わたしが猫に蹴っとばされる理由 〜雑食系中年男子の加齢なる読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-18

[]あまり眠らない男

 目覚めた瞬間、しまった寝過ぎたか、と思ったのはなぜだろう。時計を見る前、沈殿していた意識が徐々になのか急になのかはよくわからぬが、浮上した直後のことだとは思う。「寝過ごしたあ」ではなく「寝過ぎた」と思ったのだから、時間の感覚はあったのだろう。寝ていても、腹時計だけはちゃっかりと、いや、残念ながらと表現すべきか、ともかくある程度まともに動いているようだ。

 そもそも寝過ぎという状況がない。肝臓に疾患があるという診断を受けているインコのぷちぷちは規則正しい生活と食餌量の制限、そして毎朝の体重測定が課せられているから、飼い主としての責任を果たすべく、しっかり起きなければならない。この生活、二年はつづいていると思う。だが、それ以前も寝過ぎとなることはなかった。三十代前半は五時間も寝れば十分、四時間半でもイケた。今は最低五時間、できれば六時間は眠りたいところなのだが、そういかない日も多々ある。十時間以上ぶっつづけで眠り落ちたいという願望はあるのだが、不思議なことに六時間以上眠ると頭痛が出てくるので、あまり眠らないように心がけている。死ぬまでこの程度の睡眠時間のままということになるのだろう。五時五十五分起床。

 仕事。早朝のうちに一本仕事を仕上げ、もう一本に取り掛かった。週の頭から徐々に、慣らし運転する自動車のようなペースで進めているのだが、遅々として終わらない。スケジュールの都合よりも、案件としての難易度の高さのほうが問題だ。

 午後、カミサン外出。高円寺で開催しているグループ展の会場に行ったようだ。

 十四時四十分、キヤノンの営業が来訪。購入検討中の新しい複合機の出力見本を持ってきてくれた。のはいいのだが、当日アポ、こちらは出力と見積をもらうだけだろうから10分もあれば終わるかと思っていたのだが、訪問直前に「実は三人いるのですが」と言われ、おまけに数十分かけて技術的な説明をしたいと言い出したので、今日はお断りした。

 夕方、吉祥寺へ。カミサンと合流。大慌てで切れかけていた猫缶を大量購入する。週末は雨らしいので今日済ませることにしてしまった。仕事が残ってしまっているので、これは土日にやることにした。

 ついでにカルディコーヒーファームでパスタ、トマト缶など購入。吉祥寺駅前のイルミネーション、今年も点灯していた。年々おおげさになっているような気がする。電球LEDのようで、これ以上の節電という意識はまったくないようだ。削減のしようもないのだろう。

f:id:catkicker001:20111118172345j:image

 夕食は昨日の白菜のホワイトソース煮の残りとピザ、サラダで手軽に済ませた。

 来週も忙しそうだ。

[]古井由吉『蜩の声』

「枯木の林」。年を重ねると女は季節とともに生きるようになり、男は見栄や後悔、虚勢とともに生きるようになる……。

蜩の声

蜩の声

古井由吉の作品はこちら。

[]耳カー

「なんですかマン」を思い出した。

f:id:catkicker001:20111118192444j:image

4103192089
新潮社 古井由吉
購入: 1人 クリック: 40回