ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Cat’s Brand -“ライブとアルコールで生きている”

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

2008-02-11

catsbrand2008-02-11

[][][][] シングルリアル鬼ごっこ」発売記念ミニライブ握手会in渋谷タワーレコード「STAGE ONE」、行ってきました。軽くレポを。

 昨日の今日で何ですが。(秋葉原でのトークショーの模様は昨日の日記で


 とにかく滅多に来ない渋谷です。CD買いに来たのがホント久しぶり、シネマライズに通ってた(笑)頃以来ですからね。ヒトが集まりやすいメリットを除くと、ちょいと俺みたいな人間には縁遠い街ではあります。

 さて。そんなわけでメトロを端から端まで乗る勢いでやってきました。相も変わらずヒトは多いですねー。秋葉原もかなりキテると思われますが、やはり渋谷には敵いません。他に用もありませんので真っ直ぐタワーレコードを目指します。・・・田舎育ちのワタクシにはタワーレコードも縁遠い存在でして、せいぜいTSUT(ry

 無事定刻の15時前に到着。当然地下の「STAGE ONE」も初。ちょっと楽しみです。んで、整理番号順に階段で待機。番号ごとの位置取りもちゃんと分かりやすく張り紙してあり、専用として慣れてるトコロは違いますね、やっぱり。これぐらいのナビがあると安心感と信頼感が生まれます。まあ通常他のアーティストさんですと、ここまで書いても分からない方がいらっしゃるので(笑)

 15時10分ぐらいには入場開始。インストアイベントなのに、ドリンクチケットまで渡されてビックリ!(開演前までの引き替えでしたが) やはり天下のタワレコさんは違います。んで・・・ハコは横長、客席の中央にどでかい柱が2本。ステージはかなり低い。ライブハウスとしてかなりしっかりした作りではありますが、観客的には前目のほうじゃないとかなりキツイと感じました。特に柱!威圧感放ちまくりな上に邪魔過ぎ。最前はどんな感じだったんだろう・・・。俺はいつものとおり、中央付近に陣取る。前にデカイ人がいて、ステージは全然見えません(;´Д`) 何か毎回このパターンだなぁ。


 ミニライブがほぼ定時に開始。セットリストを一応・・・


01.リアル鬼ごっこ

02.siren

03.UZU-MAKI

 ・・・非常に過不足無く(笑)。箇条書きで覚えてる範囲で。


・イントロ前の曲が「硝子の靡風アルバム発売記念イベントと同じ。そんな些細なこと気づく俺はどんだけKOTOKOさん好きなんだと(笑)

メンバー登場! 横田先生のみ確認できた。あとは見えなかった〜。

・曲がスタート! まずはやはり「リアル鬼ごっこ」から! しかしドラムの音でハリーではないことに気づく俺はどんだけハリーが好きなんだと(爆)。

・続いて2曲目、これも予想通り「siren」! ガツンとくるなぁ・・・ほんとダーク系だけでライブハウスツアー演りませんか?

・2曲終了。KOTOKOさん「ありがとうございます!」

TOKYO FMMusic storage」でおなじみ、行達也氏が進行役として登場!

・行氏(以下「行」)、開口一番「俺、ここでインストやったとき、コレの1/4ぐらいだった」(笑)

・行「メール少ないよ!」 ゴメン俺ラジオ持ってないんで聴けてません(;´Д`)

・行「ここでインストアやったら、思い残すことないよ?」

KOTOKO日本一レコード店ということで」

・行「僕はタワーレコード新宿店でした!」

・行「普通のライブだったね」KOTOKO「会場も凄く良くて、ビックリしてます」

・行「・・・せっかくだから・・・みんな残ってるから、どう考えてももう一曲あるんでしょ?」(笑)

KOTOKO「あ、そうそう忘れるとこだった・・・今日盛り上げてくれたメンバー紹介を」 KOTOKOさん酷すぎ(笑)

メンバーは・・・ドラム八木氏、ベース横田先生キーボードフルフルギターほっしー

・相変わらず横田先生大人気。からあげコールに嫉妬したKOTOKOさん「私にもそれくらい欲しいな!」(笑)

KOTOKO今日リアル鬼ごっこインストアライブということで・・・ちょっとダークめに攻めてみたいと思います」

・3曲目はこれも予想通り「UZU-MAKI」! 星野さんのギターイントロがかなり新鮮でよかった!

・曲終了でメンバー退場。うぁ!? まあミニライブですし、仕方ないか・・・。

KOTOKO「ここからはせっかくイベントなので、トークで楽しんでもらいたいな、と」

・行「映画観た人・・・違うな、観てない人!」結構います(笑)

KOTOKO主題歌に決まったのは2年ぐらい前」「喜び勇んで、歌詞を書いてとも言われてないのに本を買いに行き、半年ぐらい沸々と」

・行「監督も、最後のシーン(歌が流れる部分)がかなりお気に入り」

・行「なんか、舞台挨拶したんでしょ? 出てもいないのに(笑)KOTOKO「いや、今後のために」

・行「女優デビュー狙ってるの?」KOTOKO「もちろんそうですよ!(笑)」「歌も歌えて演技もできますねー、って」

・行「出来るんだ?」KOTOKO「出来ないです(即答)」 (笑)

KOTOKO「若手3人は・・・そこだけクラス会みたいになってて、私ちょっと入れないかなーって」

・行「どういう役やりたい?」KOTOKO「やっぱり、ホラーで・・・」(笑)

KOTOKO「だって、何か私が恋とかしちゃって『待ってシンジ!』とか、ヘンじゃないですか?」行「シンジって…谷村か?」

・行「タワーレコードに進出しちゃってさ」KOTOKO「いつもは秋葉原方面のランキングはいいんだけど…(笑)タワレコさんで今回結構ランキングに載せていただいて」

・行「渋谷歩けなくなりたいよね?」KOTOKO「…いや、歩けなくはなりたくない」

・行「下北とか歩いても全然大丈夫じゃん」(笑)

KOTOKO渋谷はけっこうお買い物行きたいので…」行「サングラスとかすればいいじゃん、芸能人ですって言ってるみたいに」

KOTOKO「それも気恥ずかしいので…基本かなりすっぴんで歩いてるんですけど」(笑) 行「かなり違うもんね」

KOTOKO「次のシングルが決まってまして…」 行「お願いだからラジオ聞いてください!」(笑) 「一回さ、(聞いてる人)全員メール送って欲しいよね」

・行「…ちゅう感じで、じゃあ終わろうか」 えーっ!?という声 「いいともみたい!」

KOTOKO「もう一個告知あったんだ…実はもう一個アニメ主題歌決定しました!」 仮面のメイドガイ乙(笑)

KOTOKO「凄く漢くさい曲に…(笑)」

・行「じゃあ、今日ありがとうございました!」KOTOKOありがとうございました!」


…なんか結構な量になりました(笑)。その後握手会…どうしてもたいした言葉も浮かばず、ありきたりに「CD10枚買いました! 次もまた買います、がんばってください!」と。どこがありきたりだよ俺(笑)。



 総括して。行氏とのコント(笑)は最高でした!ミニライブも、ぶっちゃけリアル鬼ごっこ」と「UZU-MAKI」聴ければそれだけで首がおかしくなれたので良かった(ぉぃ)。あくまで、ホントあくまで個人的なことですが…ハリー来ていたら満足度は100%アップだったでしょう。頼むよハリー! 次のライブでは絶対握手してやる!!


 そんなわけで。2日連続でKOTOKOさんに会えたことをまず感謝。そして明日からの生き甲斐に! …そしてやっぱりライブは最前に限る、と(笑)。次だ、次!

[] お初の梵天。(6)

 んで、せっかく渋谷まで来たので…二郎インスパイア系の梵天に。前々から、前住んでたところからは近かったので行きたかった一店。入ってみると先客3人。注文はラーメン大盛りをお願いしました。トッピングはまったく聞かれず。普段二郎に行ってる身から言えば、ニンニク入れるかどうかすら聞かれないのは大きくマイナス。もちろん二郎でないのは分かってますが…。

 ラーメン登場。盛りは一般のラーメンと印象は変わらず。ヤサイは量少ないけれど比較的キャベツ多め。スープアブラの層がはっきり分かりますね。では戴きます…。カネシ、じゃなかった醤油の酸味が来る! ちょっと新代田を彷彿とさせる、けれどあそこまで洗練されてない感じ。麺は…ツルツルで中太、まるでうどんのよう。いや、二郎系ではよく言われるんですが、ここはホントそのまま! ブタはただの薄いチャーシュー。全体的には大盛りでも量は少なめ。二郎系としては…ん〜、テイストの方向性は似ているけれど、別物ではある。ラーメンとしては…う〜ん、微妙か(笑)。中途半端ですねー。これにニンニク入れれば少しはマシになるでしょうけど、わざわざもう一度来ようとは思えない。まっち棒系に好感が持てない人間としては至極まっとうな意見かも知れん(笑)。

 実はこの後にメグジに転戦しようと思ったんですが諦めました。