Hatena::ブログ(Diary)

cardrivegogoの日記

2017-06-14

FFのマツダとRRのポルシェがFRで『最終戦争』か!?

  XEやジュリアが登場しても全然盛り上がらないですね!!FRセダン。やっぱりジャガーやアルファロメオでは『役不足』。そしてとっても『ビジネスライク』なBMWとインフィニティは、中国市場での大規模現地生産が可能な範囲でしか設計を考えていないようで、高性能化よりもロングボデー化が最優先。『質より量で勝負』・・・学生相手の定食屋か!!

  中国で売るためのモデルには、もれなく2L直4ターボ。もう業界のお約束になっていますね。もう5000rpmぽっちしか回らない2Lターボなんて恥ずかしくて乗れない・・・(6000rpm以上回る三菱、スバル、ホンダなどは別!!)。車種だけはたくさんあっても、DセグのFRセダンはクソ2Lターボばっかり。

ハンドリングに刺激なんかないし、車速をあげればパワーがどんどん萎えてくる。BMWでもメルセデスでも感じましたけど、突如訪れる『空気』を踏むようなアクセルフィールがかなり気持ち悪い(マツダやポルシェではありえない!!)。そして上はかったるいくらい回らない。クラウンの2Lターボが一番まともに回るという現実。スープラにもBMWの5000rpmターボが載るらしい・・・ゴミじゃん。スープラの名前を汚すな!!

  こんな惨状を変えてくれるのはやっぱりマツダとポルシェなんじゃないの!? マツダアテンザは4代目でターボ化・マイルドHV化、5代目でFR化という予測がされています。年内もしくは来年に予定されているFMCでは2.5Lターボと完成が『明言』されているマイルドハイブリッドが投入されるでしょうけど、すでに公表されている大型SUV向けの2.5Lターボがそのままのスペック(5000prpm)で出てきたら『大ブーイング』ですけどねー。

  BMWもN20の5000rpmはあんまりなので新型のB48では5200rpmに『上げて』きました。それでもアルファロメオとポルシェは6500rpmでやや差があります。トヨタやアウディ(直5)は5800rpm、ジャガーアウディ(直4)、メルセデス、日産も5500rpmで大体これくらいに分布しています。中にはアウディの1.8Lターボ(4200rpm)みたいな罰ゲーム的ユニットもありますけど・・・。

  マツダの開発陣の意識がまともならトヨタの下はまずないでしょうし、かつてのマツダなら気合でポルシェやアルファロメオの水準を狙ってくるはず。ただしフォードの後ろ盾がない今ではやや慎重な意見も出ていて、なかなかまとまらないのかもしれません。

  実は・・・マツダが完成を『明言』しているマイルドHVがここで鍵になってきます。かつてHVの黎明期にトヨタがホンダのマイルドHVを徹底的にディスって、フルHVが業界の常識になっていましたが、ここにきてマイルドHVの新しい使い方がメルセデスによって実用化されています。まだ配備はされていないようですが、『直6』ターボの『M256』には48V電源による『ISG』なるモーター・モジュールが追加されました。これの直4版になる『M264』にもベルト式マイルドハイブリッドの『BSG』が内蔵されるようです。

  メルセデスはどうやら以前からガソリンターボのポテンシャルに不満を持っていたようで、リーンバーンなど率先して新技術を開発していました。主流の三菱重工ターボ派(BMWアウディPSAなど)に対して、やや少数派のIHIターボ派(メルセデス、VW、スズキ)やハネウェルターボ派(マツダ、スバル)の方が色々と技術革新を仕掛けている印象です。メルセデスは、ターボとマイルドハイブリッドの『融合』で、他にはない豊かな乗り味のユニットを作ろうという趣旨なんでしょうけど、直4ターボにも手を加えていよいよポルシェのターボ(水平、直4、V6ともボルグワーナー)に挑む!?

  マイルドハイブリッド(BSG)は、BMW(アクティブハイブリッド)、メルセデス(SクラスHV)、日産(セレナ)に使われているのはフランスのヴァレオ製で、スズキ(ワゴンR、スイフト、ソリオ)のものは三菱電機製だそうですが、新たにマイルドHVを投入するマツダは、『自社の内製』だとのこと。部品だけ買ってきて自社工場で組み立てるのが好きなマツダですから、ご自慢のマニシングセンタを使った『手組みエンジン』に『謹製BSG』を人手を使ってポン付けするんでしょうねー。なんだかフェラーリ、ポルシェ、AMG、日産いわきファクトリーみたいでいいですね。

  ただしマツダがメルセデスに競りかけるような、ターボチャージャーとBSGを両方付けるクルマをしっかりと設計してマーケティングして、オーガナイズできるのか!?がちょっと疑問です。とりあえず現行と同じ設計が使われる4代目アテンザでは500万円オーバーという価格設定は、絶対無理とは思いませんけど、あまり現実的ではないです。やっぱりその4年後の5代目にFRシャシーになり、直6エンジン導入をした上での話になるのかなー。FR車を前倒しにして4代目アテンザと併売してFRセダン導入しませんか!?

  Cクラス、CLAクラス、Eクラスと次々とセダンをヒットさせているメルセデスはさすがですけども、いよいよ来年にはポルシェのDセグセダン『パジュン』が登場すると言われています。ポルシェはメルセデスやBMWよりもさらに高級なイメージがありますけども、現実には600万円台でしっかりチューンしたエンジンを積んだケイマンやマカンを売ってくれるなかなか良心的なブランドです。よってこのパジュンも600万円もしくはそれ以下くらいに収まるのでは!?500万円台に突入したマツダのFRセダンガチンコ!!日独のスポーツカーメーカーによる『最終決戦』が起こるんじゃないかと・・・。ポルシェは準備万端。マツダも技術的な裏付けは揃ったようです。




最新投稿まとめブログ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cardrivegogo/20170614/1497437405