらかのマーカー遺伝子と一緒に染めないと不安。

奥深いなぁ。局所and/or機能解剖学

貼り付けて割と直ぐ顕微鏡覗いたから、封入したらまた違うランドスケープが見えるかもしれない。

今日は、特に夜になってから、21時過ぎくらいからだろうか、没頭した感じがあるのは、振り返ってみると気持ちが良い。



ところで、

「研究に没頭する」という言葉、よく聞くのだが、研究にも色々な作業があるし、1日の中でも色々あるから、皆んなが何をさして没頭すると言ってるのか、実はよく分からない。

脳の切片貼り付けてるときと、顕微鏡覗いてるときと、統計ソフトでデータ掘ってるときと、調べ物の読み物は、没頭してると思える。切片は、筆を使ってるのが職人ぽくて好きなのかも。ウェスタンブロットも、染物職人みたいで好き。あと、あんまり疲れない

なんだか、実験大好きな人みたいな感じのこと言ってるが、基本的には疲れるからキライで、最近では超音波解析とかちょーキライ。はやく機械がやって欲しい。


没頭しているとき、これは没入感を伴った作業をしているとき、ということだと思っているのだが、後から振り返るとそう思えるが、ただ中にいるときには気付かない。没頭しているときは、感性や感覚が研ぎ澄まされるし、頭の回転が異様に速い感じがする。視力すら良くなったような気がする(もちろん、没頭しているときはだいたい凝視しているので、我に返ると視力は明らかに落ちているように感じるが)。

この感じを持てるとき、もしくは、持つことが多いときに僕は「あぁ、研究してるなぁ」と思える。

じゃあ、没頭していれば良いじゃないかという話しだが、没頭という言葉に僕が違和感を持ってしまうのは、人から「没頭しなさい」と言われることがあるからだ。おそらく、若い人がより年上から言われることが多いのではないだろうか。

そう言う場合の「研究に没頭しなさい」に含意されるものは、おそらく、「研究だけしなさい」「余計なことはするな(博士のキャリアパスとかサイエンスコミュニケーションとか考えるな)」「自分の言うことをきけ」「私生活を犠牲にしろ」等だと感じている。ときおり、現代では研究者の活動のうちとして推奨、あるいは認められていることをしている場合でも、ジェネレーションギャップが主な原因で「あいつはよそ見をしている、気が多い、研究に身が入っていない」と見なされることがある。


そもそも、没頭する、ということは、しようと思って出来るものでは無い気がする。繰り返しになるが、後から振り返ったとき、ふと気付くとそういう時間帯が存在したということだと思う。では、どういうときに没頭していたかを振り返ると、僕の場合は圧倒的に夜が多い。人が皆帰った後の、静かなラボ。この光景を圧倒的に思い出す。早稲田東大麻布。これまで所属したどの場所でも鮮明に思い出せる。

つまるところ、没頭することの前提条件には「孤独」が必要なのではないだろうか。

だから、僕は夜が好きなのかもしれない。何かが「降ってくる」のは、圧倒的に夜だ。

没頭することで、クリエイティブなものは生まれると思うが、その没頭に必要なのは「孤独」であり、それによって生まれるものが「個の創発」だろう。

だから、他人に対して、クリエイティブな何かに没頭して欲しければ「放っておけば?」「 放っておいて下さい」と思う。


*最近は、繋がりの時代、ソーシャルな時代なわけだが、そもそも「個」がなければ、何も生まれないわけで、その辺のことも考えてみたい。

2014-10-24

1回目と2回目を終えて。写真とサイエンス −視野を拡張するビジュアル表現−

13:03 | 1回目と2回目を終えて。写真とサイエンス −視野を拡張するビジュアル表現− - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

現在、IMA CONCEPT STOREにて、連続企画をやらせてもらってます。

写真とサイエンス −視野を拡張するビジュアル表現−

2回目を昨日終えて、1回目の感想もからめてダラ

f:id:can-no:20141023223458j:image

っとFBに書いたものを、こちらにも転送。






昨日の「写真とサイエンス −視野を拡張するビジュアル表現−」、ご来場者のみなさま、田尾くん、高木さん、ありがとうございました!

もう5年前になるでしょうか。まだ僕らが大学院生だった頃に、ミトコンドリアが移動する様子を捉えた田尾くんの実験動画を観て感動して、いつかこの映像を色んな人に見てもらいたいなぁと思っていたのが、昨日やっと実現しました。新しいバージョンの動画も持ってきてくれて大感謝!

田尾くんは今年のノーベル賞の話も含む顕微鏡の歴史からプレゼンしてくれました。顕微鏡画像の処理・重ね合わせの話から、高木さんの作品のレイヤーの重ね方(girlsなど)の話にも広がりました。

一番最初のカハールのスケッチの話の時点で高木さんが「ありのままに撮るとは、どういうことか(可能なのか?)」という旨をおっしゃり、冒頭から科学者としても突き刺さるものがありました。

「みえないものを可視化する」話として始まったわけですが、そもそも「何を撮るか?」、「観たいものだけ観ていて全体を知ることができるのか」などという話まで色々広がり、科学論もしくは科学観の話に達した感があります。

「みたいものに特化してるんね〜」的なことを高木さんが仰りましたが、「特化することで捨象されるもの」や「一つの視点からしか観察していないこと」に自覚的でありたいなぁという想いを更に強めました。

日々の実験で何か活動している神経をみつけると、そこに自分が観ている現象の因果がありそうだと喜んでしまうものですが、「口パクしてるだけかもしてない(みたい現象の偽陽性)」とか「FB上でのよわーい情報の蓄積が自分に与える影響(ノイズとみなされているものの影響)」とか、高木さん流のメタファーを交えた質問が、田尾くんのことも内心唸らせていたみたいです。僕も会場でうなってましたw

これは、第一回でMitakaで表現される宇宙像に対して疑問を投げかけた小阪さんの問いにも通じるものを感じました。いつも小阪さんにも唸らされます。

ひなさんが見せてくれた宇宙の画像も田尾くんの画像も、とても素晴らしいもので、データとしても純粋な印象としても感激してしまうのですが、

それに対して疑問を投げかけられた時、「科学"業界"の既存のフォーマットに安住して、存在し得る他の可能性に目を向けられなくなってるかもなぁ」と思うのです。

目的やアウトプットのカタチは違えど、「世界」から抽出した素材を、一旦還元論的にいくつかのレイヤーに分解して、それをもう一度統合しようとする行為は、科学にしても小阪さんや高木さんのやり方にしても共通点があるなぁと。いわば、みんなデータを扱ってるわけで。

さてさて、普段は生物学研究をしていて、即物的にものごとを解析するのが仕事ですので、宇宙のスケールも僕には理解するのがなかなか大変です。それでも写真があるので理解できる部分も多いのですが、

しかし、次回のテーマは次元。写真的なイメージで全く捉えられないので、いつも理解に苦しむのですが、その数学的解析の行為みたいなものを、可視化しちゃう話の回です。

次回は10/29(水)です!引き続きよろしくどうぞ!!

第3回 超次元編「11次元空間は可視化できるか?」ゲスト: 橋本幸士 (物理学者)、 山口崇司 (映像作家/d.v.d)、 鳴川肇 (建築家)

2010-08-02

『SYNAPSE Vol. 1』 by Academic Groove 発行! 東大オープンキャンパスで配布!!

| 02:35 | 『SYNAPSE Vol. 1』 by Academic Groove 発行! 東大オープンキャンパスで配布!! - 菅野康太Blog 輪るPh.D戦略 を含むブックマーク

 *2010.08.18追記*

 下記のフリーペーパーが全国発送出来るようになりました!

 (送料のみご負担)

 http://bit.ly/bMFbZd



ここ数ヶ月、仲間達と編集してきた新しい大学広報誌が完成しました。

まずは8/4-8/5の東大オープンキャンパスで配布します!

下部にある「入手方法」をご覧ください。


我々の冊子はAcademic Grooveの続編、

ミニ・アカデミックグルーブとして作られました。

ACADEMIC GROOVE―東京大学アカデミックグルーヴ

ACADEMIC GROOVE―東京大学アカデミックグルーヴ



大学の広報に留まらず、幅広い関心層の方に見ていただけるものにできたと思います。

僕らが普段感じでいる、学問の世界観、わくわく感、

美しさを、少ないページ数の中で

溢れんばかりに詰め込みました。


昨年から始めた僕の活動ですが、活動を進めるうちに

増えていった仲間と作くりあげられたのが嬉しいです。

色んな思いや、ここからはじまる展望もありますが、

制作意図や経緯などは長くなるので、また別の機会に。





以下、写真と、入手方法、内容詳細です。

f:id:can-no:20100803031103p:image


(蛇腹になってます!)





『SYNAPSE: ACADEMIC GROOVE』1 ほか「ミニ・アカデミックグルーヴ」

3冊の入手方法

・ オープンキャンパス(8月4日(水)本郷、8月5日(木)駒場)で配布。

http://www.u-tokyo.ac.jp/event/opencampus2010/index_j.html


*参加登録をされている方(しめきり済み):

 本郷では「総合受付」(3か所)、駒場では正門前受付でほかの

 資料とともにお受け取りください(高校生の方限定)。

 http://www.u-tokyo.ac.jp/event/opencampus2010/pdf/map_h22.pdf

*参加登録をされていない方:

 4日(水)9時45分から安田講堂内にてほかの資料とともに

 お受け取りください(部数限定、高校生以外の方も受け取れます!)。

 http://www.u-tokyo.ac.jp/event/opencampus2010/notjoin_j.html

**8/3 23:10 追記**

オープンキャンパス受付で資料を受け取れるのは、

予約の有無を問わず、高校生の方のみだそうです(保護者の方も基本受け取れないそうです)。

大変申し訳ございません。

しかし、二転三転してしまいましたが、上記の通り、

高校生以外の方にも安田講堂で配布出来る運びとなりました!




5日(木)に駒場キャンパス5号館515(科学技術インタープリター養成部門主催)にてお受け取りください(部数限定、もちろん大人OKです!)。

 ・ その他の配布方法については、現在調整しています。

 ・ 関係者と直接会える方はご相談ください。

駒場キャンパス5号館京王井の頭線駒場東大前(渋谷から各停2駅)

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_04_j.html



以下、冊子の詳細です。

『SYNAPSE: ACADEMIC GROOVE』1

<執筆者>

坂井克之 東京大学医学系研究科 脳神経医学専攻 准教授

池谷裕二 東京大学薬学系研究科 生命薬学専攻 准教授

市川裕 東京大学人文社会系研究科 基礎文化研究専攻 教授

伊藤啓 東京大学分子細胞生物学研究所 細胞・機能情報研究センター 准教授

遠藤秀紀 東京大学総合研究博物館 キュラトリアル・ワーク研究系 教授

隈研吾 東京大学工学系研究科 建築学専攻 教授

武田洋幸 東京大学理学系研究科 生物科学専攻 教授

舘知宏 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 助教

橋本毅彦 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 教授

三河内岳 東京大学理学系研究科 地球惑星科学専攻 助教

村田純一 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 教授

池上高志 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 教授

<インタビュー協力>

高木正勝 映像作家・音楽家 http://www.takagimasakatsu.com/

<編集者>

菅野康太 東京大学大学院 理学系研究科博士課程 http://web.me.com/canno.mac/synapse.world/home.html

飯島和樹 東京大学大学院 総合文化研究科博士課程 

住田朋久 東京大学大学院 総合文化研究科博士課程 http://researchmap.jp/sumidatomohisa/

塚田有那 +81Creatives 

アートディレクター>

NOSIGNER http://www.nosigner.com/

<デザイン・プロデュース>

  1. 81Creatives http://www.plus81creatives.com/

<スーパーバイザー>

江川雅子 東京大学 理事

武田洋幸 東京大学 広報室長

本郷恵子 東京大学 広報室副室長

<コーディネーター>

清水修 東京大学 特任専門員

<スペシャルサンクス>

濱田純一 東京大学 総長


編集・発行

東京大学

〒113-8654

電話 03-5841-1046 FAX 03-3816-3913

印刷・製本 プライズコミュニケーション

2010年7月31日

ⓒThe University of Tokyo, 2010

Printed in Japan


<目次>

Pattern, Form and Rhythm in the Academic Groove

世界を記述する「わたし」たち 高木正勝×坂井克之

一千億個のニューロンの繋がりから見えてくる、パターン・カタチ・リズム 池谷裕二

学問のカタチ

太陽系最古の火成岩 三河内岳

折り紙のかたち 舘知宏

学問的文化伝統としてのタルムード 市川裕

遺体科学、死のかたちを追う 遠藤秀紀

ウォーターブロック 隈研吾

寺田寅彦が覗いた顕微鏡の中の美 橋本毅彦

神経のかたち 伊藤啓

節がかたちづくる動物 武田洋幸

形はどこにあるのか? 村田純一

生きることの科学 - パターンから脱パターンへ 池上高志

can-nocan-no 2010/08/03 23:07 高校生の方はもちろん、大人の方にも、もちろん高校生以下の方にも、
お配り出来る運びとなり、ほっとしております。

can-nocan-no 2010/08/04 23:28 同士のブログ
http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20100803/1280805327
http://d.hatena.ne.jp/shokou5/20100803

can-nocan-no 2010/08/12 02:14 一緒に編集した飯島さんのブログから補足をいただきます。
http://d.hatena.ne.jp/shokou5/20100803/1280842549

*1:Academic Groove とは,「学問はワクワクするほどおもしろい」をコンセプトに,一見閉鎖的な学問の世界を先鋭的なビジュアル・デザインと斬新な編集企画から紐解いた東大出版部発行の書籍(2008年発行)のタイトルであり,同様のコンセプトに基づく活動体の名称でもあります.東大広報部の清水修を主軸に展開.

*2:参考:学生による「タフな学生養成企画」優秀賞「東京大学を編集して魅せる!」

*3:撮影:古戎道典 東京大学大学院 総合文化研究科修士過程

*4:Academic Groove の理念の下,ぼくたち以外にも 2 つのチームが『LIFE』『PARK』の 2 誌を制作しました

金子忠政金子忠政 2010/10/11 09:21 田口君からこちらへ来ました。懐かしいかぎり。冊子注文しました。読ませていただきます。

can-nocan-no 2010/10/12 01:36 いや〜、先生お懐かしい!ご無沙汰しております。
我々の冊子を注文していただいたとのこと、光栄です!
ありがとうございます。