Cat’s Brand -“ライブとアルコールで生きている”

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

2009-03-10

[][] 決戦は曜日関係なく。


 ども、皆様お疲れ様です(超仕事モード)。

 この俺様が何故に自宅で仕事をせねばならんのか・・・。職場の先輩は「休みの時は仕事のことは忘れて、リフレッシュしないと持たないよ」とか言ってくれるんですが、その仕事資料は勤務中には作る時間がゼロなわけで。よーするに俺のカラダはもうメチャクチャに(;´Д`)


 今日銀座ハンズにクリアケース(A1)買いに行ったり、某所に資料をもらいに行ったり。途中腹が減りすぎたので神保町二郎に顔を出すも、靖国通りに達しそうな行列を見て退散、課題店であった「背脂醤油のあ」を初訪問。話題の脂ごはんと脂そばをいただいてみました。感想は・・・あー、俺あんまりアブラ得意じゃないんだな、と。フジマルでもそうですが、アブラを好んで頼まないもんなぁ。そんなわけで、美味しくはいただきましたが、通うほどはどうだろう? 店の雰囲気はバッチリなので、そういう方向で行くことはあると思います。連れがいるときとか。



 話題は変わりますが、先日やっと「とらドラ!」全部読了しました。後半3冊ほど積んでいたのですが、アニメDVD第2巻を見たらいてもたってもいられず。んで感想ですが・・・ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ足りなかったかな?というのが本音でした。それはいったいどうしてなんだろう?と考えたとき、やっぱりあの年頃のキャラにしては大人すぎる、ってのがあるんだろうなぁと。もっともっと感情論でOKと考える場所で、退くのも進むのも理知的すぎた面は確かにあると思います。ただそれらを考えても、素晴らしい物語だったのは間違いない。登場人物それぞれにしっかりとしたドラマがあって、ラストに向けて収束していくその過程はあまりに見事。完全な謎解きなど必要なく、あるのは心の片隅に残る青春のほろ苦さ。そして皆の笑顔。「わたしたちの田村くん」で感心した側面は、「とらドラ!」でもちゃんとグレードアップして花開いた。3年間実に楽しませて貰いました。次回作を期待してます!! DVDも買います! PSPはまだ迷ってます(笑)

 んで、個人的にはやはりみのりん&あーみんの2人が超絶お気に入りでした。みのりんはどうにもこうにもツボすぎる・・・。自身が弱くて脆いと分かった上で、それを逆に夢への頑なな芯とする。カッコよすぎて涙が溢れます。孤独であることはこんなにも哀しいくらいに強いのだな、と。

 あーみんはもう、望まぬほど大人にさせられた、頭でっかちな少女としか捉えられない。理解するのは歯がゆいばかりの「一人の力」の限界。分かっているのにどうにもならない、どうにもできない、運命めいた「世界」への反抗。その中で魅せる表情は綺麗すぎます。

 その2人が、仲間を得て、「世界はほんの少しだけ優しい」ことに気づいてくれたラストは珠玉の出来だと思うんです。主演の2人なんてほっとけ(笑)。彼らはきっと、これから絶対的な信頼で世の中を突き進んでいくと確信できる・・・そんな夢物語を信じてしまえる、これぞ青春小説だなぁと感じました。

 というわけで、若干長くなりましたが。大好きな作品が終わってしまうことに一抹の寂しさを感じつつ、このエネルギーを俺自身の力に変えて・・・変えて・・・むー、もうちょっと楽にならないものか(笑)


 ども、皆様お疲れ様です(超仕事モード)。

 この俺様が何故に自宅で仕事をせねばならんのか・・・。職場の先輩は「休みの時は仕事のことは忘れて、リフレッシュしないと持たないよ」とか言ってくれるんですが、その仕事資料は勤務中には作る時間がゼロなわけで。よーするに俺のカラダはもうメチャクチャに(;´Д`)


 今日銀座ハンズにクリアケース(A1)買いに行ったり、某所に資料をもらいに行ったり。途中腹が減りすぎたので神保町二郎に顔を出すも、靖国通りに達しそうな行列を見て退散、課題店であった「背脂醤油のあ」を初訪問。話題の脂ごはんと脂そばをいただいてみました。感想は・・・あー、俺あんまりアブラ得意じゃないんだな、と。フジマルでもそうですが、アブラを好んで頼まないもんなぁ。そんなわけで、美味しくはいただきましたが、通うほどはどうだろう? 店の雰囲気はバッチリなので、そういう方向で行くことはあると思います。連れがいるときとか。



 話題は変わりますが、先日やっと「とらドラ!」全部読了しました。後半3冊ほど積んでいたのですが、アニメDVD第2巻を見たらいてもたってもいられず。んで感想ですが・・・ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ足りなかったかな?というのが本音でした。それはいったいどうしてなんだろう?と考えたとき、やっぱりあの年頃のキャラにしては大人すぎる、ってのがあるんだろうなぁと。もっともっと感情論でOKと考える場所で、退くのも進むのも理知的すぎた面は確かにあると思います。ただそれらを考えても、素晴らしい物語だったのは間違いない。登場人物それぞれにしっかりとしたドラマがあって、ラストに向けて収束していくその過程はあまりに見事。完全な謎解きなど必要なく、あるのは心の片隅に残る青春のほろ苦さ。そして皆の笑顔。「わたしたちの田村くん」で感心した側面は、「とらドラ!」でもちゃんとグレードアップして花開いた。3年間実に楽しませて貰いました。次回作を期待してます!! DVDも買います! PSPはまだ迷ってます(笑)

 んで、個人的にはやはりみのりん&あーみんの2人が超絶お気に入りでした。みのりんはどうにもこうにもツボすぎる・・・。自身が弱くて脆いと分かった上で、それを逆に夢への頑なな芯とする。カッコよすぎて涙が溢れます。孤独であることはこんなにも哀しいくらいに強いのだな、と。

 あーみんはもう、望まぬほど大人にさせられた、頭でっかちな少女としか捉えられない。理解するのは歯がゆいばかりの「一人の力」の限界。分かっているのにどうにもならない、どうにもできない、運命めいた「世界」への反抗。その中で魅せる表情は綺麗すぎます。

 その2人が、仲間を得て、「世界はほんの少しだけ優しい」ことに気づいてくれたラストは珠玉の出来だと思うんです。主演の2人なんてほっとけ(笑)。彼らはきっと、これから絶対的な信頼で世の中を突き進んでいくと確信できる・・・そんな夢物語を信じてしまえる、これぞ青春小説だなぁと感じました。

 というわけで、若干長くなりましたが。大好きな作品が終わってしまうことに一抹の寂しさを感じつつ、このエネルギーを俺自身の力に変えて・・・変えて・・・むー、もうちょっと楽にならないものか(笑)

2008-12-25

[][] 漫画を何冊か。

 もう本棚のキャパは一杯なんですが・・・少しは処分しないとなぁ。


 ・本:遠藤海成まりあ†ほりっく」第1〜4巻

 ・本:蒼樹うめひだまりスケッチ」第4巻

 「まりあ†ほりっく」はシャフト&新房監督アニメ化のため、これは買わないと!と。前々から買おうとは思っていたのですが、このタイミングになりました。アニメ化キャストを見ただけで期待倍増ですよね!? 真田あさみ姉が死ぬほど好きな俺としては心底楽しみです。(・・・全般的絶望少女風味なのも(笑)) いやそれにしても原作漫画も十二分に面白い! この倒錯感はしっかり突き抜けたごく一部のモノでしか味わえない! これからどうなっていくのか楽しみです! 美少女美少女として描ける確かな画力に裏打ちされたギャグマンガってある意味最強?(笑)

 「ひだまりスケッチ」はもはやうめてんてーの魅力そのものだ! もうこれ以上の説明が必要ない、読むしかない一作です。



[][] 漫画を何冊か。

 もう本棚のキャパは一杯なんですが・・・少しは処分しないとなぁ。


 ・本:遠藤海成まりあ†ほりっく」第1〜4巻

 ・本:蒼樹うめひだまりスケッチ」第4巻

 「まりあ†ほりっく」はシャフト&新房監督アニメ化のため、これは買わないと!と。前々から買おうとは思っていたのですが、このタイミングになりました。アニメ化キャストを見ただけで期待倍増ですよね!? 真田あさみ姉が死ぬほど好きな俺としては心底楽しみです。(・・・全般的絶望少女風味なのも(笑)) いやそれにしても原作漫画も十二分に面白い! この倒錯感はしっかり突き抜けたごく一部のモノでしか味わえない! これからどうなっていくのか楽しみです! 美少女美少女として描ける確かな画力に裏打ちされたギャグマンガってある意味最強?(笑)

 「ひだまりスケッチ」はもはやうめてんてーの魅力そのものだ! もうこれ以上の説明が必要ない、読むしかない一作です。

2008-12-22

[][][][] セルフ・クリスマスプレゼント。・゚・(ノД`)

 ・・・みなまで言うな! わかってるんだ! なあに、あまり金がかからなくっていいじゃないか! orz


 ・CDmilktub/「SMILE ENERGY」

 ・CDMELL/「KILL」

 ・DVD:川田まみ/「LIVE TOUR 2008“SAVIA”LIVE&LIFE vol.2」

 ・本:みつみ美里:「1998-2005 Leaf Illustrations」

 ・本:林家志弦:「キリカのビーム


 いよいよライブは今週末! bambooさん渾身の一作、なぜかいまさら1stってのが笑えますが・・・出来は相当イイ!!! これはちょっと堪らないモノが。カッコイイことにテレがあるところが何とも人間臭くって、それは中二病と言われればそうなのかもしれませんが(笑)、そうじゃないとロックじゃねぇよ! とにかく超絶オススメです。初回版は数が少ないらしいので、いますぐ店にGO!GO! 勢い余って3枚予約して買っちまった俺はどうにも。

 MELL様のシングル、いまさら買いました。すっかり忘れていたのは最近の傾向。どうにもこういう傾向なんですかね? MELL様らしいといえばそうなんだとは思いますが、俺は「美しく生きたい」みたいな広々とした曲も聴きたいのだ。・・・まさかこれ武道館では演らないよね?(笑)

 まみまみDVDは店で見て初めて発売してるの気づいた(ぉぃ)。FC入ってるのに・・・。まだ観てないんですが、STUDIO COASTでのライブ収録ということで、正直あまり期待してない(笑)辛口ではありますが、あのライブはあまり良くなかった。「川田まみ」を活かし切ってるとは思えなかった。それはまあ曲調のせいでもあり、本人のパフォーマンスのせいでもある。これからこれから! 声量だけでももう少しUPできれば随分と違うと思います。がんばれ、がんばれ!応援してますよ!

 みつみさんの画集は、商業的には初でしょうけど・・・まあ皆はわかってますよね?(笑) みつみさんは俺をこの世界に引き擦り込んだ方なのでいまだに敬愛度No.1・・・つーか俺個人の神さまなので、いまさら言えることなんてないっす!(俺と古い付き合いの方はみなまで言うな)ああ、あの頃が懐かしいねぇ・・・あれからもう○○年経つんだ・・・。

 林家センセの同人誌商業では出せなかった幻の一作。どうにもこうにも、いつもの林家節が効きまくりで笑えるとしか(笑)ファンなら絶対買いの1冊です!!!

2008-12-17

[][][][] すべてamazonです。

 ・本:森小太郎/「天元突破グレンラガン」第3巻

 ・本:河合克敏/「とめはねっ!」第4巻

 ・CD:KOTOKO/「U make 愛 dream」

 ・CD大槻ケンヂ絶望少女達/「かくれんぼ鬼ごっこよ」

 ・GAME:Wii「428 封鎖された渋谷で」


 コミック版グレンラガンはようやく3巻。毎度毎度すげー楽しみにしてるんですが、今回は何と言っても!カミナの生き様が凝縮された・・・うわこれ以上書けねぇ(;´Д`) なんでこんなにアニメに忠実かつ盛り上がりが異常なんですか? 最高のコミカライズ!と胸を張ってオススメできます。

 とめはねっ!はヤンサンコミックスで出るのが最後の巻でしょう。相変わらず面白い。タメシに3、4ページだけ・・・と思ってるとあっという間に残り3、4ページになるまで読んでる(笑)。内容も、若干恋愛っぽい部分が出てきて、やるな河合!(笑)長く作者の作品を読んでいると、こういうところで意味不明に笑えてくる。ファンの醍醐味。

 CD2枚。今日届いたのでまだ聴いてません。両方ともライブに関わってくるので今後聴き込む予定。ジョギング用にも。

 チュンソフトのサウンドノベルシリーズ最新作。もちろんやってません(笑)。ラタトスクの騎士がまだまだ絶賛プレイ中なので・・・その次はヴェスペリア、その後かなぁ。

2008-10-20

[][][] また微妙に大量に・・・。

 先月の金欠の反動がヤバイ(;´Д`)

・本:桜庭一樹「書店はタイムマシーン」

・本:久米田康治「さよなら絶望先生」第15集

・本:林家志弦「はやて×ブレード」新装版第3〜6巻

・本:林家志弦「ビージェネ!」

・本:よしづきくみち「フレフレ少女」第1、2巻


 ざっと雑感を。

 桜庭センセイの読書日記も早3巻目です。内容はいつもの調子・・・ですが今回は直木賞受賞を挟んだ期間なので、非常に興味深く。それに相変わらず・・・日記のテンポが話し言葉に凄く近いよなぁと思いました。

 「さよなら絶望先生」限定版と通常版両方買ってしまった(笑)。実は内容に若干の違いがある・・・んですが両方買うほどでは(ぉ)。そんなことより本編の内容が素晴らしすぎて!

 林家センセイの作品はデフォ買い。前者はただの買い直しですが、後者はさりげに新刊。でもあまり面白いと思えなかった。シリアス方向はしっとりしてるのが合ってる気が。

 「フレフレ少女」は・・・まあ俺がガッキー好きだというのもありますが(笑)、マンガレビュー系サイトで好評だったので。実際に恐ろしく素晴らしい作品でした。こういう熱い作品が、正当に真っ当に評価されて欲しい。

 いまや一人一台完璧にケータイが普及して、それを活かした販売方法。一人で複数枚のチケットを購入するのが「難しくなった」それ自体はいいことかと思います。

 いずれは・・・ケータイ自体がICチケットとして入場時の認証システムに・・・ってそれは個人的な夢。だって開催側は「一枚でも多く売れる」コトを優先するだろうからなぁ。


 などと、ボーッと思いました。明日も仕事完徹確定なのでもう寝る。


 あ。チケット抽選申し込みは完了してます。