Cat’s Brand -“ライブとアルコールで生きている”

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

2005-06-08 落選落選また落選

▼今日も残業、昼飯不味い(挨拶


 トラブル&アクシデントに巻き込まれつつ、俺は元気ですヤフー!(ぉぃ) ・・・と、やせ我慢をして仕事から帰ってきてみれば、一枚のハガキが。




KOTOKO[9/10(土)東京厚生年金会館](C-050910) 2枚 落選




・・・・・・あー、俺、超寝不足でおかしくなってんかなぁ・・・このハガキの意味するところがよく分からないんだが。スワヒリ語で書いてくれんか?




 つーわけで、昨年冬のライブに引き続き抽選外れました。う〜ん、ファンクラブ先行枠はいったいどれぐらいだったのだろうか? 悔しいも何も、どうせヤフオ(ゲフンゲフン



[][] KOTOKO 2nd Album「硝子の靡風」ファーストインプレッション

 そういうわけで、イベントライブのほうはぜひぜひ当選したい俺は、相変わらず念を込めて買ってきました、KOTOKO2ndアルバム「硝子の靡風」! CDDVDも買ったら積むという趣味を回避しつつ、さっそく聴いてみました。ファーストインプレッションを。


 まず、アルバムとしての完成度に疑問を持ってしまいました。これは収録曲の構成のせいじゃないかな〜と思います。ごちゃまぜになってる印象。ひとつひとつの曲は、I'veのベクトルじゃなくて、あくまでKOTOKOさんのベクトルになってるとは思うんですが、その先でさらに多次元化してしまったら・・・正直難しいです。

 そして、タイトル曲「硝子の靡風」がヤヴァい。俺ヤバイ。泣きそう。おそらく俺的No.1曲。ギャップが恐ろしい曲ですよ! いっそのこと、この曲を基準にアルバム曲集めれば・・・ってそれは無茶か(苦笑)。

 とにかく、詳しくは後日正式レビューを上げるとして・・・3rdアルバムへの布石という意味で興味深い内容でした。逆に言えば、2ndは実験作としてもいいかと。事実KOTOKOさんとしてはデビューアルバムに等しいですからね。「羽」は貯金から出してきた印象もありましたので。

 アルバムとしての個人的評価がこの後もうちょっとは上がるとは思いますが・・・随分と俺的には辛口インプレでした。




[] サッカー日本代表W杯本戦一番乗りおめ。中沢これ以上無理使いするなボケェ!(本心はそれか

 とにかく、スタートラインに立てました。本戦出場は正直当たり前。アジア枠があれだけ広がった以上、ノルマでも何でもありませんよ。本大会予選を勝ち抜くのがノルマ。決勝トーナメント1勝が目標。この面子で、この大会で逃がしたら・・・あと10年は無理かもしれません。ジーコの手腕をぜひ見せてくれ! 無理だと思うけど(ぉぃ)




▼最後に今日のお買い物


[] KOTOKO「硝子の靡風」

 前述のとおり。とりあえずライブまでに100回聴きます(笑)


[] 「メタルサーガ 〜砂塵の鎖〜」

 待望、ホントに待望のメタルマックス続編ですよ! 戦車ライフ万歳!(笑) 何と言ってもあの自由度の高さと、あのテキトー感。最高のRPGのひとつです。テイルズオブシンフォニアをクリアしたらすぐ移行予定。


[] 「終わりのクロニクル 5(上)」

 相変わらずの文章。もう一皮向けると凄いことになると思うんですけど、好き勝手言ってごめんなさい。個人的に、音のような感触のある文章が好きなんですよ。それに最も近い作品のひとつです。期待するのが当たり前じゃないですか!(逆切れ気味に

 まだ冒頭20ページぐらいですが・・・ついに出雲・風見夫妻の話が聴けるようで(笑)暴力夫婦漫才大好きですので、ぜひシリアス&撲殺のヒット&アウェイでいってほしいなぁ。




▼ではまた明日。