わたしが猫に蹴っとばされる理由 〜雑食系中年男子の加齢なる読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-25

[]エイモス・チュツオーラ/土屋哲訳『やし酒飲み』

 主人公と妻の旅はつづく。が、寄り道も多い。妙な敵も続々と現れる。なのに冒険譚には読めない。不思議だ。

 以下、読みながら感じていることを。

●物語になっているようで、実はなっていないような。

●会話がほとんどない。

●描写らしい描写がない。限りなく説明に近い。

●文体がヘン。ときどきですます調が混じったり。

●主人公が「人」と「神」、両方の立場を取る。

●時代設定がまったくわからない。

やし酒飲み (晶文社クラシックス)

やし酒飲み (晶文社クラシックス)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/catkicker001/20091125/p2