荻窪恭仁亭 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-12-21 近親憎悪という深淵

casa_kyojin2009-12-21

[]<椿姫彩菜はるな愛と激論 メイク女装、豊胸で

(海日新聞:2009年12月21日:11時50分)

ニューハーフタレント椿姫彩菜が21日都内で、はるな愛と会談した。

男性のGID性同一性障害)などの、いわゆる“オカマ”が、メイク女装をしたり、あるいは女性ホルモンの投与や豊胸手術をすることについて、はるなが、

「(『オカマは女ではない』という椿姫価値観は)純女の子たちにイイ思いさせるだけの何ものでもないでしょ。

オカマ芸人”の私がね、女の子よりかわいい、って言われた彩菜ちゃんと入れ替わったようなものやんか」と突っ込むと、

椿姫も「あなたも『ミスインターナショナルクイーン』でしょ」などと反論。

椿姫が最後に、中高年男性の首下女装を、(女装NHイベントの)プロパガンダだけではなく、新宿界隈から締め出すべき、という考えを示したが、2人の激しいやりとりに、スタッフが止めに入る場面もあった。

椿姫はこれまで、“私はオカマタレントではなく、女の子モデル”と主張するなど、テレビ番組などで、はるならとの共演をNGに指定。

GIDMTF女装子は“女性”に当たらないとの見解を示し、新宿内外で議論を呼んでいる。

はるなは「彩菜ちゃんも“男の娘”ならね、どんな女装よりも『私は女』って気持ちが、一番自分キレイにしてくれることを知ってるはずやん」と批判。

椿姫は「あくまで日本法律では、アリアリアリナシ戸籍改正をしていない人は『男』、ということ」と反論したが、最後に「ひさしぶりに、(以前ホステスとして勤務していた)お店の子たちの声を聞いて、考えてみようかな」と語った。







※このカテゴリー [newstale] は、news +fairytale ──折々のトピックを題材にした、パスティーシュによる風刺です。

オリジナルは、コチラ

 ↓

■<福島消費者相>橋下知事と激論 ステッカー法的効力で(毎日新聞:2009年12月21日:11時50分)

福島瑞穂消費者少子化担当相(社民党党首)が21日、大阪府庁橋下徹知事と会談した。

訪問販売を断る意思を表示するステッカーを巡り、橋下知事

「(法的効力がないという消費者庁見解は)業界保護以外の何ものでもない。

“悪徳弁護士の代表”と言われた僕が、人権派弁護士と言われた大臣と入れ替わったようだ」と突っ込むと、

福島氏も「あなたも法律家でしょ」などと反論。福島氏が最後に罰則強化を検討する考えを示したが、2人の激しいやりとりに、職員が止めに入る場面もあった。

■はるな愛「I・Aiはるな愛のつくり方」

こんなにキレイなんだから、全然オッケーじゃん──ってだけじゃダメなんでしょうか。

■椿姫彩菜「椿姫以前」

それにしても、「──以前」ってタイトル意味深

少なくとも、芸能界における自分の存在や、その立ち位置を考えたダブルミーニングなのだろうし、ともすれば挑発的なカンジ。

魅夜魅夜 2010/01/10 18:34 誤解を誘う内容に怒りを覚えます。

自身のブログ記事として,軽い記事として書かれたものなのでしょうが,残念ながらこっちはそうそう「お軽い」気持ちでやっているわけじゃないんですよ。椿姫さんもはるなさんも,私たちも,みんな人生かけてやってるんです。

インターネットというものは特に,ぱっと見た印象が先行し,真偽を深く詮索しないメディアです。この記事読んで本気にしてしまう読者がいると,少しでも思わなかったのですか?

あなたにとっては暇つぶしのネタなんでしょうが,私たち当事者にとっては生死かけたプライドの問題なんです。

もし多くの人が本気にして,椿姫さんを糾弾したとしたら,あなた責任とれるんですか?「冗談ですよ」じゃすまないですよ。

デリケートな問題だけに,本当に気をつけてほしいです。

情報は一人歩きする,ということをよく認識してもらいたい。

恭仁亭恭仁亭 2010/01/11 00:32 このエントリーは、椿姫彩菜を揶揄、指弾する意図を持って書きました。

椿姫はこれまで、「私はオカマタレントではなく、女の子のモデル」──といった類の主張で、はるな愛に限らず、いわゆるオネエ系のタレントらと、テレビ番組などのメディアで共演することをNGとしてきました。

また、自身の経歴がメディアに露出するとき、ある種のローンダリングを行わせています。

セクシャルマイノリティの世界で、彼女のような“女性”が、いわゆる“オカマ”を忌避、差別することには、マイノリティによるマイノリティ排除という、なんともやりきれない構造があります。

また、新宿二丁目、三丁目界隈でも、GIDが“病気”として認められて以降、そうした“男性”や“女性”が、ゲイやビアン、女装……といった様々なセクシャリティに対する忌避を持ち出すケースが、増えてきたような気がします。

そうした負の感情は、レインボーパレードが理想としての“虹”を掲げている場所から、最も遠い地平にあるものでしょう。

広義のセクシャルマイノリティーとして、私もそうした理想を掲げているつもりでしたが、それを伝えられなかった以上、意識や取り組み方に大きな不足があったことを、激しく自覚しているところです。
今回のような齟齬があったことを、とても残念に思います。

コメントありがとうございました。

Connection: close