ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

caprinのヲタ更正日記

2018-05-01

[][][]

獅童さん「帰ってきたぞ!」 超歌舞伎でファンに恩返し

 超歌舞伎ファンから寄せられたあたたかい声に、闘病中、強く励まされたことを、獅童さんは折に触れ語ってきた。回復後初となる今年の超歌舞伎のキャッチコピーは「これは、愛に似た恩返し」。この言葉通り、舞台はまるで、ファンへの恩返しのようなつくりになっていた。


■関連リンク 中村獅童・初音ミク主演、「超歌舞伎」新作上演 NTTを応援する「電話屋!」の屋号が飛び交う - ITmedia NEWS

■過去リンク ニコニコ超会議2016:「歌舞伎はもともと庶民の娯楽」――伝統とネットカルチャーの融合、ボカロ原作「超歌舞伎」の見どころ - ITmedia NEWS

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/caprin/20180501

2018-04-23

[][][]

爆死案件が続々「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた(原野 城治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

その中でも、クールジャパン機構の損失が突出している。具体的には、2017年3月末時点での投融資17件、総額約310億円のうち損失は約44億円に上る。「森友学園」へ国有地売却での8億円値引き疑惑に劣らぬ無責任ぶりだといえる。


■関連リンク 官製映画会社ALL NIPPON ENTERTAINMENT WORKSの検証:産業革新機構を使ったクールジャパン映画事業の腐敗と天下り | ヒロ・マスダのブログ

この官製株式会社は、全く映画製作を知らない親会社の官製ファンド役員が設計し、設立後HPにも公表しない形で自らが経営者および社外取締役に。さらに法律で毎年事業評価することが定められている所管の経済産業省官僚が出向するという正に絵に描いたような天下り構造でこの会社を推進。 肝心の事業も、不採算性による経営破綻が目に見えていても経営者達が一切損をせず、その損失を国民は補填する仕組みになっています。



■関連リンク 成果なき「官製クールジャパン会社」の信じ難い実態 「経営は順調」とされる公開はおろか撮影すらない映画企画開発会社 WEDGE Infinity(ウェッジ)

 16年10月27日で会社設立から丸5年が経過したが、これまで7作品の開発を発表しているものの、これらの映画が公開され配当を得るどころか、撮影に至った作品すら1本も存在していない。また、官報に掲載されている決算公告によれば、15年12月31日時点までの損失は14億4517万円に上り、何ら成果のないまま毎年赤字を垂れ流している経営状態が続いている。



■関連リンク 「クールジャパン」は民間主導でいいんじゃないの(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

また、ポップカルチャーと定義される商材の中で、唯一貿易黒字を生んでいるゲーム業界で投資や制作を営んでいる私の立場から申しますと、確かに日本のゲームはいまなお比較優位を有しています。一時期の圧倒的なシェアから比べると見る影もないですが、それでも一角は占めており、財務省の貿易統計でも1,000億円以上の黒字になっているのがゲーム業界です。



■関連リンク 『タイバニ』がハリウッドで実写化、製作総指揮はロン・ハワード - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

映画化を手掛けるのは、ロン・ハワード率いるプロダクションのイマジン・エンターテインメント、All Nippon Entertainment Works、バンダイナムコピクチャーズの3社。映画『ダ・ヴィンチ・コード』やテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』シリーズなどを手掛けたロン・ハワードは、『TIGER & BUNNY』で製作総指揮を務める。



■関連リンク 22億円もの公金をつぎ込んだ官製映画会社がタダ同然で売り飛ばされていた! 経産省クールジャパンのデタラメ|LITERA/リテラ

 実際、2011年のANEW設立じたい、経産省主導で企画されたもので、その設立準備も、当時、同省で文化情報関連産業課長をつとめていた伊吹英明氏を中心に進められた。2013年の業界誌のインタビューでは経産省の職員がANEWに出向していたことも確認できる。

 また、ANEWの設立当初から、経産省の後押しを受ける産業革新機構のマネージングディレクター・高橋真一氏が代表取締役や取締役を歴任し、社外取締役に同じく産革出身の長田志織氏が、監査役にも産革の現執行役員である関根武氏が就任。そこに、日活や円谷プロダクションの役員を務めた黒川裕介(COO)、ユニバーサルスタジオの元上級副社長であるサンフォード・R・クライマン(CEO)の両氏を代表として据えるかたちとなった。


「この文化情報産業課課長のあと、クール・ジャパン海外戦略室長に昇格。現在は商務流通保安グループの参事官として大阪万博を担当している。22億円の公的資金をドブに捨ててしまった官僚が、日本のクールジャパンの責任者になって、万博を仕切る存在になっているんですから、あきれてものもいえません。しかも、伊吹氏は自民党の大物・伊吹文明氏の長男なんですが、省内では『将来の次官候補』という声まであるんです。ようするに、22億円の公的資金損失なんて、経産省にとってどうでもいいということなんでしょう。実際、クールジャパンをめぐっては、他にもいろんな疑惑がささやかれいてる」



■関連リンク 「クールジャパン担当の役人は素人ばかりで戦略もない」岩井俊二監督が政府の稚拙なクールジャパン戦略に苦言|BIGLOBEニュース

「クールジャパンも専門家を呼ばずに素人のままやっている。アメリカや韓国、中国は役所の中に専門家が入っていて、僕らプロが唸るようなプレゼンをしたりする。本来、戦略とはこうあるべきなんですよ」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/caprin/20180423

2018-04-21

[][][]

リズと青い鳥:「少女たちのため息を描く」 山田尚子監督がこだわり抜いた表現 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 「自身の経験を重ねた部分もあったのか」と聞くと、「彼女たちを理解するために、自分がこれまで感じたことを乗せてみたりはするけれど、あくまで彼女たちの見解や理解を超えないようにした。『彼女たちはどう思っているんだろう』『前向きなことを言っているけれど、実は動揺しているんじゃないか』といった部分をちゃんと拾いたいと思った」と話す。「言葉だけで全てが片付くとは思わない」といい、会話中の手や足の仕草でも心情を表現しているという。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/caprin/20180421

2018-04-06

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/caprin/20180406