Cat’s Brand -“ライブとアルコールで生きている”

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

2005-06-27 一日遅れですが・・・

幕張=木多(挨拶


 昨日は色々とありまして、レポが書けませんでした。っていうかはっきり言えば泥酔(笑)。そんなわけで、改めまして・・・

[]RONDO ROBE 2005 Gate to Date レポート(前編)

 相変わらず、イベントは大抵仕事明けにあるもので、睡眠不足も甚だしい。ヤな汗が身体中から噴き出す状況で、何も考えずに11時ごろ出発。開場が13時、まあ物販に適当に間に合えばいいかなー、という感じで。



・・・なめてました。なんですかあの入場列は?



 初めての幕張メッセでしたが、恐ろしいほどの広さ! 海浜幕張駅からがすべてイベント会場のような作りなんですねぇ。新都心という名も伊達ではないほどのコンクリートジャングル(と言うほど高い建物は無いんですが)。要するに、暑い! 暑いよココ! よかったよTシャツで来て。最初は先日買ったブルゾンで来る予定でしたから。

 そんなわけで、ぶらぶらと看板見ながら幕張メッセ・イベントホールへ。ある程度列は出来てると踏んでいました・・・が、予想を大幅に裏切る列・列・列! パッと見、どこに最後尾があるのかわかりません! 最後尾を探し当てたら当てたで、いったい何人並んでるんだか見当も(;´Д`) 入場したら入場したで、これが全部物販列に・・・うああぁぁぁぁ。

 でも、暇なので並ぶ俺(笑)お約束サイン入りポスターとか諦め9割で狙ってみましたが、案の定売り切れ。(このあたりが昨日の携帯からの報告です)

 14時開演の10分前ぐらいになってたので、ようやく席に向かいます。

「・・・・・・なんつー広さですか?」

 見るからに音楽演るには不向きな広さ。後から聞いたら5000人収容って・・・馬鹿ですか? ドーム系のライブは経験ありませんので(武道館除く)、「ああ、やっぱり今日はイベントであって、音楽は二の次か」という思いが溢れすぎてテンション下がる(笑)。困ったことに私、KOTOKOタン以外の目的が無いのですから。



 んで、開幕。メモとか取ってないので、覚えてる範囲で。

 最初に、マリみてフレーズをパロった開演報告が流れる。色んなアニメのシーンを掻い摘んだムービーが流れ、最後に火薬でドーンと。何曲かのミニライブの後、司会進行の川澄綾子さんと能登麻美子さんが登場。あ、かろうじて知ってる声優さんだ!(笑) その後、色々とアニメの映像&情報&トークが繰り広げられました。さすがプロモーション。全然知らない俺とかでも、「これはちょっと観たい」と思わせるには十分な出来でした。観ないけど(笑)。「これが私のご主人様」「苺ましまろ」「ヘルシング」「撲殺天使ドクロちゃん」「灼眼のシャナ」「エルゴプラクシー」「バルドフォースEXE」「魔界戦記ディスガイア」「ナースウィッチ小麦ちゃん」「ブラック・ラグーン」「TO Heart2」とか、いろいろありましたね。で、私が唯一気になっていた「Fate/stay night」ですが・・・観ない、という前提を踏まえて、凄くよかったと思いました。桜の声が高すぎだと思った以外は(笑)。あと、プロモ映像のくせにすでに作画に崩れがあるところがちょっと。まあ、戯言ですが。


 そしていよいよ本命のKOTOKOタンスペシャルライブ。冬のライブDVDダイジェスト映像が流れる中、ステージにセットが設営され・・・いよいよ開始!

 イントロが流れ始め(元ネタは分かりませんでした・・・オリジナル?)、バンドメンバーが持ち場に着く。そして・・・


1.Retrieve

 一曲目は予想通りこれ。前作「Asura」よりは導入部分が大人しいのですが、トップバッターとしては過不足無く。この曲を聴いた時点で、正直ほっとしました。いや、盛り上がってはいるのですが、今回のアルバムライブ映えするかどうかの指針になりますので。当然盛り上がります。音も痺れます! ヴォーカルの音量がやや少ないですが、あれ以上だと多分割れるんでしょう(笑)

間髪入れずに。

2.Re-Sublimity

 まあ、冬のライブでも演りましたし、安全牌。個人的にはもういいかなー、と(笑)。でも盛り上がる曲ですよね。しかし、どうしても冬のライブイメージが強く・・・黒いローブを脱ぐ場面で奇声を発したくなる(笑)


MC「こんばんは!」

みなさんようこそお越しくださいました!

すごい、もうびっくりしました

こんな広いとこ初めてだし、こんなたくさんのお客さん・・・ほんとに、ね、もうビックリしてます!

今日は暑かったんですよね? 私、午前中にもう来ちゃったんで分かんなかったんですけど

・・・東京の人にも暑いぐらいなんですか?

暑い? 私、北海道から来たんで、当然暑いんですけど(笑)、もうね、暑くて暑くて溶けそうなんですけど、

でも今日は、もっともっと、みんなと熱くなりたいと思うんで、よろしくね!

・・・ありがとうございます!

私・・・ご存知の方も多いと思うんですけど、今までに私、アルバムを2枚出していて、

そのうちの2枚目がこの間6月8日に出たばかりで・・・「硝子の靡風」というニューアルバムが出ました!

その中から2曲今回、今やったんですけども、1曲目は「Retrieve」という曲、それから2曲目は「Re-Sublimity」

こちらのほうはですね、「神無月の巫女」というアニメOPテーマだったので・・・知ってる人?

・・・ありがとうございます!

そんな感じでね、私も大好きな曲なんですけど、続けてやってみました。

・・・ちょっと水飲んでいいかな?

ごめんなさいね? 暑いの。

はい、よし! 元気でた!

みんな総立ちでうれしいんだけども、次にやる曲はしっとりした曲。アルバムの中から1曲やりたいと思います。

この曲、聴いてください。「硝子の靡風


3.硝子の靡風

 ヤバイ。ヤバすぎ。俺泣きそう。ホントは立って聴きたかったんですが、周りが座るので仕方なく。それにしても・・・凄まじいギャップを持った曲ですね。穏やかさ、暖かさと喪失感、虚脱感が見事に調和された作品。タイトル曲に相応しいかと。もっと聴きたい曲です。


MC「ありがとうございました!」

この曲も歌うの初めてでドキドキしました。当たり前なんだけどね。(この辺で萌え死ぬ俺(笑)

あのー、とてもね、私にとっては思い入れのある曲で、つくったときにその世界に入っちゃって、

泣きながら歌詞を書いたくらい思い入れのある曲なので、なんとかそれが届いたらうれしいなーと思いながら歌いました。

アルバムタイトル曲なので、緑をテーマに歌った曲なんですけども、PV撮影はロサンゼルス近郊の

公園でやってきたんですけども、本当にね、緑の綺麗なところで、本当に硝子色の靡風が舞っているようなところでした。

そんな映像も合わせて楽しんでいただけるといいなーと思いますので、ぜひ良かったらDVDとあわせて観て下さい。

 今の「硝子の靡風」も初めて歌う曲だったんですけども・・・あ、そうだ! 「硝子の靡風」の話でもう1個!

大事なお知らせが!



続きは明後日。