Oboe Journal

2004-04-18 ベート−ヴェン交響曲第9番ニ短調作品125

2ちゃんねらーだけで第九

こんにちは。ガチで2ちゃんねらー歴5年目のcaretです。

今日、そんな2ちゃんねらー共がベートーヴェンの「第九」を演奏するというので聞きに行った。ハッキリ言うと無茶なプロジェクトだ。全員2ちゃんねらーですよ?2ちゃんねらーなんて犯罪者予備軍だと思われてた頃から比べると、2chも随分と一般向けになったもんだと思う。思えばよくここまで来たもんだ。ヒッキーしかいない(ヒッキーも最近死語となりつつあるのだろうか)、犯罪の温床…そんな2ちゃんねらーが集まって第九。どうよ?

オーボエ吹きであり2ちゃんねらーである俺は聞きに行くことにした。

正直、どんな演奏会になるかは不安だった。

大体、2ちゃんねらーということを考えなくても、インターネットで、しかも全国から集まって第九なんてかなり無謀。練習とかそういう問題を超越してる。しかも人間関係なんかも考えると相当大変。ヤバイ。

場所は国立オリンピック記念 青少年総合センター。

小田急線参宮橋駅で下車。そこから迷うことなく会場に到着した。

何故?

「それっぽい人」についていったら楽勝ですた。

ねらーっぽい人。どうみてもカタギには見えないような、お前秋葉原からそのまま来ただろ?ていう感じの人についていったらすぐに着いたよ。

つうか、駅の混み方が尋常じゃなかった。新宿の近くとは言え、単なる住宅街しか無いような閑静な駅。そこに人がいっぱい。しかも2ちゃんねらー地獄絵図である。この閑静な住宅地で何が起こるのか、住民達は戦々恐々としていたに違いない。いつ何が起こるか分からない。そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

と、いうわけで国立オリンピック記念 青少年総合センターに到着。そこの大ホールへ行く。すると…どうみても2ちゃんねらーって香具師がいっぱい!(俺もその一人だ。確実に。)コミケか、ここは。

しかし驚いたのは、意外とその中にも普通の人が多いと言うこと。2ちゃんねるってなんざましょ?と今にも言いそうなおばさんもいますた。どうやらクラシックファンや、演奏者の家族、友人、親戚等々一族郎党が来ているようだ。だから全体のねらー率は低いと言っていいだろう。

しかし、阿部高和Tシャツ(「ウホッ!いい男…」か「ヤマジュン」でぐぐれ。俺は何も言わない)や、着物で来てる香具師うまい棒いっぱい持ってる香具師など、いかにもディープな2ちゃんねらーもいた。ここは地獄だ。

はっきり言って、俺はこいつらが騒ぎ出さないか心配だった。過去に、2ちゃんねらーが大挙して吉野家に押し寄せ(吉野家で大盛りつゆだくを食う、ただそれだけのオフ会が過去にあった。)、吉野家で思いっきり騒いでる動画を見たことがある。はっきり言って、これをやられたら演奏者、観客に最強に大迷惑となるという諸羽の剣。素人にはお勧めできない。ていうかやるな。やったら殺すぞ。

と、いうわけで数々の不安を抱えたまま演奏会が始まったのであった…。

そして演奏会

最初に、プログラムの詳細をコピペしておく。公式サイトから。

第一部

1.映画天使にラブソングを・・・」より「Hail Holy Queen

2.カンタータ「土の歌」より「大地讃頌」/佐藤 眞作曲  大木 惇夫作詞

3.モテット「アヴェ ヴェルム コルプス」K.618/W.A.Mozart作曲 グレゴリオ聖歌より(作詞者不詳)

4.聖母マリアの祝日用カンターテ「心と口と行いと生きざまは」BWV147より「イエスは変わりなき我が喜び(主よ、人の望みの喜びよ)」/J.S.Bach作曲 Martin Jahn原詩

第二部

交響曲第九番ニ短調作品125「合唱付き」より第1楽章、第4楽章/L.van.Beethoven作曲 F.v.Schiller原詩

まず、選曲がいい。

全てゴスペルでシバるとは、なかなか芸が細かい。

そういえば第九も聖歌なんだよなぁ、と納得。

合唱は…まあまあと言ったところ。結構上手い。普通に上手かった。あとは…うーん…最後の「主よ、人の望みの喜びよ」の弦楽器が意外と上手かったかな。

そして注目の第二部

第二部が始まった。

2ちゃんねらーのお手並み拝見といくか。

おもむろにチューニングが始まる。

オーボエ音程がかなりしっかりしており、他の楽器音程を上手く合わせている…これは期待できるかも知れない。

そして、演奏が始まった。第一楽章…

!?…上手い。

特に…木管がかなり上手い。プロと比べても遜色ないんじゃないか?というぐらいに。恐らく相当練習を重ねたのだろう。コンビネーションが上手くいっていた。そして、オーボエ音程音色、テク共に完璧。いい音を出している。強いて言うなら俺好みの音だ。明るさの中にどこか暗みを孕んでいるような…完全には音色が明るくなくどこかが暗い。そして何より、音がハッキリしている。エコーがかかっていないような音。妙に硬質的な感じの音というか…。そしてどこかにオーボエ特有の素朴な感じを残しているような…そういうの好きだね、俺。ヴィブラートのかけ方も細かい。良いところでいい感じにかけている。この人は相当上手い人と見た。見た感じプロ並みのレベルはある。どうやら見た感じ年は取っているようだが…元音大のオーボエ科の人か何かだろうか?

で、プロフィールを調べてみた。(ストーカーかお前は)

プロじゃなかった…

アマチュアでも上手い人はいるもんだ。精進せねば。俺もまだまだ…

何書いてたんだっけ…

あ!そうそう!木管だ木管。

木管は本当に上手い。しかしよくファゴットを三本もあつめたもんだ。ねらーで、ファゴットなんて全人類に数十人いるかいないか…いや、一桁かも知れない。しかもコントラファゴットまで!おいおい、個人所有かよ…木管セクションかなり熱い。第四楽章のコントラファゴットは格好良かった。

しかし、コントラファゴット個人所有ってかっこええ。ところでコントラファゴットのハードケースって見たことある?見た目棺桶みたいだよ。…まぁ、もはや楽器と言うよりも船とかに据え付けてあるパイプをそのまま持ってきたような形状だからな…コントラファゴットファゴットファゴットで凄いが。

金管は…ホルントランペットが全体的にだめぽですた。

弦は人数が少なく、ヴィオラに至ってはたったの5人だったが、その割にはかなり上手かった。少数精鋭か?

第四楽章

第四楽章はソリストが相当上手い!

何者だ?このソリスト共は…プロ並じゃないか。

まさに神を感じるような演奏であった。

俺が第九で一番好きな、木管(ob,cl?)とテノール(バスだっけか?)が重なるようにして輪唱する部分が一番好きなんだが、その名無しのオーボエ吹きはこの難所を見事にやってのけた。凄い。ヤバイ。いやいやいや、本当に凄かったって。この部分の美しさはオーボエ吹き全ての憧れと言っても良いはずですよ。いや、憧れろ。憧れてくださいお願いします。ああ糞!死ね!(いきなり何なんだ)

しかし、2ちゃんねらーが「神」とはね…

2chには相応しくない。

2chの癖に生意気だ。こんな神々しいステージを作り上げるなんて。

第一部、第二部共に…

2ちゃんねらーにとっての神とは何なのか、とりあえず「2典」で調べてみた。

神【かみ】[名]

(1)ひろゆき。

(2)ものすごいAAなどの作品を作った職人を、畏敬を込めて呼ぶ言葉。

(3)割れ物うp職人をおだてる呼び方。

(4)自尊心の異様に強い電波をバカにした呼び方。

(5)ラジオ番組板の実況スレにギャグを書いたところ、のちにDJが本当にそれを口にしてしまうなど、

予言レスが的中してしまった者に送られる称号。

(6)(オリンピック)スティーブン・ブラッドバリー選手のこと

(ソルトレーク冬季五輪男子ショートトラック1000m金メダリストオーストラリア)。

準々決勝・準決勝にて前を走っていた選手たちが次々に転倒あるいは失格したことで決勝戦に滑り込み、

決勝戦に至っては最後尾ながらゴール間際にライバル全員が転倒したことで金メダルを獲得した珍事より、

その類い希な強運を讃えての呼び名。

(7)(お祭りch) 田代まさし氏のこと。

(9)「IDに〜を出すスレ」において該当IDを出した人に対して送られる称号。

(10)(ワールドカップ)日韓ワールドカップの時、韓国代表の試合の時の

  審判の判定に異議をとなえた有名人に対して送られた称号。

(11)(自作PC自作PCの余ったパーツを送料以外は無料で希望者に放出する人のこと。


田代まさしだな。

拍手

演奏終了後のものすごい拍手拍手拍手

2ちゃんねらーの癖に生意気だぞ。

観客は総立ちとはいかなかったが、半分以上は立っていた。凄い拍手!俺はコレ以上の拍手を聞いたことがない。

これだけ拍手し続けているのも見たことがない。いや凄いって。

そして観客も変に騒ぐことなく、円満に終わった。

(後で分かったことなのだが、どうやらイラク人質三人組を迎えに行くoff会が同時に行われていたらしい。んで、変な奴らはみんなそっちに逝ったらしい。このときだけは奴らに感謝だ。)

これだけ凄い演奏会を見られたことを感謝したい。そして演奏会の成功の影の功労者である、今井紀明高遠菜穂子郡山総一郎の三人にも感謝!(そんなオチなのかよ)

晒された…

したらばの第九off板にこの感想が晒された。

あんまり荒らしたりとかしないでね…>ねらーの方々

一応アクセス解析入れてるのだが、今日解析してみたら昨日今日とHPアクセス数が飛躍的に伸びてたからビビりましたマジで。田代砲が発動する日も近いな。そういえばトクトクがヤケに鯖落ちするんだけど…まさか。まさかまさかまさか。田代砲がゲルドルバ照準でっ!?

んで、気になるレスを見つけたので、ちょっと弁解しておきます。

>65

>> まず、選曲がいい。

>> 全てゴスペルでシバるとは、なかなか芸が細かい。

>> そういえば第九も聖歌なんだよなぁ、と納得。

>第九が聖歌、ってのは微妙、つーかちがうだろ。

>大地参照も、ちがうな。

>他はそーっちゃそうだが。。

ごめんなさい、いや、第九が聖歌だって何かの本で読んだんだよ本当に。

いや、歌詞だってそんな感じでしょ…だからさぁ…

いや…でもやっぱ…いやいやいや。聖歌として見るのもあながち間違ってはいないでしょ?…え?いる!?ごめんなさい。

あ…ごめん、荒らす?荒らさないで。いや本当に。

大地参照も俺の中では聖歌として認識してますけれども…

しかし懐かしいなぁ大地参照。

合唱コンクールで一生懸命練習した中3の頃を思い出すよ。

ああ、たったいま嫌なことを思い出した。ちょっと聞いてくれよ。第九とはあんま関係ないけどさ。

合唱コンクールの最後に、音楽先生が結果を発表するわけよ。

金賞がO組で、銀賞がO組…みたいに。

んで、音楽先生が舞台に出てくる。緊張の一瞬。

「金賞は…3年6組!」

この瞬間、もう本当に嬉しかったね。

俺達3年6組が金賞を獲得したときは。

この時は本当に嬉しかった。仲間達と喜び合ったんだよ。

…とまぁここまでは、今もどこかの中学校で繰り広げられているような、よくある青春の1ページ、ってやつだと思う。

俺の青春の1ページの場合は、ここからが違った。

全てのクラスの発表が終わった後(他のクラスはどうだったかって?喜ぶのに夢中で聞いちゃいねーよ。)、音楽先生が何故か壇上に再び出てきた。

壇上に上がった音楽先生は、この後信じられないことを言う。

「さっきの結果発表ですが、一部間違いがありました。先程、金賞は3年6組で、銅賞は3年3組と言いましたが、逆でした。つまり、3年6組が銅賞で、3年3組が金賞です。逆さまに読み上げてしまいました。ごめんね♪(こんなニュアンス)」

まぢかよ。

J( 'ー`)し 3ねん6くみへ げんきですか。まちがえました。6くみはどうしょうです

(`Д)   うるさい死ね 間違えんな殺すぞ

J( 'ー`)し ごめんね。せんせいはじめてはっぴょうしたから、ごめんね

(`Д)   うるさいくたばれ、責任とれ

J( 'ー`)し 銅賞のトロフィーをわたしました。たいせつにつかってね 打ち上げはしていますか?

(`Д)   死ねくそ女

2chに例えるとこんな感じ。

金賞から銅賞へいきなりダイヴィングですよ。

俺達の金賞は、発表から訂正のたったの10分で終わりですよ。

嬉しくねえ。こんな銅賞嬉しくねえ。

ああ、今思い出しただけでも腹立ってきた。

今からお礼参りしたろ。体育館裏に呼び出して(以下略

と、こんなわけで、僕の最後の合唱コンクールはクソミソな結果に終わったのでした…。

大地参照を聞くとこんな青春の1ページが蘇ってくる。ああああああ。

もう一つ、一介のオーボエ吹きとして言っておくと本当に第九のオーボエ(1stかな?)は上手かった。とだけ言っておく。

ああいう音どうやって出せばいいんかなぁ…

zelzel 2004/04/19 10:44 おつかれ。それにしても、今ここ見てるの何人いるんだろう・・・

MiniMoniMiniMoni 2004/04/19 15:11 見てる (´-`)ノシ

中の人中の人 2004/04/20 01:59 感想ありがとうございますm(__)m 主よ…で弦楽器弾いてました。もしかしたらお褒めのパートではないかもしれませんが、弦楽器としてほめてもらえてとても嬉しいです。きてくださって本当にありがとうございます!!!

manpukumanpuku 2004/04/20 05:30 スタンディングオーべーションで、演奏者も方も一緒に拍手をしてるのを見て思わず落涙・・・(´Д⊂)。 野郎なのに、何十年かぶりに号泣したなんて、恥ずかしくて言えない・・・_| ̄|○

caretcaret 2004/04/20 13:22 まぢかよ…中の人が…まぢなのかよ…まぁいいや。次回が有ればoboeで参加させていただきます。それと、もう遅いかも知れないけれど、2chに晒さないでねw

caretcaret 2004/04/20 16:47 したらばの第九off板に晒されてる…こんな駄文が…オオオオオオ…(横山光輝風泣)

オケの人オケの人 2004/04/21 22:11 来てくれてありが邸!

=゜ω゜)ノィョゥ=゜ω゜)ノィョゥ 2004/04/21 23:39 いろんなサイトの感想読みましたが、ここが一番ワロタ。もうね、アホか馬鹿かと