Hatena::ブログ(Diary)

cardrivegogoの日記

2013-11-26

高性能なFF車の開発競争の火は消えてしまうのか?

  ホンダがターボエンジンを使って新たな取り組みを始めるようです。ターボのシビック・タイプRを作り300psで安全に発進できるトルクシーケンサーをさらに改良して、ルノー・メガーヌRSを超えたFF最速マシンにする計画なのだとか・・・。FF車なら世界のどのメーカーにも負けないだろうという、ホンダの絶対的な自信を感じます。

  燃費ナンバー1とかFF車最速とかハッキリと優劣が決まるものに、ホンダが異常に執着していることを否定するつもりはありませんが、ルノー・メガーヌRSが最速だからといって欧州でクラスナンバー1の人気を誇るわけでなく、メガーヌはフォーカス、ゴルフ、アストラ、マツダ3の「HB四天王」から引き離された「二流」な存在でしかないわけです。

  FF車はコストの掛け方一つで味が大きく変わるなんてことは、ホンダが一番良く分かっているはずで、かつてインテグラ・タイプRの官能的走りが欧州でも絶賛されたり、CセグHB全体の高性能化競争をシビックが主導したという過去を持っているわけです。ホンダが積み上げてきた高性能FF車の伝統の価値をホンダ自らで否定しつつあるようです。

  アルファロメオと並んで「FFBMW」と評されたかつてのホンダの栄光をあっさり投げ捨てて、新たなクルマ作りへと向かう姿勢ことがホンダなのかもしれません。FFで300psという過激な設計も結構ですが、何か大事なことを忘れているような気がします。フィットが日本COTYでゴルフ7に完敗しましたが、こういう強力なライバルをシャットアウトできるようなクルマ作りをホンダが出来なくなってからもうだいぶ年月が経ってしまったように思います。やはりメガーヌではなく、ゴルフを圧倒することがシビックにとっては大切なことではないでしょうか?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cardrivegogo/20131126/1385498085