かーみーのだらだら雑記

2011-11-10

iOS5で各設定画面を開くショートカットを作成する方法 -iPhone構成ユーティリティ編-

追記:iOS5.1ではURLスキーマが無効になっています

下記のページで紹介されている設定画面へのショートカットの作り方以外にiPhone構成ユーティリティを利用した作成方法を紹介します。


iPhone構成ユーティリティとは?

iPhone構成ユーティリティはコンピュータからメールの設定、Wi-Fiのアクセスポイントの設定、デバイスのセキュリティ設定などをおこなうことができるソフトウェアです。

f:id:carme-264pp:20111110202858p:image

以下のリンクから使用しているシステムにあったiPhone構成ユーティリティをダウンロードしてインストールします。

Apple - サポート - iPhone - エンタープライズ


iPhone構成ユーティリティで設定する利点

  1. アプリをインストール必要がない
  2. アイコンが自由に設定できる
  3. 複数のiOSデバイスに一度に適応できる

特にiPhoneやiPadなど複数のiOSデバイスを持っている人はプロファイルをインストールするだけですので

設定が非常に簡単になります。


設定方法

iPhone構成ユーティリティを起動してファイルメニューから「新規構成プロファイル」からプロファイルを作成します。

f:id:carme-264pp:20111110195338p:image


新規作成したプロファイルに「Web クリップ」の設定を選択して「構成」をクリックします。

f:id:carme-264pp:20111110195916p:image


ラベルにはアイコンのタイトルを入力し、URLにはショートカットのスキーマを入力します。ショートカットのスキーマは最初に紹介したページに書かれているのでそちらを参考にしてください。お好みでアイコンも設定することもできます。

ショートカットを複数設定する場合は右上の+ボタンと−ボタンで設定項目を追加と削除ができます。

f:id:carme-264pp:20111110195942p:image


ショートカットを作成したらiPhone構成ユーティリティを起動した状態でiOSデバイスをコンピュータに接続します。

するとiPhone構成ユーティリティ上にデバイスが表示されるので、サイドメニューから接続した(名前が表示されている方の)デバイスから「構成プロファイル」タブを選択します。

そしたら先ほど作成したプロファイルにあるインストールボタンをクリックします。

f:id:carme-264pp:20111110201423p:image


iOSデバイス上にインストールの確認画面が表示されるのでインストールをタップすれば設定完了です。

f:id:carme-264pp:20111110201544p:image:w360

f:id:carme-264pp:20111110204558p:image:w360

2011-11-03

Ubuntu11.10で日本語表示を改善する

Ubuntu11.10の本家版だと日本語フォントが非常に残念な感じなので改善してみました。

Ubuntu Japanese Teamから日本語環境のリポジトリが提供されているのでこれに書かれている方法で日本語環境を構築します。

f:id:carme-264pp:20111104014403p:image:w360

本家版のUbuntu:日本語フォントがジャギーで汚い


設定手順

1.Ubuntuボタンから端末を起動します

Ubuntuボタンを押して検索フォームに「端末」と入力するとすぐに探すことができます。

f:id:carme-264pp:20111104012742p:image


2.パッケージレポジトリを追加する

以下のコマンドを実行してJapan Teamのパッケージリポジトリを追加します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update


3.日本語パッケージのインストール

以下のコマンドを実行してJapan Teamが提供しているパッケージとフォントを追加します。

sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/fonts.conf.d/oneiric-69-language-selector-ja-jp.conf -O /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf
sudo fontconfig-voodoo -s ja_JP

これで再起動するとアンチエイリアスの効いたフォントに変わります。

f:id:carme-264pp:20111104014843p:image:w360

フォントが綺麗になっている

2011-10-25

iOS5ではcanvas要素のハードウェアアクセラレーションが有効になっている

iOS 5のSafariに投入された新機能まとめ | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Safari on iOS 5, HTML5 evolution for iPhone and iPad | Mobile Web Programming

ここによるとCanvas要素にハードウェアアクセラレーションが有効になっているとのこと。

試しにFishIE Tankを実行してみました。

FPSが30程出ていてアクセラレーションが効くようになっていました。

f:id:carme-264pp:20111025213529p:image:w360

検証する端末がないのですが、iOS4.xではFPSが10も出ていなかった気がします。

ハードウェアアクセラレーション以外にもWebWorkerAPIや新しいinput要素、

XMLHttpRequest2、コンパス利用など様々な新機能が追加されています。

2011-05-09

EclipseでGoogle app engineにJSPのコンパイルに失敗してデプロイ出来ない問題

EclipseをつかってGoogle app engine(以下、GAE)のフレームワークであるslim3を使ったデプロイで躓いたのでメモ


エラーを見ると「unable to update app failed to compile jsp files」と

出ておりjspのコンパイルに失敗している模様

色々調べてみるとEclipseのJRE設定に問題があるようです

Issue 1226 - googleappengine - appcfg cannot find javac - Google App Engine - Google Project Hosting


設定 > Java > インストール済みのJREから

jdkのパスを指定することで解決しました

f:id:carme-264pp:20110510003453p:image

2011-05-08

64bit版Internet Explorer9ではJavaScriptの実行速度が遅い?

[追記 11/11]

  • Krakenベンチマークにおいてグラフの表記に間違いがありましたので修正しました
  • FlashPlayer11で64bit版がリリースされたため最後の文章を修正しました


日本では先月公開されたInternet Explorer9(以下、IE9)では

JavaScriptエンジンの高速化が一つの目玉になっています。


64bit版Windowsでは、IEには32bit版と64bit版の2バージョンがインストールされているので

IE9でJavaScriptの実行速度に違いがあるのか気になったので調べてみました。

テスト方法

評価には以下の3つのJavaScriptベンチマークを使用しました

ブラウザはIE9 64bit、IE9 32bit、参考としてFirefox4の3つで

各ベンチマークを三回測定した平均をとりました。

結果

SunSpider0.9.1

f:id:carme-264pp:20111111194624p:image

V8 Benchmark Suite

f:id:carme-264pp:20111111194625p:image

Kraken

f:id:carme-264pp:20111111194626p:image

まとめ

64bit版IE9は32bit版と比較すると非常に遅いことが判明しました。

Krakenでは応答が無くなる状態になるなど非常に時間がかかりました。

どうやら64bit版のIE9ではJavaScriptエンジンの高速化が施されていないようです。

IE8での比較をしたかったのですが環境の都合により今回は出来ませんでした。


今回の結果から64bit版ではJavaScriptは遅く、

さらにFlashが使えない、PDFのプラグインが使えないなどのプラグインの問題もあるため、

64bit版は理由がない限りは利用には向かないと思います