Hatena::ブログ(Diary)

四丁目でCan蛙

2018-05-11

高村薫氏「真実や正義が意味をなさない時代に」(西日本新聞)

08:50 | 高村薫氏「真実や正義が意味をなさない時代に」(西日本新聞)を含むブックマーク 高村薫氏「真実や正義が意味をなさない時代に」(西日本新聞)のブックマークコメント

f:id:cangael:20180511084332j:image:left

★★今宵も大阪府庁前の抗議、

7時から8時まで、やりますとのことです。

★昨日の大阪府庁前抗議ツィッターからです:

cherry

@cherry_o17 5月10日

明日は(今日11日) #大阪府庁前抗議 マイクデーでもあります。

19〜20時、大阪府庁正面玄関前にて

#0511大阪府庁前抗議


f:id:cangael:20180509145213j:image:right

◎このところの気持ちの悪さは何だろうか。与党政治家や大臣やお役人のふるまいのなんと下劣で居丈高で…昔なら、こんなひどい状況が何年も続くなんてことはなかったはず。選挙を何度やっても同じか、マスマス悪くなる。一体、有権者は、何を見て、何を聞いているのか。一つには、日本語が通じなくなったことがあります。『むかし、むかし、太平洋の海原に浮かぶ美しい列島に住む我儘な王様が、ある時から、”閣議決定”とやらで「黒は白」「白は赤」と勝手に決めてしまい、そこに住む人々は「黒は黒」と言えなくなってしまったのです』。昔話やおとぎ話の世界ならよかったのですが、現実です。当面『日本語を取り戻そう!』が真面目な課題です。

内田樹さんがリツイート

中島岳志

@nakajima1975 4月29日

言葉を崩壊させると、あらゆる合意空洞化する安倍内閣の最大の特徴は、言葉への信頼を剥奪することで、政治的操作を進めることにある。これは世界の崩壊につながる。言葉を取り戻さなければならない。


日報の「戦闘」、法的な「戦闘行為」でない:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASL4W51FYL4WULFA02B.html

f:id:cangael:20180509142332j:image:right

◎5月3日の憲法記念日西日本新聞高村薫さんの記事を掲載しました。どなたかのツィッターでその記事の写真を見たので保存していました。読んでみると、今の時代の憂鬱の原因がよくわかりました。

<もはや腹を立てるだけ虚(むな)しい。それほどの惨状です。一国の首相配偶者の振る舞いに振り回されている政治の現状も、取り繕うのに必死の内閣も、ひたすら追従するだけの与党官僚も、そして次元の低さを冷笑するだけの有権者も、全てが最低・最悪。けれども、これが民主主義国家を標榜する日本の掛け値なしの実像なのです>・そうなんですね、なぜか虚しくて・・・戦後70数年経て、日本の民主主義は、確かに、この程度です。

<日本がいまだに昭和の戦争の検証と総括ができていなのは、政治家官僚公文書を廃棄したからです。戦争の総括ができないことで、戦後の日本人がどれほどの損失を被っているか。過去の検証ができないことの不幸は、若い世代も無縁ではない。>・戦争の検証と総括ができないために、私たちは共通の歴史が持てなくて、戦争の反省もバラバラ、描く未来もバラバラです。

ネット社会が根本的に変えてしまいました。大衆がそれぞれにものを言い、瞬時に多数派を形成して社会を動かすようになったいま、理念や原理原則は後退し、耳を傾けるべき意見、従うべき社会常識、信ずるべき価値観が消え、全てがフラット化されてしまった。>・これも全くその通り。言ったもん勝ちのレベルの低いところで言い合い合戦です。

<かつて「お天道(てんと)様が見ている」と言われたような絶対的な規範は、もう存在しない。いまや、ウソと分かっていても、フェイクニュースであっても、「いいね」ボタンが多ければ OK という社会が出現しているのです。そして、その「いいね」も日々変わっていく。真実や正義や公正が意味をなさない時代になり、原理原則が崩壊した社会に私たちは生きています。文明の終わりの始まりなのかもしれません。>・「すべてが最低・最悪」の現実をしっかり把握して、このまま落ちていくのか、日本の正念場かもしれません。

◎写真と記事の書き起こしで全文を:

  XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

規範を失った日本社会

高村薫さん「政と官のいま」語る

西日本新聞(5月3日)3面>

改ざん隠蔽(いんぺい)など不祥事が相次いで発覚、日本の統治システムは危機に瀕している。公正性、信頼性が失墜した「政と官」の今をどう見るのか、作家の高村薫さんに聞いた。

f:id:cangael:20180509142658j:image

f:id:cangael:20180509142832j:image:left▽不変の原理原則

 もともと官僚が国民の方を向いて仕事をしていたとは思いません。彼らの主眼は常に組織と省益の防衛だから。情報公開でもづ合が悪ければ当たり前のように黒塗り、そもそも追及されて困る事実は文書に残さない。徹底した文書管理が官僚の本態なのに、今回あちこちでボロが出たのは組織の緩みでしょう。

 しかし、公文書改ざんは組織の緩みではない官庁文書管理に本来「改ざん」の発想はないからです。結局、自分や婦人が関与していれば辞める、と断言した安倍晋三首相の稚拙な国会答弁に合わせるために、改ざんに追い込まれたとしか考えられない。官邸官僚の異様な関係が浮かび上がりました

 時代がどんなに変わっても、変えてはならないものを原理原則と言います。公文書の保存はその一つ。それを改ざんしても罪を問われないとなると、歴史の検証ができなくなる。日本がいまだに昭和の戦争の検証と総括ができていなのは政治家官僚公文書を廃棄したからです。戦争の総括ができないことで、戦後の日本人がどれほどの損失を被っているか。過去の検証ができないことの不幸は、若い世代も無縁ではない国会政府から完全に独立した公文書管理機関が絶対に必要です

 社会の秩序を保つ公共の精神も、政治や統治を行うための理念も、現実には日々の仕事に追われて生きる私たち国民が広く共有するものではありません。 だから私たちは代表者を選んで政治を託し、あるいは知識人の語る言葉に耳を傾け、新聞を読んで知識をえてきたのが、ネット社会が根本的に変えてしまいました。 

f:id:cangael:20180509164108j:image:left

(「終わりの始まり」写真の記事の続き)

合理的な若い世代国会証人喚問してもムダだから、それよりも重要法案を審議しろ、と言う。確かに証人喚問しても何も出てこない可能性は大だが、政治を私物化して公文書改ざんまで引き起こした上に誰も責任をとらない、こんな政治家に重要法案の審議などさせてはならない、これが原理原則です政治の停滞がもたらす不利益は、こんな政治を許してきた私たち有権者の自業自得なのです。

忖度(そんたく)」は一般社会生活でも日常的にありますが、一線を越えれば当然罰せられる。今回の不祥事では官邸官僚も一線をはるかに越えていても、のうのうとしらを切る。この事態を、私たちは心底おそれるべきです。というのも、これは真実や正義が価値を持たなくなった世界の出現を意味するからです。

 かつて「天道(てんと)様が見ている」と言われたような絶対的な規範は、もう存在しない。いまや、ウソと分かっていても、フェイクニュースであっても、「いいね」ボタンが多ければ OK という社会が出現しているのです。そして、その「いいね」も日々変わっていく。真実や正義や公正が意味をなさない時代になり、原理原則が崩壊した社会に私たちは生きています。文明の終わりの始まりなのかもしれません。

yonnbabayonnbaba 2018/05/11 09:02 仰る通りだと思います。私もこのところ非常な無力感の中にいます。モヤモヤしながらうまく文章にまとめられずにいましたが、さすが高村薫さん、見事に明文化してくださいました。
ただ、これだけの筋道通った論理さえ通じない国民が大変を占める、という現実が、一番つらく、深い無力感の根源になっています。

numapynumapy 2018/05/11 15:55 哀しいほどに、現状を言い当ててますね。
当たって欲しくなかった予想が次々と現実化してます。
もしかしたら、自分は透視能力を持った超能力者じゃないかと
思えるほどです。でも、若い世代が政権を支持するとは
思ってもみませんでした。無力感の日々を過ごしてます。
新保守主義を標榜する中島岳志も、おっしゃる通り、いいなぁ。

cangaelcangael 2018/05/11 20:54 yonnbabaさん、コメントありがとうございます。
高村薫さん、さすがですね。読んで、本当にこの通りと思います。
韓国のような大勢の犠牲を出さないで、民主主義が身につくなんて言うのは無理なんでしょうか、ぜいたくなんでしょうか。トップさえ入れ替えれば…あとひと踏ん張りがなかなかですが、ゆでガエルの話もよぎりますし、なんとかならないか、なんとかしたいですよね〜

cangaelcangael 2018/05/11 21:00 numapyさん、コメントありがとうございます。
そうでしたね、安倍首相のことを見抜いておられましたね〜
悪循環が来るところまできたという感じですが、これで目覚めなければ
日本もダメか〜、文部省(今、文科省)の目論見通りに
考えない(考えられない)大衆が生まれているので、難しいかな〜

A0153A0153 2018/05/12 17:43 独立した公文書管理組織ぜひ欲しいですね。その運営方針も大事です。行政の決定過程は、下部の段階から原則永久保存にすべきです。膨大な情報ですけど、コンピューターの能力を考えると簡単だと思います。それから要求者すべてに対して10年後には原則すべて、30年後には例外なしにすべて開示とすべきです。

やはり選挙が大きいですね。
安倍政権はうまいのと運がいいので勝っていると思います。今選挙したら過半数は取れるにしても三分の二は無理でしょう。昨年北朝鮮と米韓の関係が現在のようであれば、あのようには勝てなかったでしょう。民進党のままであれば、過半数は取れるにしても大きく議席を減らしたでしょう。半数近い人が棄権してます。その人たちには、現状に不満を持っているか絶望している人が多いと思うんです。彼らが投票すれば自民党は負けると思うんです。彼等にどう働きかけるかというのが一番の課題と思います。

cangaelcangael 2018/05/13 08:20 AO153さん、コメントありがとうございます。
公文書については、本当におっしゃる通り、まともな管理運営が出来る機関が必要ですね。そのためにも安倍政権は引っ込んでもらわないと、できないですね。
選挙、「うまいのと運」、これもそうですね、それに、見かけでかなりごまかされている人たちがいますね。演説、うまいんだそうです、実際聞くと。中身よりパフォーマンスでうまくみえるんでしょうね。外国へ出しても恥ずかしくないと塩野さんも言ってましたよね。どこが?と思いますが、恥ずかしさの中身が違う人たちも大勢いるということですね。見かけより中身という人たちが投票に行ってくれるよう働きかけて、今度は勝たないといけないですね。

オサムシオサムシ 2018/05/19 22:11 今朝、上田晋也の朝のニュース番組でこの記事が紹介されていて出勤前でちょっと見ただけでしたが、今の日本の現実を剥き出しにした内容で朝から衝撃でしたしゾッとする内容でした。本当に恥ずかしい時代に生きているんだと思います。たまたま見た番組でしたが見られて運が良かった‼こんなに的確に今の日本を表現出来る高村さんは凄い人です。

cangaelcangael 2018/05/20 09:21 オサムシさん、コメントありがとうございます。
番組で取り上げられていたのですか・・・本当に、日ごろ薄々感じていることでも、こうやってズバリ言葉にされると、”衝撃”ですね。こんなに酷い現実に生きている・・・と意識するだけで随分違ってくると思いますので、この記事のことは、もっと紹介されてよいと思いますね。

stantsiya_iriyastantsiya_iriya 2018/05/23 17:55 こんばんは
中国人は、雷をこわがります。悪人は、雷に打たれるので、雷に打たれるということは、危険であるだけでなく、不名誉なことでもあるからです。じゃー雷に打たれるのをこわがるのでなく、悪事をしなければいいじゃないか、とも思いますが、審判をくだす方もヒューマンエラーならぬ上帝エラーをして、罪のない人にも雷を落としてしまうかもしれぬ。落とされたほうはそれでとりかえしのつかない烙印がおされてしまう、やりなおしはきかない。だから雷をおそれ、逃げるしかない。
ちょっと違う話かもしれませんが、思いついたので書かせて頂きました。恐縮です。

cangaelcangael 2018/05/26 08:38 stantsiya_iriyaさん、コメントありがとうございます。
中国人は雷なんですか! 日本人はおへそを取られると思いますが、悪事をしたかどうかは関係ないですね。昔は、閻魔様に舌を抜かれるとか言いましたね。お天道様も閻魔様も今は効き目がないようですね。