ハロプロワクドキ観戦記〜よっすぃ〜好き好き日記〜 RSSフィード

2008-03-12 すかいらーくグループリーグ夢庵ステージ 駒沢体育館

captainhitomi2008-03-12

[]すかいらーくグループリーグ夢庵ステージ  07:28

試合は前後半8分のリーグ戦。参加チームは、Gatas Brilhantes H.P.ハロー!プロジェクト)、TeamViVi(講談社)、EMULSIONS エマルジョンズ(資生堂)、FC Weider(森永製菓)の4チーム。

第1試合 teamViVi VS Gatas Brilhantes H.P. 07:28

前半

スターティングメンバーは柴田あゆみ藤本美貴是永美記石川梨華紺野あさ美で開始。5:02是永ドリブルでシュート。2:06TeamViViゴール。前半はメンバー交代も無く均衡を保ったまま終了

 前半 1-1

後半

スターティングメンバーは柴田あゆみ藤本美貴是永美記里田まい紺野あさ美で開始。前半の均衡が嘘のようにガッタスペースで進む。5:20柴田out吉澤in。4:51是永シュート。3:51守備が手薄になった隙に吉澤シュート。2:22藤本out柴田in。2:00是永シュート。1:30是永out武藤in。0:00ロスタイム里田シュート(相手ゴレイロオウンゴール)。

 後半 0-4

結果

 ×(勝ち点0)teamViVi 1-5 Gatas Brilhantes H.P.勝ち点3)○

後半怒涛の攻撃と運のよさも手伝ってガッタスの勝利!

第2試合 EMULSIONS Vs FC Weider 07:28

一進一退の攻防が続き両チーム得点の無いまま終了。前回見たときよりFC Weiderの動きが少しよくなっていた。

結果

勝ち点1)EMULSIONS 0-0 FC Weider(勝ち点1)

第3試合 EMULSIONS Vs teamViVi 07:28

先ほどとteamViViはうってかわって穴も無くなり互角の勝負。EMULSIONSは連続試合でやや動きが鈍いのか両者膠着のまま得点なしで終了。

結果

勝ち点1)EMULSIONS 0-0 teamViVi(勝ち点1)

第4試合 Gatas Brilhantes H.P. Vs FC Weider 07:28

前半

スターティングメンバーは柴田あゆみ藤本美貴是永美記石川梨華澤田由梨で開始。5:58前半早々是永シュート。4:42畳み掛けるように石川→藤本でシュート。1:58続いて是永→石川シュート。1:43石川out里田in。0:33藤本out吉澤in。前半早い攻撃で3点Get!

 前半 3-0

後半

スターティングメンバーは柴田あゆみ吉澤ひとみ里田まい、永井沙紀、紺野あさ美で開始。7:26開始早々柴田コーナーから永井シュート。4:50柴田out石川in。2:32永井out藤本in。2:30吉澤out是永in。1:28是永シュート。でも勢い余って頭を強打したがすぐ復帰。ロスタイム里田out武藤in。、

 後半 2-0

結果

 ○(勝ち点3)Gatas Brilhantes H.P. 5-0 FC Weider(勝ち点0)×

ガッタス素早い攻撃で圧勝!

第5試合 FC Weider Vs teamViVi 07:28

TeamViVi優勢で試合は進む。今回は前回よりレベルアップしてる模様。FC Weiderは1点返すのがやっとといった感じで終了。

結果

 ×(勝ち点0)FC Weider1-3 teamViVi(勝ち点3)

第6試合  Gatas Brilhantes H.P. Vs EMULSIONS 07:28

前半

スターティングメンバーは柴田あゆみ藤本美貴是永美記石川梨華深谷愛で開始。2:13藤本out吉澤in。1:52石川out里田in。前半は攻防が続いたがややEMULSIONS優勢のまま終了。

 前半 0-0

後半

スターティングメンバーは吉澤ひとみ柴田あゆみ是永美記里田まい深谷愛で開始。5:04柴田out石川in。3:11吉澤out藤本in。ラスト是永惜しいシュートがあるも得点ならず。均衡状態が続いたまま終了。

 後半 0-0

結果

 (勝ち点1)Gatas Brilhantes H.P. 0-0 EMULSIONS(勝ち点1)

ガッタス燃料切れか?と思えるほど勢いが無くなり。引き分けのまま終了。テンションを保つのも難しいということか。

リーグ戦結果

 優勝 Gatas Brilhantes H.P. 勝ち点

 2位 teamViVi 勝ち点

 3位 EMULSIONS 勝ち点3

 4位 FC Weider 勝ち点1

まとめ 07:28

今回は一進一退の展開の試合が多かった。ワーキングレディのチームもそれだけ戦力が拮抗してきたということなのだろう。あとは今回参加の無かったadi-unitの1強体制にどう各チームが挑んでいくかというところが今後のポイントであろう。