Hatena::ブログ(Diary)

Rage against the (import) machine

2017-08-13

なぜBMW3シリーズはベンチマークにならなくなったのか!?

  脚本家宮藤官九郎の出世作『池袋ウエストゲートパーク』にはE30のBMW3erが渡辺が演じるやり手の刑事の愛車として登場した。細かいストーリーを説明するのは省くけど、あのシーンを担当できるクルマが他にあるとしたら・・・トヨタMR2、三菱FTO、ホンダプレリュード、日産セフィーロくらいでしょうか・・・シルビアやRX7ではちょっとヤンチャ過ぎな気がするし、マーク兇スプリンターでは地味過ぎるかも。視聴者にも色々な人がいるでしょうから『BMWだすげー』と思う人も、『宮藤さんはやっぱり絶妙だよなー』と思う人もいるわけです。別に前者が田舎者で、後者が都会人だと言うつもりはないですが・・・。

  BMW3erはこのあとプライベートサルーンとして進化を遂げ、新しい設計となったE36&E46の2世代では欧州で異例の大ヒットを遂げ多くのフォロワーを産みました。ゴムブッシュなしの硬質なハンドリングとクッション性。ホンダのVtecに挑むかのような高回転自然吸気ユニット。今のBMWからはおよそ想像がつかないくらいに『繊細な』マシンでした。そりゃアルファロメオも、プジョーも、マツダも、ジャガーも必死でコピーしたくなるのわかる。クルマが好きな人々にとってはたまらねーよ!!名車が続々出て来る!!アルファ156、159、ブレラ。プジョー406、407、クーペ407。マツダ・アテンザ(GG/GH)。ジャガーXタイプ。なぜか全部FF!!おいおいアルテッツァも忘れるなよ。

  もうこの名車ラッシュを作っただけでBMWというブランドは業界の『レジェンド』でOKだと思います。サーキットをクルクル回ってるだけがせいぜい(ちょっとダサいから都会に出て来るな!!)だったE21、E30と違って、E46は三菱や日産(丸の内的?)みたいなちょっぴりと高級感をうまく取り入れていました。レトロ感が漂い派手なペイントが似合いそうなE30のレーシングスタイルをいくらか残しつつも、セフィーロ&ディアマンテのハイソカー的な要素をブレンドした傑作でした。2000年代にWTOに加盟し、自動車業界に大きな再編劇を巻き起こした中国人が、無駄にボデーの長いセダンを好まなければ、今もこのスタイルが日本や欧州では続いていたと思うのですけどねー。

  例えばマツダが2002年に出した初代アテンザは、E46への憧れを全く隠すことなく、『BMW3シリーズをベンチマークしました!!』と堂々発表しています。・・・が設計が変った3代目のGJアテンザの発表時には3シリーズなどという言葉は全くなく、『アコード、VWパサート』をターゲットにしたと公表していました。セダンはアコード、ワゴンはパサートってことだと思われます。GJアテンザが発売された2012年に3シリーズもF30系になりましたが、その前のE90系から再び新しい設計となり、南アフリカ生産車が日本に持ち込まれるようになった頃から、どうやらマツダやプジョーなどから全く見向きもされない存在になったように思います。日本及び東アジアでこそE90系はバカ売れしましたけど、本国ドイツではブーイングの嵐。まさかの失速でアウディにシェア3位の座を明け渡すという大失態を引き起こしました。アメリカ市場ではSUVが好調でしたけど・・・。

  あの繊細さはどこへ行ったのか!?ただただ不整脈な入力が不快なだけの乗り味のMスポ。ゴムブッシュを大量に投入している!?のがなんとなくわかる非Mスポ。これだけ振り幅を大きく作っていたら、ブレーキ性能もハンドリングも『なあなあ』なところで落ち着いてしまいますよね。別段悪いというほどじゃないけど、これで『高級車』を名乗るのは厚かましい気が・・・。このシャシー(L7と言います)では、いいエンジン乗せても無駄だから、もう開発はしません!!という方針もわからないでもないですけども、とにかくエンジンが鈍い(スバルといい勝負くらい)。日産、マツダ、ホンダがこの水準のエンジンを開発したらファンから不買運動起こるって!!エルグランド、プレマシー、オデッセイといったスライドドアの愛用者でもガチギレするって!!

  そこで・・・です。BMWの『L7プラットフォーム』の各モデルは『偉そうにすんな!!』。日本市場で販売されている中型車用プラットフォームで比較した時にどの辺のレベルにいるか分かってますか!?私が知る限りBMW・L7って『底辺』ですよ。価格も一番安くしたらいいんじゃないの!?シャシーだけでなくて、エンジンも2Lターボで比べたら、やっぱりエンスー度が一番低いですよ!!一番やる気ないユニット。これスープラに載るのかー・・・。日産はベンツのエンジン載せましたけど、トヨタはBMWのエンジンいりません!!

  あのフワフワはなんなんですかねー。そりゃ誰もカーメディアで言わないですよ。ライター生命にかかわりますからね。でも乗るたびに『え〜!?』ってみんな思っていると思うんです。4シリーズならかなり緩和されているよ!!っていう意見もあるかもしれないですが(同意しますよ)、『そもそも』BMWって何なの!?『よくわからん』のまま・・・じゃないですか!?私だけですか!?もしそうだとしたら徹底しておわびします。ポルシェ、マツダ、ジャガー日産スバル、ホンダ、メルセデスそしてMINIなど・・・とっても作り手の気持ちがよくわかるんですよ。けどBMWとレクサスは残念ながら・・・なんのメッセージもないと思うんです。

  ただお前の感性がイカれているだけだろ!!って言われたらそれまでなんですけど、それを差し引いても、シャシーは最低、エンジンは最低、ミッションはうまく動き出さない瑕疵あり、制動距離はクラス最低のミニバン水準、ユーロNCAP以外の衝突安全基準はメチャクチャ低い、インパネのデザインは無粋、シートの質感も最低レベル・・・どこをどう切り取って、このクルマはいいねー!!って言えばいいのか!?プリウスの燃費以外の部分の方がまだ褒めるところ多いかも。一体なんでこんなクルマが『高級車』として通用するのか!?誰かBMWの良いところを一つでもいいから教えてください!!




最新投稿まとめブログ

お買い得328iグランツーリズモ